クレジットカード払いにすることでお得なメリットがたくさんあります。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

クレジットカードの作り方と上手な使い方

クレジットカードはもはや生活の必須アイテムとも言える存在です。様々なものの支払いだけでなく、知らないと損をするメリットが多く秘められています。

得しかないカード決済の恩恵

クレジットカードで買い物を支払うイラスト

現金で買い物をしている人は、支払いの度にをしています。
一昔前であれば現金で買い物するのが当然でした。
ですが、現代にはクレジットカードという利便性の高いものが存在しています。
クレジットカードを使うことには、支払いの手間を省くだけでなく様々なメリットがあります。

支払いが購入金額以上の価値を生む

現金で1万円の買い物をしても、それ以上の価値は生み出しません。
それに対してクレジットカード決済にはほとんどの場合、ポイントが付与されるため、購入価格以上の価値が手に入るのです。
クレジットカードを持っていない人は、出来るだけ早く作って利用するようにしましょう。

クレジットカードは誰もが簡単に作成することが出来ます。
一番ポピュラーな作成方法は、インターネットで申し込む方法です。
大手のクレジットカードであれば、確実にインターネットで申し込みが可能となっています。
24時間好きな時に申し込みが出来ますし、オンライン限定のキャンペーンがあることもあります。
入力する項目も簡単なプロフィールや口座番号なので、迷う心配はありません。

水道光熱費をカード払いで

クレジットカードで支払うべきものとして、まずは水道光熱費が挙げられます。
水道料金や電気代は、定期的に必ず支払わなければならないものです。
払い忘れを避けるためにも、クレジットカードを登録して自動引き落としにしておくのが良いでしょう。

また、ある程度まとまった額の支払いとなるため、ポイントも貯まりやすいという点も良いです。
仮にポイント還元率が2%だったとした場合、年間で10万の支払いをしたのなら、2000円が手元に戻って来る計算になります。
たったそれだけかと思うかもしれませんが、現金で支払いをしていたらそもそも手に入らないお金です。

光熱費以外にも、スマホ料金やインターネット回線の支払いもクレジットカード払いにしておくのに最適です。
毎月支払いが発生するものは、すべてクレジットカードで支払う設定にしておくのがベストでしょう。
国民年金もクレジットカードに対応しているので、積極的に利用してみてください。

日常的な買い物もカード払い

スーパーで買い物をするOL

日常的な買い物でも同様です。コンビニであろうとスーパーであろうと、大抵はクレジットカードが使用できます。
上記の支払いをすべてクレジットカードで行ったらどうなるでしょうか?
年間の支払いは光熱費も軽く上回り、100万円を超えることもあるでしょう。

現金であれば何も手元に残りませんが、クレジットカードならこの支払がポイント還元の対象となります。

他にもあるキャッシュレス決済のメリット

どうやってカードを作るの??

一般的なクレジットカードを作成する流れは、とてもシンプルで分かりやすいです。
インターネットからカードの申請を行い、後は審査の結果を待つだけです。
審査は早ければ数時間、遅くても数日の内に完了するのでかなり早いです。

そして、審査に見事合格すればクレジットカードが郵送であなたの元へ届くでしょう。
簡易書留で届くので誤送されたり、紛失したりするリスクはありません。

カードを作れない場合もある…

クレジットカードを作れず落ち込む女性

ちなみに、クレジットカードの審査に落ちてしまうことも少なからずあります。
現在進行形で借金をしていたり、数年以内に債務整理を行った場合、信用情報に傷が付いてブラックリストに登録されている可能性があります。
その場合はクレジットカードを新規で作るのが難しいでしょう。

郵送店頭でも申し込みができます

他の方法だと申込書を書いて郵送でクレジットカードを手に入れる手段もあります。
ですが、この方法に特筆するべきメリットは何もないので、インターネットを利用する方が良いでしょう。

また、店頭キャンペーンなどでカードを作成することも可能です。
この方法の場合は入会特典や限定サービスを受けられるかもしれないので、作る気持ちがあるなら店頭サービスの誘いに乗るのも悪くないでしょう。

このようにクレジットカードを作るのはとても簡単です。
情報社会を生きる現代人なのですから、クレジットカードの一枚や二枚を所持しておきたいものです。

クレカは短期間に何枚まで作れる?

6枚のクレジットカード

クレジットカードの新規発行申し込みをした時点で、申込者の情報が信用情報機関に登録され、他のカード会社とも共有されます。
この兼ね合いから、短期間で複数のカード申し込みをした際に審査に落ちるケースが出てきます。

しかし、現金化の活用などを目的に、短期間にたくさんカードを作りたい人もいるものです。
クレカを短期間に複数枚申込ためのポイントを紹介します。

キャッシング機能付与次第

クレジットカードは使われれば使われるほど、カード会社は儲かる仕組みになっています。
したがって、キャッシングとは違い緩い審査でどんどんカード発行した方がカード会社としても都合がよい面もあるのです。
そのため、同じカード会社でも2~3枚同時に申込をして全て審査に通してくれる事例も多数あります。

カードによってポイントの貯まりやすいサービスや付帯サービスも違うので、利用するサービスごとに複数枚のカードを使い分けている人も多いです。
借入の場合は複数社に同時申込したり、他社で借入残高のある状態で審査を受けるのは不利になりますが、クレジットカードは利用履歴に問題さえなければ、カードの発行枚数や同時申込に与える影響は少ないです。

ただし、キャッシング枠については利用有無を問わず貸金業法の総量規制にひっかかるためシビアに捉えられます。
総量規制は年収に見合わない高額な借入を防ぐため、フリーキャッシングなど消費者金融・信販会社の行う無担保ローンを対象に年収の3分の1を超える借入を制限する法律です。

キャッシング機能をつけることによって、その分審査が厳しくなる傾向にあるため、複数枚のクレジットカードを新規発行したい場合には、キャッシング機能をつけないことが一つのポイントとなります。