WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

【保証ファクタリング】売上債権に保険をかけるファクタリング

保証ファクタリングとは通常のファクタリングとは異なり、取引先の倒産などによる回収不能リスクに備える保険のような仕組みです。ここでは、保証ファクタリングの仕組みについて紹介します。

保証ファクタリングの解説

保証ファクタリングとは

保証ファクタリングは、売上債権を決済期日前に買取る通常のファクタリングと異なり、売上債権に保険をかけて未回収リスクを回避するファクタリングサービスです。そのため会社が売掛金などの売上債権を適正な期間で回収ができないケースや連鎖倒産を未然に防ぐ目的でも利用されます。

保証ファクタリングの契約方法

保証ファクタリングの流れ

保証ファクタリング契約は、利用会社(債権保有会社)とファクタリング会社の2社間の契約で行う方法が一般的です。具体的な契約の手順は以下の流れとなります。

①商品・サービスの提供・②売掛金による支払い

商品の販売やサービスの提供により売掛金(売上債権)が発生します。保証ファクタリングでは売掛金(売上債権)が保証の対象です。

③売掛金の保証を依頼

売掛先の財務状況が不安な場合は、利用会社(売掛債権保有会社)がファクタリング会社へ保証ファクタリングの依頼をします。その際に売掛先のリストや売掛金の額、保証料などの確認も行われます。

④信用調査

ファクタリング会社は利用会社の依頼内容をもとに、売掛先の信用調査・与信調査を行います。この調査は、原則的に売掛先には知らされません。ファクタリング会社の調査によって保証可能と判断されると、保証できる売掛金の額や保証料が利用会社に通知されます。その際に支払う保証料は、売掛先から問題なく売掛金が支払われた場合であっても返金されることはありません。

もし取引先が倒産したら?

保証ファクタリングを利用した売掛金の売掛先が倒産した場合は、ファクタリング会社が売掛先に代わって売掛金の支払いを利用会社に行います。保証ファクタリングによる具体的な倒産の定義は、以下のような手続きが発生した場合です。

①破産手続の開始
②会社更生手続の開始
③特別清算手続開始
④民事再生手続開始の申立て
⑤手形や小切手の不渡り
⑥上記以外の法的倒産手続きが開始された場合

保証ファクタリングのメリットとデメリット

保証ファクタリングには、一般的なファクタリングと比べて以下のようなメリットとデメリットがあげられます。

保証ファクタリングのメリット

ここでは保証ファクタリングのメリットを紹介します。具体的な内容は以下の通りです。

取引先の倒産に備えることができる

保証ファクタリングを行う上で大きなメリットは、売掛金が確実に回収できることです。取引先の倒産によって売掛金の回収ができないケースを踏まえて、保険的に利用することもできます。

信用調査ができる

ファクタリングの性質上、ファクタリング会社は事前に売掛先の信用調査を行います。そのため、自社で信用調査を行うことが難しい場合の重要な判断材料となります。もし保証料が安価であった場合は、売掛先の財務状況が安全といえますが、引き受けを断られた場合は、あまり良くない財務状況だと判断できるでしょう。

売掛先に知られずに利用できる

場合によっては保証ファクタリングの利用が売掛先に知られると、今後の取引に支障をきたす可能性があります。しかしファクタリング会社は、売掛先に知らせずに信用調査を行うため、売掛先の影響を気にせずに利用が可能です。

保証料が助成金の対象になることもある

建設業では売掛金の支払い期間が長期になることから、元請の資金繰りが悪化した際に連鎖倒産が発生するリスクがあります。そのため国土交通省では建設業の保証料の助成を行っています。今後利用するケースでもこの助成金の対象となるため、場合によっては保証料を安く済ませることができます。

保証ファクタリングのデメリット

保証ファクタリングにはメリットだけでなくデメリットも存在します。もし利用を検討しているのであれば、併せて確認してみてください。

保証料が発生する

保証ファクタリングの利用には保証料が必要です。保証料の金額はケースによって異なりますが、利益を圧迫することは避けられません。また利益率があまりにも低い取引の場合は、保証料の支払いによって利益がなくなる可能性もあります。

利用制限される場合がある

ファクタリング会社による信用調査の結果によっては、保証を引き受けてもらえない場合があります。また少額の売上債権も、場合によっては利用できないケースがあるため注意が必要です。

効果的な利用方法

保証ファクタリングを利用する際は、どのような状況で利用すると効果的なのでしょうか。ここでは、保証ファクタリングの効果的な利用方法を紹介します。

主となる売掛先が少ない

多数の企業と取引をしている場合であれば、1社の売掛金が回収不能になったとしても、他の取引先によって事業を継続させていくことができます。しかし取引先が少ない場合は、1社でも回収不能になってしまうと、連鎖倒産のリスクが高くなります。そのため売掛先が少ないケースや取引に不安があれば、保証ファクタリングを検討するタイミングです。

売掛金の回収期間が長い

売掛金の回収期間が長くなるほど売掛金が貸倒れを起こす可能性が高まります。回収期間が前回の取引と比べて長期化している場合は、貸倒れのリスクを疑って保証ファクタリングの利用を検討すると安心です。

建設業を営んでいる場合

建設業を営んでいるのであれば、国土交通省が実施している「下請債権保全支援事業」によって、保証料を助成してもらえる場合があります。助成が受け取るためにはいくつかの規定があるため、あらかじめ確認しておきましょう。

資金調達BANK アクセルファクター