圧倒的なブランド力

お金に困っている男のアイコン4

ギフトカードなど換金率が高い商品券類で現金化をしたいと考えているのですが・・・。種類が多くてどれを選べばよいか迷ってしまいます。買取してもらうなら、どのギフトカードが1番おすすめか教えて下さい!

金券ショップの元店長のアイコン1

近年ではAppleギフトカードやニンテンドーカードも換金率が高い傾向にあるが、やはりおすすめは圧倒的なブランド力のAmazonギフト券だ!

Amazonギフト券のブランド力

「アマゾンで注文しといて」
「アマゾンで売ってるんじゃない?」
家庭や職場でこんな会話、すっかり聞き慣れていませんか?

今では我々の生活に浸透し、もはや欠かせない存在となったAmazon。
通りを歩いていてゴミ集積場の前を通れば必ずと言っていいほどアマゾンの段ボールを見かけます。

アマゾンの登場は日本において「通販」という枠にとどまらず「買い物」の文化・価値観を一変させました。
特に注文した翌日には当たり前のように商品が届き、速ければ当日にも届いてしまう迅速な宅配サービスには当時驚きでした。
膨大な配達量による運送会社の人手不足は社会問題にもなり、物流に対しての意識にも変化をもたらしたと言われています。

絶対的な需要

換金率の水準値

大手コンサルティング企業が行っているWebブランド調査でも、Amazonは常に1~3位の上位にランクインしており、企業活動も高く評価されているブランドです。
そのブランドが発行するギフト券ですので、当然多くの需要があり商品価値が暴落する恐れもありません。
需要が高いということは、すなわち買取金額も高くなります。

「金券ショップとの違い」の方でも触れましたが、Amazonギフト券の買い取りにはリスクも伴います。
しかし、アマギフ買取専門業者にとって取り扱うことがリスク以上に大きなメリットとなっている所以は、こうしたアマゾンの持つブランド力による部分が大きいと言えます。

Amazonギフト券以外にも電子商品券はありますが、どれもイマイチ活発ではありません。
換金率もアマギフに比べだいぶ下回る数値が水準となっています。

自社のブランド力を高めるために使う例も

Amazonでは通常のAmazonギフト券の他に、法人向けAmazonギフト券を取り扱っています。
契約を締結し法人担当者から購入すると、一度に大量のカードを購入できたり、Amazonのロゴを使用できたりするのが特徴です。
使い道としては以下のような例があげられます。

  • 自社の販促品としての利用
  • 社員へのインセンティブとしての利用

これにより自社ブランドの認知度をアップさせる・経営状態が良好であることをアピールできるなど、多くのメリットが生まれます。
Amazonの認知度や価値が高くないと成り立たないビジネスであり、圧倒的なブランド力の裏付けともいえるでしょう。

現金化ユーザーにとっても安定素材

電卓と現金の写真

Amazonのブランド力は、買取業者側だけでなく、現金化目的で選ぶユーザーにとってもメリットとなっているでしょう。
Amazonは日本のみならず世界的に有名な企業であり、顧客情報の保護に力を入れていることや、サービスの質の高さなどによって安全性が保たれています。
したがって、よくわからない会社やマイナーなブランドの商品券よりも、購入時におけるセキュリティが確保されているAmazonのギフト券のほうが信頼できるのは間違いありません。

現金化目的で商品券を購入したものの、どこにも買い取ってもらえなかったら何の意味もありません。
「安全に購入できて、確実に売れる」
この圧倒的な信頼感もアマギフ現金化が選ばれている理由のひとつなのです。

Amazonギフト券の価値

プレゼント向けのアマゾンギフト券

Amazonギフト券は使い道が非常に幅広いのもブランド価値を高めている要因の一つです。
まず当然のことながら、Amazon公式通販サイトでの支払いに利用することができます。
Amazonの商品数の膨大さから考えると分かるように、この時点でほぼすべての日用品が購入できてしまいます。
それだけでなく、「Amazonプライムビデオ」や電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」などAmazonのサービスの購入に使えたり、Amazonpay加盟店での支払いに利用できたりもします。

ほとんどの人が使っているもしくは使った経験があるであろうAmazonの商品券ですので、プレゼントで貰って喜ばない方は少ないのではないでしょうか。
自分の好きな商品を選べるので物を貰うより正直嬉しいという声が多く、贈る側としてもプレゼントを色々と考えることなく喜んでもらえるため、まさに現代のギフト用途にうってつけと言える使いやすい商品券です。
このように、Amazonギフトカードは利用方法が数知れず、非常に汎用性の高い商品だと言えます。

なお、Amazonギフト券の有効期限は最大10年(2017年4月24日以降に発行したAmazonギフト券の場合)となっていますので、活用せずに紙切れにしてしまうなんてことは少ないと思いますが、もし不要の場合は現金化してしまうのも有効手段でしょう。

他ブランドと比較

Amazonギフト券以外にも電子商品券はありますが、基本的にはアマギフを下回る換金率が水準となっていました。
そんな中、近年になってAmazonギフト券の換金率を上回る電子ギフト券が現れました。
それは「Appleギフトカード」です。

この理由として、

  • Apple製品の需要が急上昇し、相対的にAmazonギフト券の換金率が下がった
  • Amazonギフト券の需要と供給のバランスが一時的に崩れた

などが上げられます。

しかし、当ページで解説してきた通りAmazonのブランド価値は依然として揺るぎなく、今後の動向によっては再度逆転していくことも大いに考えられます。
Amazonギフト券は多くの人にとって利用価値のある商品券であり、そのブランド価値は今後しばらくは不動のものであり続けるでしょう。

金券ショップの元店長のアイコン5

換金率は日々変化しており、今後どう変わるかは誰にも分からない!
業界の動向に注目しながら一番自分に合ったギフトカードを現金化するのが賢い方法といえるだろう。