WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

【一括ファクタリング】金融機関が行うファクタリング

売上債権を証明する書面には、約束手形や為替手形などの「手形」が昔から利用されてきました。一括ファクタリングは、この手形取引をファクタリング形式にしたものです。ここでは、一括ファクタリングについて紹介します。

一括ファクタリングの解説

一括ファクタリングとは

一括ファクタリング

一括ファクタリングは、売上債権を早期現金化できるファクタリングサービスです。一般的な3社ファクタリングと同様の仕組みですが、民間のファクタリング会社ではなく主に銀行(または銀行の関連会社)が行います。

また、3社間ファクタリングでは利用者(売上債権を保有している者)が主体となってファクタリング会社へ申し込みなどを行いますが、一括ファクタリングでは取引先(売上債権先)が主体となって銀行と提携して行うことが特徴です。

一括ファクタリングの特徴

一括ファクタリングは、それまで銀行が行っていた売上債権の決済方法である「手形取引」を発展させた取引です。手形取引には、手形によって代金の支払いが行われた場合、支払期日より前に現金化できる「割引手形」があります。しかし割引手形を利用した資金調達には、手続きや管理といったいくつかのデメリットがあるため、そのデメリットを解決した方法が一括ファクタリングとなります。

手形との違い

手形を利用した取引では、発行手続きや管理といった事務手続きが発生します。また、手形の金額に応じた収入印紙の支払いも必要です。しかし一括ファクタリングであれば、特別な事務手続きは必要なく、収入印紙の費用も不要です。

割引手形と違い回収不能リスクがない

手形を割り引いた場合に不渡りが起きる(何らかの理由で決済できない)と、銀行は手形を割り引いた者(割引依頼人)に手形の買戻しを求めます。これを銀行の買戻請求権(リコース)といい、免れる方法はありません。

しかし一括ファクタリングを利用すると不渡り(回収不能)が起きても、銀行が利用者へ回収不能額を請求することはありません。これは利用者が既に銀行へ債権譲渡していることが理由です。ただし、銀行によっては買戻請求権(リコース)を設定している銀行もあるので、事前に契約を確認しておくことが重要です。

一括ファクタリングのメリットとデメリット

従来の手形取引よりも手軽に利用できる一括ファクタリングですが、売掛先や利用者(債券保有会社)に対してメリットやデメリットがあります。

売掛先のメリット

ここでは売掛先のメリットを紹介します。利用者のメリットとは異なる点もあるため、確認してみてください。

コストが安く手続きが簡易

通常の手形と比べて取引に必要な収入印紙代の負担が必要ないため、結果的にコストを下げて利用することができます。そのため新たに導入しやすいことも特徴です。

ステータスになる

一括ファクタリングでは、債権の回収不能になると銀行側が損失を負うことになります。そのため、一括ファクタリングでは銀行から十分な信用を得ている会社でなければ利用することができません。このことから一括ファクタリングが利用できる会社は、信頼を得ているステータスとなり、取引先からも信用を得ることができます。

売掛先のデメリット

売掛先のデメリットは支払期日が手形取引よりも短く設定されることです。手形の場合は支払期日を5か月~6か月に設定することも可能ですが、一括ファクタリングではそれよりも短い日数で期日が設定されます。

利用者のメリット

ここでは利用者側のメリットを紹介します。もし利用を考えているのであれば、双方のメリットを把握したうえで検討してみてはいかがでしょうか。

早期の資金調達が可能

一括ファクタリングの仕組みは一般的な3社間ファクタリングと同様です。そのため利用者は売上債権を支払期日前に現金化することができます。

事務の効率化

手続きや管理が必要ないため、事務の効率化が図れます。ほかにも手形の割引では、支払期日に入金の確認が必要ですが、一括ファクタリングではこのような手続きが必要ありません。

一括割引と個別割引が選択できる

一括ファクタリングでは、売上債権の全額を現金化する「一括割引」と売上債権の一部を現金化する「個別割引」を選択することができます。また必要となる資金に応じて利用することが可能です。

利用者のデメリット

ここでは利用者側のデメリットについて紹介します。詳細な内容は以下の通りです。

簡単に利用することができない

一括ファクタリングは、取引先(売上債権先)が主体となって行う取引のため、利用者が一括ファクタリングを行いたいと思っていても、取引先が一括ファクタリングを利用してなければ行うことができません。加えて銀行からの信用が必要になるため、ほかの方法と比べて簡単に行うことが難しい傾向です。

一括ファクタリングは「でんさいファクタリング」に

一括ファクタリングはITの発展に伴って「でんさいファクタリング」に変更されています。「でんさい」とは、売掛債権を電子化した「電子記録債権」です。基本的なルールは変わりませんが、現在ではほぼ全ての一括ファクタリングが「でんさいファクタリング」に移行しています。

「でんさいファクタリング」のメリット

でんさいファクタリングは、「でんさいネット」といわれるサービスで利用することができます。このサービスには多くの金融機関が加入しているため、利用しやすい点が特徴です。また、電子記録債権のためインターネット上で管理ができるため利便性が高いことが特徴です。そのためスマートフォンやパソコンを通じていつでも確認することができます。

資金調達BANK アクセルファクター