WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

診療報酬債権ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット

病院などの診療報酬を売却するファクタリングを「診療報酬債権ファクタリング」と言います。3社間ファクタリングに該当しますが、取引相手が地方公共団体といった信頼性の高い組織になるため、手数料が安く済ませることが可能です。また、デメリットも少ないため、多くのクリニックなどでも利用されています。ここでは診療報酬債権ファクタリングについてより詳しく紹介します。

診療報酬の債権を利用したファクタリングとは?

診療報酬債権とは?

診療報酬債権とは、病院やクリニック、介護施設などが患者のレセプト(診療報酬明細書)をもとに医療費負担分を請求する売掛金です。一般的には診療費の3割が自己負担額となるため、残りの7割を社保・国保に請求することとなります。

病院等が診療報酬を受け取るまでの期間

病院等が社保・国保に請求する診療報酬は、月末に請求金額を計算して翌月の10日までに請求を行います。請求された金額は一度審査をするため、約2ヵ月後に入金となるケースが一般的です。このようにすぐには受け取れないため、場合によっては資金繰りが悪化しやすい医療機関もあります。

診療報酬債権ファクタリングが利用できる人

診療報酬債権ファクタリングが利用できる人は、以下に該当する個人事業者や法人(医療法人など)となります。

①病院やクリニックを経営する事業者
②老人介護施設等の介護サービスを行う事業者
③薬局などを経営する事業者

診療報酬債権ファクタリングの仕組み

診療報酬債権ファクタリングは、審査を待たずに診療報酬債権が現金化できる方法です。ここでは通常の診療報酬と診療報酬債権ファクタリングを利用した場合の流れについて紹介します。

通常の診療報酬を受け取る流れ

通常の診療報酬を受け取る流れ

①診療を行い患者から自己負担分(通常3割)を受け取る
②月末に公費負担分(通常7割)の請求を社保・国保に行う
③社保・国保はレセプトをもとに審査を行う
④請求から2ヵ月後に社保・国保から入金される

診療報酬債権ファクタリングの場合

診療報酬債権ファクタリングの場合

①診療を行い患者から自己負担分(通常3割)を受け取る
②月末に公費負担分(通常7割)の請求を社保・国保に行う
③医療機関等からファクタリング会社に診療報酬債権の買い取りを依頼(債権譲渡契約)
④ファクタリング会社から社保・国保に債権譲渡通知
⑤ファクタリング会社から医療機関等に診療報酬債権の7~8割の支払い
⑥社保・国保はレセプトにもとづいて審査を行う
⑦請求から2ヵ月後に社保・国保からファクタリング会社に入金される
⑧社保・国保から診療報酬債権の全額がファクタリング会社に入金された場合は、ファクタリング会社から医療機関等に残額が支払われる

診療報酬債権ファクタリングのメリット

診療報酬債権ファクタリングは、一般的な3社間ファクタリングと異なり貸倒れのリスクが少なく、利用者にも多くのメリットがあります。ここでは主なメリットを4つ紹介します。

診療報酬債権の早期現金化

診療報酬債権ファクタリングでは、早期の現金化が可能です。一般的な債権の回収は、1ヵ月周期の場合がほとんどですが、診療報酬債権は診療から最低でも2ヵ月、最大で3ヵ月後の入金となります。そのためファクタリングとの相性が良く、スピーディーに資金繰りを改善することができます。

債権譲渡通知のリスクがない

一般的な3社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社から取引先に債権譲渡通知が行われます。そのためファクタリングを利用する際は、今後の取引の影響を考慮する必要があります。しかし診療報酬債権ファクタリングで通知される対象は、社保や国保といった公的な機関となるため、債権譲渡通知が行われても事業に影響がありません。

買取額が高い(手数料が安い)

ファクタリング会社へ支払いを行う社保や国保は公的な機関のため、基本的に倒産といった貸倒れのリスクがありません。ファクタリング会社では確実に診療報酬を回収することができるため、通常の3社間ファクタリングと比べて手数料が安くなる傾向です。また信頼性も高いため、審査にも通りやすくなります。

返済する必要がない

買取型ファクタリングサービスに共通するメリットとして、入金された資金の返済が必要ない点があげられます。そのため負債を抱え込むといったケースになりにくく、財務状況も健全化されます。

診療報酬債権ファクタリングのデメリット

診療報酬債権ファクタリングはメリットの多いファクタリングサービスですが、デメリットも存在します。もし利用を検討しているのであれば、メリットと併せて確認しておくことが大切です。

診療報酬債権の全額が受け取れるわけではない

ファクタリング会社は貸倒れリスクを考慮して債権の7~8割を買い取ります。基本的には貸倒れリスクがないため、一般的な買取型ファクタリングより高く設定されていますが、社保・国保でレセプトの審査が通らないことも考えられるため、債権の全額を買い取ることはありません。

継続して利用してしまうリスク

診療報酬債権ファクタリングは、診療報酬の前借金となります。そのため、一度利用すると事業の資金繰りは楽になりますが、翌月以降の資金繰りには計上されません。もし継続して利用するのであれば、根本的な資金繰りの解決にはならないことは覚えておいてください。

取り扱い会社が少ない

診療報酬債権ファクタリングを取り扱うファクタリング会社は、診療報酬のルールなど医療事務の知識が必要不可欠です。そのため、診療報酬債権ファクタリングを取り扱う会社は決して多くはありません。アクセルファクターでは、診療報酬債権などの医療系の債権も幅広く取り扱っておりますので、気になる方はぜひご相談ください。

資金調達BANK アクセルファクター