WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから

アクセルファクターなら低コストファクタリングで即日解決

ファクタリングの手数料は、債権の性質や支払時期、売掛先の経営状況によって変動します。悪質なファクタリング会社の場合足元を見た手数料を取られてしまう可能性がありますので、変動の理由や根拠を予め知っておきましょう。

ファクタリングのコスト

ファクタリングの手数料について

ファクタリングの手数料は、ご利用企業様の状況や売掛債権の性質、ファクタリングの方法、ファクタリング会社が定める基本手数料等によって異なります。
アクセルファクターでは主に以下の3点を確認させて頂き、ファクタリング手数料を決定しております。

①貸倒リスクの程度(債権の優良性) ②ファクタリングの方法 ③お取引先との取引期間

貸倒リスクとは

貸倒リスクとは、売掛債権が御社のお取引先より支払われないリスクです。
つまり“不良債権化”してしまう可能性を指し、リスクが高ければ高い程、買取額が低くなってしまいます。
貸倒リスクの度合いにつきましては、お取引の期間やお取引先の経営状況を総合的に勘案し、判断させて頂いております。
仮にお取引先が数期連続で赤字を計上している、税金又は健康保険料・年金等の滞納がある、といった事情が確認された場合、黒字経営のお会社様と比べて買取額が低くなってしまう事がございます。

手数料が安いファクタリング方式

弊社では、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の方法をご用意しております。
当該ファクタリング方式には、売掛債権の受渡し方法に以下の通り差異があり、手数料もやや異なります。

2社間ファクタリングのお支払い

お客様がお取引先より売掛債権の金員を受領し、弊社へお引き渡し頂きます。

3社間ファクタリングのお支払い

お取引先より、直接弊社へ支払われます。

2社間ファクタリングの場合、お取引先→御社→弊社という支払い手順となりますが、3社間ファクタリングの場合お取引先から弊社へ直接お支払いを受けます。
そのため、お支払いに要する手間やコストを省略でき、手数料を安く抑える事が可能です。

お取引先から入金がなされない場合

2社間ファクタリングの手数料が高くなってしまう理由として、お取引先が倒産してしまうリスクが挙げられます。
つまり、売掛債権が御社へ支払われず、弊社へのお支払いも出来なくなってしまう状態です。
この場合、弊社ではお客様への請求を行わない“ノンリコース(償還請求権無し)”で対応させて頂いておりますので、保障が厚いというメリットがある反面で手数料はやや上がってしまいます。

お取引先との取引期間

例えば、卸売業を営んでいるお会社様の場合、発注の度に都度売買契約を締結するのではなく、基本契約を締結し、発注書等で個別に対応している事が一般的です。
このケースですと、お取引先と長期期間のお取引があると考えられますので、貸倒損失となる危険性が少なく、債権の優良性は高くなります。
したがって、弊社ではお取引先とお付き合いが長ければ長いほど、ファクタリング手数料を優遇させて頂きます。

基本手数料にも差がある

ファクタリング手数料は法律に定められたものでは無く、あくまでファクタリング会社の裁量によって決定されます。
悪質なファクタリング会社の場合多額の手数料を設定している場合がございますので、「高すぎる」「おかしい」と少しでも感じましたらすぐに取引を中止して下さい。

アクセルファクターが支持される理由

アクセルファクターでは“何故取引ごとに手数料が変動するのか”をしっかりとご説明し、ご納得頂いた上でお取引を進めさせて頂きます。
また、内訳や手数料算定の根拠等をしっかりと明示致している点は他ファクタリング会社には無い強みであると言え、低手数料ながら透明性の高いお取引が可能であると自負しております。
ご相談は無料でございますので、是非アクセルファクターのファクタリング手数料及びサービスを他社と見比べてみて下さい。