店舗型と無店舗型の違いやそれぞれのメリットについて解説します。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

店舗型クレジットカード現金化業者の特徴

店舗型は実際にお店に足を運び契約をしなければなりません。一方で無店舗型は24時間どこでも申し込みが可能です。無店舗型の方がリスクを回避できるため安心出来るでしょう。

現金化には、実は2種類のタイプがある

無店舗型と店舗型

家賃が払えない、今食べる食費すらままならない、人はそんな状況に陥ることもあります。
どうしてもお金が必要な時が、人生の中には何度か訪れます。そんな時に安全に現金を手に入れる手段を紹介したいと思います。

安全に現金を手に入れる方法、それはクレジットカードの現金化です。
この現金化には、実は2種類のタイプがあるのをご存知でしょうか?
それは店舗型と無店舗型です。

店舗型のクレカ現金化業者

店舗の模型

店舗型とは、その名の通り実際にお店があるクレジットカード現金化業者です。
現金化業者の店舗は都内に集中しており、駅の近くにあるのが一般的です。
このタイプは実際にお店へと入り、そこでクレジットカードの現金化を行います。
基本的にはその場で商品を購入し、購入金額の80%前後をキャッシュバックしてもらいます。

店舗型のメリット

店舗型のメリットは実在している点です。
本当に存在しているのか怪しい業者がたくさんある中で、確実にあるというのは強い安心感に繋がります。

相手の顔も見れますし、窓口のスタッフが資料等を使って丁寧に仕組みを説明してくれます。
怖い男性スタッフを連想するかもしれませんが、窓口には笑顔の女性が居るので心配は要りません。

さらにメリットを挙げるなら、その場で現金が受け取れるという点です。
クレジットカードの現金化をしたことがある人は少数派でしょう。
本当に現金がもらえるのかという不安は簡単に払拭できません。
その点で行くと、店舗型はその場で現金が手に入るので不安はかなり軽減されます。

店舗型のデメリット

その反面、店舗型にはデメリットも存在しています。
まず、店舗型はその場所まで足を運ばなければなりません。
そうなると近場に店舗が無いと利用するのは簡単では無いのです。
手続きの手軽さやスピード性がないため、これらは店舗型のデメリットになるでしょう。

また、万が一足を踏み入れたところが悪質店だった場合、その場で提出したクレジットカードをスキミングされるなどといった被害もありえます。
その場では何事もなかったように見えても、後になって身に覚えのない請求をされたりする可能性もあるため、危険です。

スキミングの恐ろしさについて

無店舗のクレジットカード現金化業者

スマホから申し込みする女性

次に、もう一つの無店舗タイプのクレジットカード現金化業者についてまとめてみます。
無店舗タイプとは、実際のお店を持たずにインターネットでのみ対応を行っています。
実在する店舗を持っていなかったり、公表していなかったりする特徴を持っているのです。

無店舗型のメリット

無店舗タイプのメリットは手続きの簡単さです。
インターネットさえ繋がれば、スマホからでもマンガ喫茶からでも手続きが可能です。
直接店舗へ行く必要が無く、電話やメールですべての対応が完結するのがメリットと言えます。さらに全国24時間対応しているメリットはかなり高いでしょう。

他にも、直接会わなくて済むのもメリットになります。
店舗型では会うことがメリットになりましたが、それは同時にデメリットにもなるのです。
悪質な業者であれば、契約するまでお店から出してくれないような場合もあり得るからです。
その点、無店舗タイプであれば電話でのやり取りなのでしつこく契約を迫られる心配がありません。 不安に感じたらすぐに止められるのも無店舗タイプの特徴です。

無店舗型のデメリット

さて、次に無店舗タイプのデメリットについてですが、それは希望額の現金が受け取れるかどうかが不明瞭という点です。

無店舗タイプはキャッシュバックする現金を銀行振り込みします。
悪質な業者に依頼してしまうと、予定していた現金よりも低い金額しか戻って来ません。
90%をキャッシュバックすると言っていたのに、手数料という名目で値引きされるケースがそれです。

安心できるのは無店舗型

現実とオンラインの選択肢

店舗型と無店舗型、2つのタイプをご紹介しましたが、どちらがよりメリットが大きいでしょうか?
それは間違いなく無店舗型となるでしょう。
無店舗型は悪質な業者の確率も高くなりますが、長く営業を続けている優良な業者に依頼すれば問題はありません。
スマホで24時間対応してくれる無店舗型の方が利便性も高くなるでしょう。

何よりも、危険を回避するという点では無店舗型が安心できます。
対面では契約するまでお店を出してもらえないリスクがあります。
しかし、インターネットで行う現金化であれば身の危険は必ず回避されます。
無店舗型の方が安心して利用出来るでしょう。