どんな人が使っているのか

お金に困っている男のアイコン5

アマギフ買取やクレジットカード現金化を利用する人って、どの年齢層が1番多いのでしょうか?

金券ショップの元店長のアイコン4

双方とも、20~60代までさまざまな年代の人が利用している印象だ。
ついでに、どのような目的で利用しているのかも紹介しよう!

「クレジットカード現金化」と「Amazonギフト券買取サービス」という似て非なる現金化方法
実際のところどんな方々に使われているのか、両者の利用者層に焦点をあてて調査してみました。

金券ショップの店長をやっていた頃、実はアマギフ事業参入を模索しており、この利用者層(ターゲットユーザー)の精査も欠かすことのできない項目でした。
大まかな事項にまとめたものでありますが、ご利用を検討されている方にもご参考になるはずです。

クレカ現金化のユーザーの傾向

クレジットカード現金化のイメージ写真
1店舗型の広告を見て

クレカ現金化はインターネットが普及する以前から実店舗で行われていた古くからある現金化手段です。
現在でも実店舗型が多く、みなさんも街角で看板や広告を目にしたことがあるのではないでしょうか?

220万円以上の高額利用が多い

クレジットカード現金化では、比較的20~50万円の高額利用者が多くなっています。
10万円以下の少額ですと換金率が下がってしまったり、クレジットカードさえ持っていれば大金が手に入ると錯覚してしまうことなどが理由であると言われています。

また、業者側からしても高額利用の方が利益の旨味があるため、電話確認の際に「今なら30万円以上のご利用で換金率がUPするキャンペーンを実施しています」などといった誘いもよくあります。

3消費者金融の審査に通らない人

消費者金融をはじめ「借金」をするには審査を通過しなくてはなりません。
この審査に通らなかった人が、無審査の現金調達手段としてよく利用するのがクレカ現金化です。

審査のない違法高利貸しの「闇金」に手を出してしまうという最悪のパターンに陥るのもこうしたキッカケが多いのですが、クレジットカード現金化業者もその実態は闇金業者であるケースが非常に増えており、逮捕者がでるなど問題視されています。

4緊急でお金が必要な人

クレジットカード現金化サービスのアピールポイントのひとつが「スピード」です。
「10分で即時振り込みます」などと広告で謳っている業者が多いため、藁をもすがる思いで利用する人も。
しかし、特記できるほどの迅速性ではありませんし、リスクもあります。詳しくは「スピード比較」の記事をご覧ください。

緊急性が高い場合は焦っているあまりに判断力が鈍り、非常に不利な低換金率であっても利用してしまうケースが多いです。
どのような事態であっても一度冷静になり、一番最適な方法を見つけることが大切です。

5お金の管理にルーズ

すべての方に当てはまるわけではありませんが、お金や生活の計画・管理がルーズなタイプの方が多い傾向にあるようです。
換金率やその後の返済計画にしっかりと向き合っていれば、確かにクレジットカード現金化サービスを利用することはないでしょう。

しかし、自覚をし注意を払っていても「電話で確認した金額と、振り込まれた金額が全く違かった」といった詐欺行為も多いので、自分は大丈夫だと過信することは禁物です。

6年齢層は幅広い

利用者の年齢は20~60代あたりが中心という、とても幅広い層となっています。
昔から存在するサービスということもあり高齢者の利用もあるようです。

アマギフ買取の利用者

Amazonギフト券と現金
1ネット完結型で選ぶ

クレジットカード現金化とは違ってほぼ全ての利用者がネットからの利用となっています。
実店舗ではなくWEBサイトがメインとなっており、金券ショップや質屋でも取り扱いをしていないため当然と言えば当然でしょう。

21万円前後からの利用が多い

Amazonギフト券買取は1万円ほどの少額での利用者が多いことが特徴です。
クレカ現金化とは逆で、一般利用での50万クラスの買取依頼は少なくなっています。
ただし9,999円以下の場合、換金率が一段低く設定されているケースが多いですので、あまりに少額の場合は、買い増しするなどしてまとめて売った方が有利な場合があります。

3使わないギフト券の処分で

プレゼントや懸賞でもらったものの使っていないアマゾンギフト券を処分する目的で利用されています。
たとえ戴き物とは言え、使わないまま使用期限を過ぎてゴミにしてしまうよりは全然良いでしょう。

4緊急でお金が必要な人

クレジットカード現金化の利用者とも重なる部分がありますが、アマギフ買取業者の場合はクレカ現金化のようにスピードを過度に宣伝していないこともあり、若干カラーが異なるようです。

Amazonギフト券買取サービスも即日現金化が可能であるため、換金率やリスク面での損得計算をした上で選んでいる人が多い傾向です。
しかし、アマギフ業者の中にも悪質業者は存在します。
いずれにせよ、冷静になり慎重にサービスを選ぶように心がけましょう。

5用心深いタイプ

Amazonギフト券買取が選ばれている理由のひとつに「安全性」があります。
クレジットカードの解約や闇金行為などの詐欺被害といった、クレカ現金化にあるリスクに抵抗のある方々にアマギフ買取が選ばれています。

また、「借金がバレたくない」という理由で選んでいる利用者も多いです。
家族にバレることを防ぐ目的だけでなく、たとえば将来住宅ローンを組む予定のある方が“念には念を”とのことで、クレヒスに記録が残る借金をせず安全に現金調達を行えるAmazonギフト券買取を選ぶというケースも増えています。

6年齢は若者に多い

関係者にお聞ききしましたところ、20~40代の利用者が多いとのことです。オンラインサービスであるため納得ができるデータと言えます。
しかしネットユーザー高齢化しており、今やご年配の方でもスマホを使いこなしている方は珍しくありません。サービスの普及とともに、この数字にも変化があるかもしれません。

プロが下す結論!

利用者比較をプロがジャッジ

純粋に利用者層の傾向比較ですので、どちらが優れているかをジャッジするテーマではありませんが、Amazonギフト券買取の利用者の方が「安全性」や「換金率」にこだわっている人が多いという印象です。

一方のクレジットカード現金化は「高額利用」や「緊急事態」での利用が割合としては多くなっています。
また、クレカ現金化の利用者は九州地方と南関東地区に多いと言う興味深いデータもあります。
これには、この地区に昔から実店舗が比較的多かったという背景もあるようです。

金券ショップの元店長のアイコン2

あくまで当サイトが行った取材活動でのデータとなるので絶対とは言い切れない。
だが、頷ける部分が多いことも事実だろう。