リボ払いに潜む甘い罠-多重債務の入り口となる危険なシステム

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

クレジットカードのリボ払い-その危険な仕組み

リボ払いは一度の支払い額を抑えられるという点で魅力的な支払い方法に見えますが、使い方を間違えると借金地獄に繋がる落とし穴へとなりかねません。

リボ払いには危険な落とし穴が潜んでる

蜘蛛の巣

現金で買うよりもクレジットカードを使う方が良いのは明白です。
クレジットカードであればポイントとして還元されるので、金銭的にお得なのです。

それならばと、買い物をすべてクレジットカードで行う人も居るでしょう。そんな時に出て来る危険な落とし穴がリボ払いなのです。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードでは一括払いか分割払いが選択出来ます。
一括払いの場合は、翌月に商品の全額が引き落とされることになります。この際、引き落としの手数料は発生しません。
では、分割払いだとどうでしょうか?

分割払いだと、選択した回数で割った金額が毎月引き落とされますが、実はほんの少し手数料が上乗せされています。
これは一時的にとは言え、借金をしていることに対する利子なのです。

リボ払いとは?

預金通帳とクレジットカード

まずリボ払いの仕組みですが、これはクレジットカードで支払いをした金額に関係なく、毎月固定の金額を返済するものです。
例えば、10万円の商品をクレジットカードで購入し、リボ払いを選択したとしましょう。
そして、リボ払いの設定が毎月1万円の返済であれば、翌月に引き落とされるのは1万円だけなのです。
毎月1万円ずつの返済なので負担が少なく、余裕を持って返済出来るでしょう。

さらに、追加で20万の商品を買っても、毎月の返済金額は1万円のままなのです。
購入した合計金額がどれだけ大きくなろうと、毎月の返済金額は固定です。
これならば、我慢していたものがたくさん買える、そう思うかもしれません。
ですが、そのような浮かれた気持ちを持っているとリボ払いの落とし穴にはまってしまいます。

リボ払いで毎月支払うお金には、まず利息分が充当されます。
そのため、固定で少ない支払いをしている限り元金がなかなか減らず、結果として多額の利息を支払い続けることになるのです。

キャッシングリボ払い

封筒に入った大量のお札

数万円~数十万円の借入をしても、最低返済代金が月々数千円からの支払いで利用できるリボ払い。キャッシング業界全体が近年は最低千円~2千円程度の手軽な返済方式が流行しています。
クレジットカードのリボ払いは、いくら利用しても毎月の支払額が1万円などに固定できます。

月々の負担が少ないと、これなら借りてもいいと感じるかもしれないですが、返済金額が少ない事は長期分割になり利息が膨らみやすいデメリットがあります。

月々数千円だからと、繰り上げ返済を怠って放置しておくと、借入金額に対して数倍の利息が発生している事があるので注意しましょう。

ネットキャッシングの手軽さ

消費者金融が店頭窓口が主流の時代は、借金をしようとしても、窓口の前で思いとどまって引き返すというケースも多数ありました。
しかし、現在はネットキャッシングや電話対応など来店不要で借入できるサービスが主流になっています。
クレジットカードのキャッシングの場合、手続き不要でいつでもATMから気軽に借入ができます。

こうした手軽さから、冷静に考えずその場の勢いでキャッシングを利用してしまう特徴があります。

少額融資が可能

パソコンの前で人差し指を立てる女性

キャッシングの最低利用額は数千円~1万円程度の設定が多く、ちょっとした資金調達でも手軽に利用できます。
借入金額が少なければ利息も少なく、早期完済のハードルも低いです。

しかし、「少しだけ」という軽い気持ちで利用すると、その後少しずつエスカレートして高額の借入に発展してしまうケースが多いようです。
ちょっとした気の緩みや考えの甘さが、気が付くと借金地獄へとつながるケースは非常に多いです。
借金をしやすい人の思考パターンや特徴をまとめたので、そちらで当てはまる項目がないかをチェックしておきましょう。

借金をする人の思考パターン