ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

ファクタリングの活用事例・買取金額をご紹介

ファクタリングと相性の良い
ビジネスとは

ビジネスパーソンとケーススタディと書かれたサイコロ

ただご請求書を買い取るだけではなく、アクセルファクターでは「なぜ事業資金が必要なのか?」「本当にファクタリングがマッチするのか」までを考えます。
クライアント様にベストマッチするファクタリング方法をご提案させていただくのはもちろん、ファクタリング以外の方法も睨んだ再建計画をプランニングいたします。
当ページでファクタリングの成功事例や活用方法についてご紹介いたしますので、ご興味ある方、ご検討中の方は是非一読くださいませ。

なお、アクセルファクターでは、建設業を始めとした様々な業種のクライアント様がご相談に訪れます。
弊社の経営理念の一つである「どんな債権でも柔軟に対応すること」を遵守し、個人事業主様はもちろん、少額又は特殊な債権であっても買取の対象とさせていただくことをお約束いたします。

建設業(調達額200万円)
の事例

500万円以上の工事を請け負う場合、原則として建設業許可が必要です。
当該許可を取得するには一定の資産要件を満たさねばならず、I社様はその条件をクリアするために頭を悩ませておりました。
「このままでは契約が流れてしまうかも」という緊迫した状況であったため、何よりもスピードが重要だと判断し、即日審査及びお振込みでご対応させていただきました。

土木業(調達額130万円)
の事例

工事の一部を下請に出し、当該代金を前払いせねばならない状況にあったS社様。
他ファクタリング会社では審査に数日を要してしまうため、原則即日対応のアクセルファクターをご選択くださり、無事目標金額の調達に成功しました。
アクセルファクターだからこそ実現出来たスピード対応の事例をご紹介いたします。

運送業(調達額50万円)
の事例

運送業では不特定多数の荷物を運送する場合を除き、原則特定の会社や商品を対象とした配送を委託するケースが多くなっています。
この場合、個別契約書ではなく注文書や伝票など、日常的に用いる書類にて債権額・取引状況を審査します。
そのため、他社よりも圧倒的にエビデンス資料が少なく、よりスムーズかつスピーディーなお取引が可能です。
さらに、アクセルファクターでは各分野の専門スタッフを配備し、対応力を高めておりますので、資金不足にお悩みの運送業者様は是非ご相談ください。
下記の記事では「運送業+少額ファクタリング」の事例をご紹介しております。

人材派遣業
(調達額300万円)
の事例

労働者派遣法の改正に伴い、資産要件がない「特定労働者派遣事業」が廃止されました。
そのため、一般労働者派遣事業許可に移行する事業者様がほとんどですが、資産要件(現金1500万円)がクリアできないというケースが多くなっています。
下記の記事では、資金調達の中でも「勘定科目のスワップ」を狙った珍しいファクタリング事例をご紹介させていただきます。

建設足場業
(調達額90万円)
の事例

銀行融資はアテにできない…取引先に資金難を知られたくない…という理由から、O様はファクタリングによる資金繰りを検討しておりました。
しかし、立ちはだかるのは「個人事業主NG」というファクタリング会社の壁で、アクセルファクターへお越しいただいたときは既に数社から断られてしまった状況でした。
弊社では個人事業主様(自営業者様)が有する債権であっても柔軟に買取をさせていただいており、無事即日でのお取引が完了。
個人事業主・自営業であることを理由に他ファクタリング会社に断られてしまった企業様は、アクセルファクターの買取事例を是非ご参考ください。

IT業(調達額120万円)
の事例

事業拡大のため、資金調達を検討していたM社様。
地元の地方銀行に相談してみたところ、新規開業であること・売上が伸び悩んでいることを理由に融資を断られてしまったようです。
他の資金調達を模索していた際にアクセルファクターの「オンラインファクタリング」をお知りになり、今回ご利用いただきました。
スピード面に優れ、日本全国ご利用可能ですので、是非チェックしてみてください。

クリニック
(調達額250万円)
の事例

U様のクリニックは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を強く受けていました。
新規開業であったため、数か月は耐えうる現金預金を有しておりましたが、さらなるキャッシュ不足延いては閉院を防ぐため、資金調達を決意。
医療ファクタリングの基礎知識や、アクセルファクターの買取事例をご紹介いたします。

通販事業
(調達額90万円)
の事例

個人事業主として海外の小物、雑貨を販売しているI様。
売上のほとんどがクレジットカードによるものであり、急な仕入れや支払いに対応できないという悩みがありました。
クレジット債権は従来債権譲渡禁止特約が付されておりましたが、2020年の民法改正によって廃止されたため、自由に譲渡することが可能です。
ファクタリングを活用し、財務状況の安定化を図った事例をご紹介いたします。

介護事業
(調達額180万円)
の事例

「通所介護(デイサービス)」を運営しているR社様では、月ごとに売上変動や諸費用の乱高下(ガソリン代や車両の修理費など)に悩んでおられました。
財務状況の急激な悪化に対応するため、アクセルファクターでは「医療ファクタリングによる安定化」をご提案。
活用事例や実際の買取額をはじめ、介護事業とファクタリングが相性の良い理由等を解説してまいります。

飲食業(調達額50万円)
の事例

個人で飲食店を経営しているH様は、クレジットカード決済・電子決済の多さから、たびたび現金の資金繰りを行わなければならない状況に陥っていました。
そこで、H様は自治体からの補助金や協力金が得られるまでの「つなぎ資金の調達」としてファクタリングを活用することを決意。
個人事業主様にも対応しているアクセルファクターにお声がけくださりました。
下記の記事ではクレジット債権を利用したファクタリング事例、調達できた金額をご紹介しております。

まずはご相談ください

アクセルファクターのスタッフ達

アクセルファクターでは「債権の規模」「事業形態(法人or個人等)」「債権の種類」といったフィルターを排除し、極力フリーにご利用いただける環境を整えております。
個人事業主様であっても、どんなに少額であってもまずはお問い合わせください。

資金難の改善はもちろん、許可を取得したい・見栄えの良い貸借対照表(B/S)を作りたい等、経営に関する様々なお悩みをサポートさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP