ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

ファクタリングは高い?手数料の算定基準とダウン要素をご紹介

ファクタリングのコスト

ファクタリングの手数料の文字と電卓

当ページではファクタリングの「手数料」が変動する理由や根拠について解説します。

ファクタリング手数料は債権の性質や支払時期・売掛先の経営状況によって大きく変動するため、中には高額な手数料(30%超など)を設定する悪質なファクタリング会社も存在します。
騙されない・損をしないためにも、変動の理由や根拠を予め知っておきましょう。

手数料算定の考え方

ファクタリングの手数料は、ご利用企業様の状況や売掛債権の性質、ファクタリングの方法、ファクタリング会社が定める基本手数料等によって異なります。
アクセルファクターでは主に「1.貸倒リスクの程度(債権の優良性)」「2.ファクタリングの方法 」「3.お取引先との取引期間や財務状況」以下の3点を確認させて頂き、ファクタリング手数料を決定しております。

算定基準その1貸倒リスク

貸倒リスクとは、売掛債権が御社のお取引先より支払われないリスクです。
つまり買い取った債権が不良債権化してしまう可能性を指し、リスクが高ければ高い程、買取額が低くなってしまいます。

例えば、お取引先が数期連続で赤字を計上している・税金又は健康保険料・年金等の滞納がある・といった事情が確認された場合、黒字経営のお会社様と比べて買取額が低くなってしまう可能性が高いです。
もちろんこれらはあくまでも一例であり、貸倒リスクの度合いにつきましてはお取引の期間やお取引先の経営状況を総合的に勘案し、判断させていただきます。

算定基準その2取引方式

ファクタリングには「2社間方式(2社間ファクタリング)」と「3社間方式(3社間ファクタリング)」と呼ばれる2種類の取引方式があります。

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングのフローチャート

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングの現金の流れ

売掛債権の支払いは、2社間方式では「お取引先→お客様→ファクタリング会社」という流れになるのに対し、3社間方式では「お取引先→ファクタリング会社」です。

つまり、2社間方式の場合は「お客様」「お取引先」双方の倒産・債務不履行リスクを負うことを意味し、単純に貸倒リスクが2倍となります。
したがって、ファクタリング会社のリスクが軽減や受け渡しに要する手間やコストの削減へと繋がり、2社間方式に比べて手数料が安く設定されているのが一般的です。

なお、ファクタリングには「償還請求」「譲渡人の担保責任」がありませんので、万が一お取引先が倒産してしまった場合はファクタリング会社が債務を負担する形となります。(請求ができずに取引が終了)
このように、ファクタリングは利用企業側に有利という点も、手数料が高くなってしまう要因と言えるのではないでしょうか。

算定基準その3取引期間や財務状況

例えば、卸売業を営んでいるお会社様の場合、発注の度に都度売買契約を締結するのではなく、基本契約を締結し、発注書等で都度個別に対応する形が一般的です。
このケースですと、お取引先と長期期間のお取引がある・毎月安定した売上があると考えられますので、貸倒損失となる危険性が低く、より信頼性の高い債権であると判断できます。

また、お取引先の事業規模が大きければ大きいほど債務不履行リスクが低くなり、例えば大手ゼネコンからの依頼で発生した売掛金、国や地方公共団体(又は公益団体)に対する売掛金などの場合、高額買取(手数料低下)の要因となります。

アクセルファクターが
支持される理由

親身に対応するアクセルファクタースタッフ

ファクタリング手数料は法律に定められたものでは無く、あくまでファクタリング会社の裁量によって決定されます。
悪質なファクタリング会社の場合多額の手数料を設定している場合がございますので、「高すぎる」「おかしい」と少しでも感じましたらすぐに取引を中止しましょう。

なお、アクセルファクターではお取引前にお見積り額や手数料の根拠をしっかりと説明し、100%のご理解・ご納得いただいた上で契約を進めておりますのでご安心ください。
内訳や手数料算定の根拠等をしっかりと明示している点は他ファクタリング会社では行われていない試みであり、低手数料ながら透明性の高いお取引が可能であると自負しております。
ご相談は無料ですので、是非アクセルファクターのファクタリング手数料及びサービスを他社と是非比較してみてください。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP