ページ上へ

アマギフ買取は審査不要

アマギフを買い取ってもらうにあたって、審査ってあるんですか? 借金扱いになったりしないですよね?

Amazonギフト券買取は審査が不要だ! 金銭消費貸借契約ではなく売買契約のため、当然借金にはあたらない。 つまり信用ブラック状態でも利用することができるのだ。

Amazonギフト券買取は審査不要

急にお金が必要になった時の現金調達方法はいくつかありますが、真っ先に候補として思い浮かぶのは「カードローン」「消費者金融」ではないでしょうか。
テレビやラジオでのCMをはじめ、YouTubeやインターネット広告で目にすることも多く、身近な金策手段の代表格と言っても過言ではありません。
しかしながら、消費者金融は過去に「グレーゾーン金利」「過度な取立て」が大きな社会問題となり、利用者には借金苦でさらに困窮、深刻な状況に陥るケースも多く見られました。
行政指導や法改正によって、現在はクリーンな業界へと変化しておりますが、その分以前に比べて審査のハードルが上がったとも言えます。

消費者金融審査が厳しい

厳しい審査のイメージ

街のあちこちにあるATM(無人機)で利用できるなど、大変便利かつスピーディーに現金を手に入れることができる消費者金融ですが、利用には所定の審査に通らなくてはなりません。
さらに審査を受ける以前に申込みの条件をクリアするがあり、例えば「対象年齢内であるか(20~69歳が多い)」「安定した収入があること」等は必須と言えます。
(会社員でなくアルバイトやパートの場合でも毎月給料をもらっていれば安定した収入と見なされますので、主婦や学生の方でも申込みは可能です。)
申し込み後は「信用情報」「収入」によって審査され、所定の基準をクリアできれば利用できるようになります。

アマギフ現金化は借金ではない

古物商の許可証

前述した通り、Amazonギフト券買取はそもそも借金ではありません。
専門業者にAmazonギフト券やAppleギフトカードを売り、買取代金を得るという取引(売買契約)です。
代金は商品の引渡しと同時に行いますので、金銭消費貸借契約のように「返済不可になってしまう恐れ」が無く、延いては銀行や消費者金融のような審査という概念もありません。

したがって、売主の年齢や収入、信用状況は買主側にはとって問題にならず、信用ブラックであったり、安定した収入がなかったりしてもAmazonギフト券買取は利用することができます。
一方で「Amazonギフト券やAppleギフトカードの真贋」「使用済ではないか」等はAmazonギフト券買取で特にチェックされます。
万が一使えないギフト券を買い取ってしまうと、買取業者にとって大きな痛手となってしまうためです。

なお、前述した通りAmazonギフト券買取は信用情報に傷(所謂ブラック)があっても利用が可能ですが、古物営業法に基づき本人確認は必ず実施されます。
身分証を持っていない、住所が不定等の場合は利用を断られる可能性がありますのでご注意ください。

現住所が確認できる公共料金の明細書を一緒に添付すれば良いという業者もある。 身分証が無い場合は事前に確認しておくと良いだろう。

24時間いつでも利用可能

アマギフ買取サイトによく書かれている「24時間即日振込み可能」ってほんとかよって思っていたんですけど、本当にすぐ振り込まれましたよ!

それは「モアタイム」のおかげだな。 このシステムのおかげでだいぶ便利になったのだ。

2018年10月9日、我々の暮らしにも大きな影響を与える金融改革がありました。
それは「モアタイムシステム」の登場です。
銀行と言えば窓口業務が平日15時までとなっており、15時を過ぎてしまうと入金の反映が翌営業日になってしまうのが当たり前でした。
モアタイムが開始されたことによって、参加金融機関同士であれば365日24時間即時振込が可能となり、いつでもどこにいてもお金を引き出すことができるようになったのです。

アマギフ買取と相性良し

アマギフ買取と相性良し

ネットバンキングなど一部の金融機関を除き、モアタイムが開始されるまでは15時以降や土日祝日にAmazonギフト券買取を申し込んでも、結局入金されるのは金融機関の翌営業日以降でした。
言わば買取業者のスペックとは関係なしに銀行の都合でサービス内容が制限されていた恰好であり、仮に「即日入金」と謳っていても、実際は朝8時30分から14時30分頃までの6時間ほどしか適応されなかったのです。
路面で営業している金券ショップとは異なり、Amazonギフト券買取ではインターネットからの申込み→銀行口座への振込という流れが一般的であり、振込ができない時間の空白はユーザーにとって大きなマイナスポイントと言わざるを得ませんでした。
モアタイムサービスが開始されたことによって当該空白時間は一切無くなり、現在では365日24時間入金が可能となっています。

多くの業者が24時間営業に

24時間営業のイメージ

モアタイムシステムが開始されたとしても、当然Amazonギフト券買取業者側が営業をしていなければ意味がありません。
以前は他の金券ショップと同様に開店は9~10時、閉店は19~20時というAmazonギフト券買取業者が多かったのですが、モアタイムシステムの登場によって「365日24時間体制で営業」するお店が一気に増えました。

なお、Amazonギフト券は「真贋」「利用できるかどうか」をチェックしなければならない上に、取引件数もクレジットカード現金化に比べて多いという特徴があります。
そのため、Amazonギフト券買取は、他のサービスと比べると入金のスピード性にやや劣る部分があり、特に「クレジットカード現金化」と比べるとアマギフ買取はどうしても「入金が遅い」というイメージを持たれがちでした。

モアタイムシステムの登場によって、Amazonギフト券買取の弱点とも言えた「スピード」「利便性」をカバーできるようになり、他のサービスに劣っていたスピード面でも十分に勝負できるようになったと言えます。
お急ぎの方はもちろん、深夜や早朝にお金が必要になった方はAmazonギフト券買取をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

モアタイムシステムに参加している金融機関は、開始時点(2018年10月時点)は504機関であったが、2023年7月現在では1,116機関が参加を表明している。 日本の金融機関はほぼ網羅されていると考えてもらって差し支えないだろう。

全国銀行資金決済ネットワーク
参考サイト|全国銀行資金決済ネットワーク