ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

介護報酬債権×ファクタリング~高額買取で資金難を解決

介護報酬債権を早期現金化

医療ファクタリングと聞くと、診療報酬債権を有する病院や薬局のみが利用できるサービスなのでは?と考えてしまう方が多いかもしれませんが、介護事業や相互扶助事業(グループホームなど)で発生した「介護報酬債権」もお買取りが可能です。
診療報酬との違いはほとんどなく、高額買取が見込めるという点が大きな魅力と言えます。

デイサービス運営・R社様

利用者の迎えをするデイサービススタッフ
業種 通所介護事業
調達額 180万円
使途 設備投資・運転資金
振込時間 2日

予期せぬ出費が多いビジネス

わが社では、シニア世代を対象にした「通所介護(デイサービス)」を運営しております。
利用者様は毎月増えたり減ったりしますので、月ごとに売上は大きく変わる上、ガソリン代の急激な高騰や車両の故障(利用者様の送迎)に悩まされておりました。
さらに、バリアフリー関連備品のメンテナンスや交換・入れ替えは予期せぬタイミングで訪れることもあるため、急激な売上低下と支出の増加は事業存続にも関わる大きな脅威と言えました。
突如訪れるキャッシュフローのピンチや停滞に備えるための資金調達方法を探すべく、今回アクセルファクター様の医療ファクタリングを検討することに。

介護事業にマッチすると感じた

医療ファクタリングは3社間方式で実施するケースがほとんどのようです。
介護報酬の保険負担分は保険者に対して有する債権(厳密には支払機関)のため、債権譲渡が知られたとしても今後の取引に影響を及ぼさないというのが主な理由だそうです。
介護サービスは、大きな利益を得ることが難しい上に、月々の収支バランスが崩れやすく、銀行や消費者金融からの融資審査に通りづらいというデメリットがあります。
一方で、ファクタリングであれば2%前後の手数料を支払えばまとまったキャッシュを得ることが可能であり、介護事業にマッチすると感じました。
また、融資の場合は申込から実行までに1か月程度を要しますが、ファクタリングは数日で完了するという点も大きなメリットだと思います。

2日で手続きが完了

大まかな流れとしては「申込み」「契約締結」「買取代金の振込」「債権譲渡通知」でした。
最終的な振込は、申込みから2日後でしたが、最低でも1週間程度は掛かると思っていたので、スピーディーなご対応に大変満足しています。
なお、提出書類は「レセプト請求に関するもの」がメインであり、膨大な量ではありましたが、メールでお送りできたので非常に楽でした。
3社間方式の場合は、新債権者(ファクタリング会社)の方に直接売掛金が支払われるようですので、わが社は買取代金の受取後は特段することはありません。
「簡単かつ早い」というのが、利用してみた率直な感想です。

担当者からのコメント

介護サービスの需要は右肩上がりではありますが、比例して新規事業者も増えているためか、閉業に追い込まれる事業者様が多くなっています。
閉業する企業が多い理由の一つとして「資金調達の選択肢の少なさ」が挙げられます。
銀行融資は難しく、第三者からの出資も見込めない(株式会社を除く)ため、役員からの借入や寄付・ソーシャルレンディング等に頼らざるを得ませんでした。
早くて安い資金調達としてファクタリングは大きな注目を集めており、経営の安定化・セーフティーネットとしての役割が期待されています。
介護サービスを営む企業様は、資金調達の1つの選択肢としてご検討してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP