ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

少額の請求書も大歓迎!アクセルファクターのファクタリング

少額債権の
ファクタリング可否について

資金繰りに悩む経営者

ファクタリング会社によって定義が異なりますが、金額が概ね100万円以下の売掛金や未収金のことを「少額債権」と呼びます。
中には、少額債権だと取引をしない・手数料が高くなるというファクタリング会社も存在しており、お取引に影響を与える可能性も否定できません。

当ページでは、何故少額だとファクタリングを断られてしまうのか・取引可能金額帯について・アクセルファクターの対応等についてご紹介してまいります。

買取可能金額とは

ファクタリング会社の多くが「買取可能金額」を定めています。
上限については500万円までと比較的低めの金額から、1億円乃至は3億円若しくは上限を設けていないといった高額設定まで千差万別ですが、下限については「100万円から(複数の請求書も可)」としているファクタリング会社が多くなっています。

なぜ下限額を設けるのかといいますと「ファクタリング取引に要する手間は金額によって左右されるものではないため」です。
同じ手間を要するのであれば、債権金額が大きければ大きいほど自社の儲けが増え、逆に小さければ小さいほど儲けは減ってしまいます。(例えば、ファクタリング手数料が10%であった場合、債権金額が10万円であれば1万円の手数料を得ることができますが、債権金額が100万円であれば10万円の手数料を得ることができます。)

また、あまりにも債権額が少ないと取引自体が赤字になってしまう恐れもありますので、ファクタリング会社では買取可能な金額を予め定めているのです。

アクセルファクターは
幅広く対応

上記の理由から、個人事業主様や小規模法人様は実質的に利用できないケースが多く、ファクタリング利用の妨げとなっておりました。

アクセルファクターでは、できるだけ多くの企業様のお役に立てるよう、買取可能金額を「30万円~1億円」と他ファクタリング会社に比べて広く設定しております。
そのため、個人事業主様から大企業様まで幅広くご利用いただける上、ちょっとした資金繰りや大規模な調達など、様々なシーンにフィットします。

また、アクセルファクターでは、ファクタリング手数料が債権金額に応じて変動するシステムであり、金額が大きければ大きいほど手数料がお得です。(1,000万円超で2%~)

もちろん少額債権であってもリーズナブルな手数料設定となっておりますので、金額は気にせずまずはお問い合わせくださいませ。

少額債権の例

100万円以下の例として「工事代金の外注費用(請負代金)」「クレジット債権」「運送の委託費用」などが挙げられます。

工事代金は数十万円から数億円を超えるものまで非常に幅広く、比較的小規模な売掛金を早期現金化し、つなぎ資金として活用される企業様が多くなっています。

また、個人事業主として通販事業を営む方の場合、クレジット債権をご利用されるケースが多くなっており、金額帯は30~100万円がほとんどです。

さらに、運送委託は支払いスパン(1か月単位又は回数など)や運送する品物によって請求金額が大きく異なりますので、建設業債権と同様に少額から高額まで幅広く存在しています。

アクセルファクターに
お任せください

笑顔のビジネスパーソン

少額債権歓迎との記載がありながら、実際に申し込んだところ「高額な手数料を提示された」「利用を断られた」という企業様も多いようです。

前述した通り、アクセルファクターでは売掛金30万円からご利用が可能であり、法人でなくともお申込みいただけます。
どのファクタリング会社よりもリーズナブルなご条件にて買い取らせていただくことはもちろん、最短即日振込・誠意のある対応をお約束いたしますので、まずは是非ともアクセルファクターまでご相談ください。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP