ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

柔軟性で選ぶならアクセルファクター

審査の柔軟性が重要な理由

書類をチェックするビジネスマン

アクセルファクターの魅力の一つでもある柔軟性。
書類が不足している、税金滞納中、当日中に現金が必要など、ありとあらゆるシーンに柔軟かつ誠意をもって対応させていただくことをお約束いたします。

常にお客様の目線に立ち、他ファクタリング会社で断られてしまった案件にも、誠意を以て即時ご対応させていただいております。

「柔軟な審査」の具体例

アクセルファクターでは、とにかく「クライアント様の目線に立つこと」を第一に考えた上で審査を実施しております。
そうすることにより、クライアント様にとって何が最も重要なのか、どのような対応が理想なのかを自ずと知ることができるためです。

アクセルファクターが掲げる誠意のある対応とは一体何なのか、事例を交えてご紹介させていただきます。


CASE1エビデンス書類の不足

建設業を営むJ社では、2,000万円の最終利益を見込んでいるが、多くの下請け会社へ代金を前払いしており、キャッシュフローが停滞していた。
諸所の支払いのために、ファクタリングによる早期資金化を決意したのだが、同社ではネット銀行による取引が多くなっており、確認資料である「通帳の原本」が用意出来なかった

 アクセルファクターの対応

銀行取引は、企業間の取引実態を示す非常に重要なエビデンス資料です。
そのため、インターネット上の取引履歴だけではなく「通帳の原本」を確認するファクタリング会社が多くなっています。
実際に、J社様が弊社へご相談くださったときには既に複数のファクタリング会社を回った後でした。

アクセルファクターでも原則通帳の原本は確認させておりますが、インターネット銀行を利用する企業が増えた昨今において、必ずしもご用意いただく必要はないと考えております。
通帳の原本が無い場合は「どのように発生したのか」「反復継続して取引が行われているか」という点を確認し、ご用意ができそうな書類を代わりにご案内いたします。

J社様では取引先様と締結した取引基本契約書と注文書の控えをご提出いただくことで審査が完了し、無事当日中に買取金をお振込みすることができました。


CASE2債権の存在が不透明

個人事業主として建設業を営む、所謂一人親方のB様。
特定企業とのお付き合いが複数確認できたものの、毎月決まったお取引がある訳ではなく、いずれの企業も事業規模が小さいものだった。
次回の仕事も決まっておらず、確認できるものは「請求書」「通帳」のみであった。

 アクセルファクターの対応

「架空債権」はファクタリング会社が最も恐れる存在ではないでしょうか。
存在しない債権を高額で売却しようとする詐欺師は数知れず、最悪の場合は数千万円の被害に遭ってしまう可能性も考えられます。

B様は「債権が実際に存在するのかが不透明」という理由で他のファクタリング会社から断られてしまっている状態でした。
取引先様に知られない範囲で調査を実施し、実際の工事現場、他の下請け企業への依頼状況から真正な債権であると判断し、契約を締結させていただきました。


CASE3税金滞納中

O様は前期が大きく黒字だったため、備品や設備をまとめて購入。
勝負に出た形でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって今期は大きな赤字に…
キャッシュフロー改善のためにファクタリングを画策しているが、現在税金を滞納してしまっている状態であり、他のファクタリング会社から断られてしまった。

 アクセルファクターの対応

2社間ファクタリングの場合、債務者に対して通知や承諾を行いません。
そのため、売掛金はファクタリング会社ではなく通常通りファクタリングを利用した企業(旧債権者)へと振り込まれます。
その後ファクタリング会社へと引き渡す形となるのですが、万が一ここで「財産の差押え」があると、ファクタリング会社は売掛金の引渡しが受けられなくなってしまいます。
つまり、差し押さえの危険性が高い「税金滞納」「保険料未納付」の状態では利用を断るファクタリング会社が多いのです。

アクセルファクターでは「税金滞納=NG」という固定観念をもった審査はせず、ご利用企業様の今までの業績や実績、状況等を総合的に判断し、柔軟に審査いたします。

O様は今までの工事実績がしっかりと確認でき、反復継続したお取引もあったため、税金滞納は大きな問題ではないと判断いたしました。

どのような案件でも
お任せください

柔軟に審査をするアクセルファクターのスタッフ

個人又は親族経営の場合、本来作成すべきである書類作成が行われていないケースが多く見受けられます。
もちろん、これらは追々是正していく形が望ましいですが、現に資金難に陥っている状況に於いてそんな悠長なことは言ってはいられません。

「この状況をどのように乗り越えるのか」

という点こそが重要であり、物事の本質です。

他社では「書類が足りない」の一言で断られてしまうようなケースであっても、弊社は「どうすれば解決可能なのか」という観点で問題解決に臨むことをお約束します。
仮に他社で断られてしまった場合でも、アクセルファクターであれば解決出来る可能性が十分にございますので、まずはご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP