ページ上へ

スピード重視クレジットカード現金化

最終更新日:

※この記事にはプロモーションが含まれています。

急を要する時は1秒でも早くお金が欲しいんですよね。クレジットカード現金化とアマギフ買取、どちらが早いのか教えてください!あと、クレジットカード現金化に対応している優良店を知りたいです!

正直、アマギフ買取のスピードは混雑具合によってまちまちなのだ。クレジットカード現金化の方が安定しており、スピード面でも有利だが、リスクや手間等も知っておいていただきたい!

スピード重視のクレジットカード現金化ページのトップイメージ

サービスを利用する人の多くが「いますぐに現金が欲しい」「急な出費ができてしまった」などの事情を抱えているため、クレジットカード現金化では換金率よりもスピードが重視される傾向にあります。(Amazonギフト券買取は「使わないので処分したい」というニーズが一定数あるため、スピードよりも換金率を重視するサービスが多くなっています。)

しかしながら「スピードを重視し過ぎた結果、換金率が低い悪徳業者を利用してしまった」というケースが後を絶ちませんので、お急ぎであってもサービスはしっかりと比較・選定するようにしてください。

当ページでは、アマギフ買取とクレジットカード現金化の「振込されるまでのスピード」にフォーカスを当てつつ取引にかかる手間や優良店の選び方など、総合的に検証・紹介してまいります!

  • クレジットカード現金化とAmazonギフト券はなぜスピードに優れているのでしょうか?

    クレジットカードさえお持ちであれば審査不要で利用できるためです。
    なお、中には「24時間営業」の専門業者もいるため、いつでも利用できるというメリットもあります。

  • クレジットカード現金化の方式によって振込時間はどのくらい異なりますか?

    後述しますが、キャッシュバック方式であれば「20~120分」、買取方式であれば「2日~1週間」とお考えください。
    買取方式は商品の授受が必要なため、どうしても時間が掛かってしまいます。

  • Amazonギフト券買取の振込時間の目安について教えてください。

    30~60分ほどが目安です。
    ただし、月初には申込みが殺到することが多いため、普段よりも時間が掛かる傾向があります。
    お急ぎの場合は事前に確認するようにしましょう。

  • どのタイミングが狙い目ですか?

    前述した通り、月初は混み合う傾向が見られます。
    また、午前中も申し込みが多いため、スピードにこだわるのであれば14~18時辺りが狙い目でしょう。

  • Amazonギフト券は発送しなければなりませんか?

    カードタイプの場合は発送→現物確認後の振込になります。
    メールタイプの場合はカード番号をお伝えしていただくだけで手続きが完了します。

\スピード特化の現金化業者/

業者名の背景
リリーフ
リリーフのトップページ

「夜間や土日祝日も5分で振込」
をキャッチコピーに掲げるクレジットカード現金化サービス

【振込時間】5~15分
【営業時間】9:00から20:00
【定  休】なし

業者名の背景
パーフェクトギフト
パーフェクトギフトのトップページ

15分振込&換金率90%超
スピードと高換金率を兼ね萎えた優良店

【振込時間】15~30分
【営業時間】9:00から20:00
【定  休】なし

業者名の背景
お金のレスキュー隊
お金のレスキュー隊のトップページ

“お金のピンチを救う”がコンセプト
スピード面で高いパフォーマンスを発揮

【振込時間】5~20分
【営業時間】9:00から20:00
【定  休】土日祝休

クレジットカード現金化流れ

クレジットカード現金化には、大きく分けて「利用者に指定の商品をカード決済で購入させ、その商品を買い取る」または「商品購入代金の一部をキャッシュバックする」の2つがあり、一般的に前者を「買取方式」後者を「キャッシュバック方式」と呼びます。
(なぜショッピング枠を直接買い取らないのかについては「クレジットカード現金化の仕組み」に詳しい記述があります。)

この2つの取引方式には一体どのような違いがあるのか、両者の違いをそれぞれ確認してまいりましょう。

買取方式

文字通り「クレジットカードで購入した商品を現金化業者に買い取ってもらう」という現金化方法です。
ブランド品を扱うリサイクルショップや、商品券・チケットなどを扱う金券ショップをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。
購入する商品は指定されますので、業者側の指示に従えばOKです。
なお、店舗型と呼ばれるクレジットカード現金化業者の場合は「店頭に並べられたチケットを購入し、その場で買い取ってもらう」という流れが一般的です。
ネット型のクレジットカード現金化業者のシステムはやや複雑で、購入する商品を直接業者側から購入するパターンもあれば、別の場所で商品を購入し業者に送付するパターンもあります。
「別の場所で商品を購入し業者に送付するパターン」の流れ、換金時間の目安は以下の通りです。

買取方式の仕組図
取引の流れ

現金化業者への申込み
指定商品をクレカで購入
商品の発送
業者側による商品確認及び振込
クレジットカード会社からの請求

商品の持込み(発送)の必要:あり
振込までの時間:1日~1週間

キャッシュバック方式に比べると少し手間と時間が掛かりますが、実際に商品が存在しているため「クレジットカード会社からバレにくい」という利点があります。
また、商品の発送・受取と振込手続きを逆にする(商品が届く前に代金を振り込み)というケースもあり、一概に遅いとも言いきれません。
なお、業者から指定された商品を購入するのが一般的ですので、業者側の指示に従って手続きを進めるようにしてください。

上記のほか、業者が売っている商品を直接購入する形式もある!
同形式を採っている場合は後日何かしらの商品が届くが、価値のないケースが多いため特に気にしなくても良いだろう。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは「キャッシュバック付きの商品を購入し、キャッシュバック(現金)を受け取る」という現金化方法です。
例えば、何らかの商品や商材をクレジットカードで購入し、レビューをすると〇万円の現金が戻ってくる」といった流れです。
以前は「データがメールで送られてくる(情報商材など)」というスキームが多かったのですが、商品の授受が伴わないことで摘発される業者も多く見られました。
そのため、現在では「後日何らかの商品が送られてくる」というのが一般的です。

キャッシュバック方式の仕組図
取引の流れ

現金化業者への申込み
キャッシュバック付き商品の購入
業者側からの商品発送
キャッシュバック分の振込(※)
クレジットカード会社からの請求

商品の持込み(発送)の必要:なし
振込までの時間:20分~120分
(※)受取後にキャッシュバック条件(レビューなど)を満たす必要があります。

買取方式のように、店舗に足を運ぶ・発送するなどの手間がありませんので、利便性・スピードに優れている方法です。
なお、商品が届く前にキャッシュバック代金を支払う業者もおります(通常は商品を受け取ってからキャッシュバック条件を満たすという順番)ので、買取方式よりもスピードに優れていると言えるでしょう。
一方で、キャッシュバック方式はクレジットカード会社や警察など各省庁から強く警戒されている取引形態であり、場合によってはクレジットカード会社にバレる恐れがあります。
また、買取方式よりものが一般的です。

キャッシュバック方式は買取方式よりも換金率が低く設定されているのが一般的です。
また、キャッシュバックを受ける条件がやや面倒というケースもありますので、お急ぎの際は事前にキャッシュバック条件・手順、どのくらいの時間を要するのかを確認しておくと良いでしょう。

アマギフ買取との比較

レートの図

一方で、Amazonギフト券買取サービスの入金スピードはどうなのでしょうか。
電子ギフト券買取サービスでは、クレジットカード現金化のサイトのような派手な広告(「5分で入金」「業界一のスピード取引」など)はあまり見かけません。
その代わり「24時間対応」「手数料無料」などのアピールが多い印象です。

そのせいか「Amazonギフト券買取は遅い」との印象をお持ちの方も多いようですが決してそんなことはありません。
早ければ10分程で振込までが完了するため、他の現金調達手法に比べてもかなりスピードに優れている部類であると言えるでしょう。
ただし、Amazonギフト券買取は以下の理由から振込スピードが大きく変動するため、ご利用時にはくれぐれも注意が必要です。

アマギフ買取1ステップ多い

ショッピング枠を直接買い取ってもらうクレジットカード現金化とは異なり、Amazonギフト券買取は「Amazonギフト券を自分で用意」する必要があります。
購入自体は非常に簡単(Amazon公式サイトなどで購入)ですが、クレジットカード現金化に比べると1ステップ多くなってしまうため、その分振込までに時間が掛かる・面倒などの面があるのも否定できません。

また「購入する商品を間違えてしまった」「アカウント登録から始めなければならない」などのリスク又はデメリットなどもありますので、はじめての方はクレジットカード現金化よりも時間が掛かってしまうことを覚悟しておいた方がよいでしょう。(2回目以降の利用であればすでにアカウント登録やクレジットカード登録が済んでいるため比較的スムーズです。)

一方で、Amazonギフト券買取は換金率が非常に優れているサービス(90%前後)という利点があります。
スピード重視でクレジットカード現金化、手取り額重視であればAmazonギフト券買取といったように上手に使い分けてみてください。

Amazonギフト券よりもAppleギフトカードの方が高換金率のケースもある。
当然だが最も換金率が高いものを利用した方がお得なので、Amazonギフト券だけでなく各電子ギフト券の換金率も必ずチェックしよう!
当サイトではAmazonギフト券とAppleギフトカードの換金率を日々更新しているので、ぜひ活用してほしい。

繁忙期混雑

Amazonギフト買取はクレジットカード現金化に比べて「繁忙期と閑散期の差が激しい」という特徴があります。
各業者ともに人員を配置し迅速に対応できるよう整備しているようですが、それでも需要の集まる時期や、業者などによる大口取引があった場合は振り込みまでに時間を要してしまいます。
空いている時であれば20分ほどで取引が完了するサービスであっても、繁忙期は2~3時間かかってしまうなんてことも珍しくありません。

なお、アマギフ買取サイトが最も混雑するのが、月初の「1日」です。
この1日は利用者数が断トツに多く、振り込みされるまでの時間も最もかかります。(月末から混雑が始まり、2日を過ぎると徐々に落ち着いていきます)
これには、各種支払いの締切日や、月末締めに設定されているクレジットカードが多い・キャリア決済を利用してAmazonギフト券を購入する人が多いなどが理由として考えられます。

申し込みが殺到してギフト券が在庫過多になってしまうと、需要と供給のバランスが変化して結果的に換金率に影響を及ぼすことも。

Eメールタイプの買取であれば即日対応が原則(30分から60分ほど)であり、繁忙期さえ避ければ決して時間のかかるサービスではありませんので、待ち時間を発生させたくない・安定したレートで換金したいならば月末・月初は避けたほうが良いでしょう。

おすすめクレジットカード現金化業者
リリーフ
リリーフのトップページ

リリーフは創業25年の老舗クレジットカード現金化業者です。
スピードはもちろん、換金率(最大99.5%)と安全性(運営歴25年でクレジットカード事故は0件)にも優れており、クレジットカード現金化が持つリスクの軽減、安心感アップに繋がります。
また、土日祝日も営業しているため、急に現金が必要になったシーンにも適しています。
年間の成約数は1万件を超えており、数少ない優良なクレジットカード現金化業者と言えるでしょう。

パーフェクトギフト
パーフェクトギフトのトップページ

利用した方の96.2%が「サービスに満足」と回答している優良クレジットカード現金化サービス・パーフェクトギフト。
高い換金率とスピード対応だけではなく、長期運営で培われた親切・丁寧に利用者に寄り添う姿勢が利用者からの高評価に繋がっているようです。
同店をはじめてご利用される方は「初めて割」が適用されますので、よりお得に利用することができます。
スペックを重視したい方はもちろん、丁寧な対応をお求めの方にもおすすめの優良店です。

公式サイトはこちら
お金のレスキュー隊
お金のレスキュー隊のトップページ

お金のレスキュー隊は「平均振込時間5分以内」という恐るべきスピードを誇る、スピード型のおすすめクレジットカード現金化業者です。
サービス名称の通り「お金のピンチを救う」をコンセプトにしており、とにかく“早い・簡単”という特長があります。
お問い合わせから振り込みまでがスマホ一つで行えるため、Amazonギフト券買取と比べ、スピード面ではやはりこちらに分があると言えるのではないでしょうか。 特典が多く用意されており、換金率に優れている点も◎!

公式サイトはこちら

前述した通り、Amazonギフト券の買取は早ければ20分ほどで完了しますが、混雑時は数時間かかることもあります。
時期・時間帯によって対応に差が生じるため、振込スピードの安定感を重視するのであればクレジットカード現金化の方がおすすめです。
また、ステップ(Amazonギフト券の仕入れ)を1つ省略できるため、総合的なスピードに関してもクレジットカード現金化の方が優れていると言えます。

一方で、Amazonギフト券買取は換金率に優れている上、年中無休かつ24時間対応、サイト内で買取時間の目安を表示させるなど、利便性や透明性が高いという利点があります。

どちらの現金化にもそれぞれメリット・デメリットがありますので、ご自身が重視したいポイント・置かれている状況などで選択するのが良いでしょう。

取引かかる手間・営業時間

多忙な女性

クレジットカード現金化・Amazonギフト券買取は、共に現金を得ることを目的にしています。
しかしながら、それぞれの特徴を知っておかないと「思っていたより時間が掛かってしまった」「心づもりしていた金額と相違があった」などのミスマッチを招く恐れがあります。
取引にかかる手間や営業時間等の違いも予めチェックしておきましょう。

クレジットカード現金化

・業者からの商品の受け取りが必要
・業者への商品の持ち込みが必要(買取方式の場合)
・基本的に電話でのやり取りがある(WEBでも申込後にかかってくる)

クレジットカード現金化の場合、前述した通り商品の引渡し又は受取りのいずれかが必要となります。
クレジットカード現金化は商品の買取又はキャッシュバックという形で現金を支払わねば、実質的な貸金業と判断される恐れがあります。
つまり業者側には摘発の危険性があり、キャッシュバック方式であっても商品は必ず後日発送されるはずです。
もちろん利用者側が責めを負うことはありませんが、手順として知っておいても損はないでしょう。

なお、クレジットカード現金化では振込前に電話でのやり取りがあるのが一般的です。
「換金率の認識に齟齬がないか」「本人確認」などが目的で、時間にすると1~2分ほどで済む内容と言えます。
もし希望額に届かない場合はこの時に交渉すると良いでしょう。
また、不明点があれば契約前にしっかりと確認するようにしてください

営業時間は業者によってまちまちで、一般的には早朝(6時から9時ころ)から深夜(20時から23時ころ)までの設定が多くなっております。
なお、メールでの申し込みは常時受付ですが、翌日の営業開始時間から順次振込手続開始という対応がセオリーです。
お急ぎの方は事前にしっかりと営業時間も確認しておくようにしましょう。

Amazonギフト券買取

・業者からの商品の受け取りは不要
・WEBで完結
・カードタイプのギフト券の場合は発送が必要

Amazonギフト券の買取は、メインとなっているEメールタイプならばWEB申込みだけで完結します。
また、Amazonギフト券買取は文字通り「電子ギフト券の売買」であるため、業者側から商品を受け取る必要はありません。
なお、サービスのほとんどは冒頭で換金率が表示されているため、特段交渉や確認の必要なく手取り額を知ることが可能です。
オンライン型とは言え、電話窓口はもちろん設置されていますので、何か不安な点があれば問い合わせることができます。

営業時間は、大手買取業者の場合ほとんどが24時間営業です。
さらに、現在ではモアタイムシステムが普及して着金に関しても24時間の対応が可能になりました。
アマゾンギフト券が時間帯にかかわらず注文できるのはもちろんのこと、Eメールタイプであれば購入後5分以内にコードが届きます。
実質「いつでも・どこでも」現金の入手が可能な方法であるといえ、緊急時の現金調達方法としてはAmazonギフト券買取の方が優れています。
ただし、早朝や夜間の場合は昼間に比べて少人数体制となるため、普段よりも入金に時間が掛かってしまう可能性があります。
お急ぎの場合、電話やメールのレスのスピードを確認してから利用の可否を判断した方が良いでしょう。

Amazonギフト券買取サービスは24時間営業が多いため、時間帯によってはアマギフ一択になりそうですね。
とは言っても、クレジットカード現金化業者も早朝から深夜までやってます。
「営業時間で選ぶ」というシーンはあまりないかもしれません。

セルフ換金スピード

クレジットカード現金化業者を利用するのは少し怖い…という方は「セルフ換金」という手もあります。
セルフ換金とは、文字通り自らクレジットカードで購入した商品を第三者に買い取ってもらうという現金化方法(ショッピング枠の現金化)です。
結論から申し上げますと、セルフ換金の場合はAmazonギフト券やAppleギフトカードの買取と同様に「(1)商品の購入」「(2)商品の売却」の2ステップが必要となるため、クレジットカード現金化業者の利用に比べてどうしてもスピードダウンしてしまいます。

それでもセルフ換金(Amazonギフト券買取等を除く)が良い、という方には貴金属やブランド品がオススメです。
また、一回限りであれば「新幹線の回数券」も換金率が高く、チケットショップに持ち込めばその場で現金を受け取ることもできます。
換金率で見ると貴金属は70~80%(2024/2/20相場は18金1gあたりで7,980円、喜平ネックレスの価格は10gで108,000円ほど(換金率約73.8%))、ブランド品は人気商品で80%前後、新幹線のチケットは最大で90%(2024/2/20時点・名古屋-浜松間)となっています。

電子ギフト券は個人売買が実質不可

前述した通り、大手金券ショップでは電子ギフト券の買取に対応しておりませんので、不要なAmazonギフト券やAppleギフトカードは「個人売買(ヤフーオークションやメルカリなど)」で売却する方法が一般的でした。
しかしながら、同プラットフォームを利用したクレジットカード現金化(例えば現金を出品するなど)が社会問題となり、現在では現金はもちろん金券類の出品が禁止されています。

そのため、電子ギフト券はセルフ換金が実質不可となっており、セルフ換金をお考えであれば電子ギフト券以外の商品を選ぶ必要があります。

セルフ換金の場合、原則としてリサイクルショップや質店、チケット屋等への持ち込みが必要となるため、スピード面は大きく下がってしまう。
Amazonギフト券やAppleギフトカードをインターネットで購入→買取業者に依頼の方が圧倒的に速いだろう!

クレジットカード現金化最速?

プロによるスピード比較のジャッジ

振込までの所要時間を単純に比較するならば「キャッシュバック方式のクレジットカード現金化」が最速ではないでしょうか。
多少の手間やリスクはもちろんありますが「Amazonギフト券を購入する」という手間を省略できるのは大きなメリットです。

また、スピードを重視するのであれば買取方式は避けた方が良いでしょう。
なぜならば、買取方式の場合は品物の授受が原則であり、クレジットカード現金化業者によっては2日~1週間もの時間を要することがあるためです。
なお、前述したクレジットカード現金化業者はスピードに定評があり、換金率も申し分ありませんので、是非チェックしてみてください。

スピードに優れたアマギフ買取業者
サカナ倶楽部
サカナ倶楽部のトップページ

サカナ倶楽部は「24時間・365日営業」「振込手数料無料」「最短30分振込」等の特長を持つ優良Amazonギフト券買取サービスです。
高換金率・対応している銀行が多いというだけでなく、業界では珍しい「WEB+実店舗(店舗は新宿駅から徒歩2分ほど)」にて運営しており、お急ぎであれば直接足を運んで買い取ってもらうという選択肢もあります。
運営会社はアマギフ業界屈指の老舗企業なので、安全性が高く、コンプライアンスが徹底されているという点も大きな魅力ではないでしょうか。

サカナ倶楽部の詳細

換金率で選びたいのか、それともスピード重視で探しているのか、状況に応じて使い分ける形が良いだろう!

5分で振込本当か検証

実際にクレジットカード現金化業者を利用し、どのくらいの時間で振込がなされるのかを検証してみました。
利用するクレジットカード現金化業者は前述した「リリーフ」です。

まずは申し込み
クレジットカード現金化業者のTOP画像

まずはファーストビュー画像の真下にある「電話番号」または「WEB申込み」をクリックします。
なお、公式サイトの中盤で「換金率表」が掲載されておりますので、予め確認しておくと大体の振込金額がイメージできます。

必要事項を送信
クレジットカード現金化業者の申込みフォーム

バナーをクリックしますと「申込みフォーム」が開きますので、氏名や必要金額などの情報を記入し送信してください。
記入する内容は「クレジットカードを保有しているかどうか」「クレジットカードの名義」「利用回数」「氏名」「電話番号」「メールアドレス」「融資でない旨の確認」「希望金額」「希望の連絡時間帯」などです。
今回は希望の連絡時間帯を「いつでも」を選択しました。

業者側からの連絡

申し込みが完了して5分ほどで業者からの確認連絡が入りました。
主な確認事項は「利用の意思」「決済金額」の2点で、電話自体は1分ほど。
電話を切った後に本人確認書類をメールで送信し、一連の手続は完了です。

振込
クレジットカード現金化業者からの入金

電話を切って数分後に残高を確認したところ、たしかに10万円の入金がありました。
今回は必要金額を10万円にしたため、逆算して決済金額を割り出したようです。(実際の決済金額は11万円ほど)
決済金額ベースでの利用ももちろん可能ですので、残りのショッピング枠に不安がある場合は「ショッピング枠5万円分」などを伝えると良いでしょう。

実際の振込スピードは10分弱でしたが、2回目以降は本人確認が無くなるため、5分以内の振込も可能かもしれません。
スピードと手続の簡単さで選ぶならクレジットカード現金化業者の利用の方が良さそうです。

リリーフの詳細はこちら

クレジットカード現金化危険?

はてなマークが書かれた紙を持つビジネスマン

2022年6月にクレジットカード現金化業者が摘発されたという報道がなされました。
そのため「クレジットカード現金化=危険」という認識を持つ方も多いのですが、摘発されるのはあくまでも業者側であり、利用者側が捕まる心配はありません。
しかしながら、何度もお伝えしている通りクレジットカード会社は「現金化行為」を禁止しているため、利用停止・強制解約等の恐れは十分に考えられます。

もちろん業者側でクレジットカード会社にバレないための対策は講じておりますが、悪徳業者や違法業者が摘発された際に「利用履歴を調査されてバレる」という可能性も否定できません。

個人情報の悪用(怪しい業者から頻繁に営業が来るようになってしまった等)も多く報告されておりますので、ご利用の際は必ず「リスクを事前に把握する」「優良業者を利用する」ようにしてください。(危険性をさらに詳しく知りたい方は「クレジットカード現金化のリスク」もご確認ください。)

利用者側が捕まるということはないが、クレジットカード会社との規約違反になるため、強制退会・一括返済などの処分を受ける恐れがある!
あらかじめクレジットカード現金化のリスクを知り、無理な利用は避けるように努めよう。