WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから

ファクタリング方式により異なるメリット

アクセルファクターでは2社間ファクタリング及び3社間ファクタリングのいずれにも対応しています。両者の違いやメリット、マッチする利用シーン等について解説致します。

ファクタリングの仕組み・方式

ファクタリング契約

ファクタリングは、売上として既に計上はしているが、支払い時期が未だ到来していない債権(売掛金)を早期に現金化するサービスです。
大手銀行でも取り扱っているサービスではありますが、支払い手数料が非常に高額である上に審査が厳しく、時間も掛かってしまう事から、民間企業によるファクタリングが一般的となっています。

2社間・3社間の違いとは

ファクタリングには大きく分けて「2社間ファクタリング」と呼ばれる方式のものと、「3社間ファクタリング」と呼ばれる方式の2種類があります。

2社間ファクタリングの仕組み
アクセルファクターの2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、売掛金をお引き取りになった際、お取引先へ債権を譲渡した旨の通知又は承諾を伴わないファクタリングです。
お取引先は債権が譲渡された事を知らないため、売掛代金の受領までをお客様に代行して頂き、お受け取り頂きました代金を弊社に引き渡す事で完了致します。
そのため、お取引先が何かお手続きを要するという事は一切無く、債権譲渡を知られたくない若しくは余計なお手続きをさせたくない、といったケースに適しているファクタリング方法です。

3社間ファクタリングの仕組み
アクセルファクターの3社間ファクタリング

民法上の「債権譲渡」に則った方法でのファクタリングです。
弊社が御社より債権を買い取らせて頂いたのち、お取引先に対して“債権が譲渡された旨の通知”又は“承諾を得る”という手続きを行います。
債権回収も弊社の権限と責任を持って行うので、買取代金のお支払い後にお客様の方で行うお手続きはございません。

“取引先に知られてしまう”という点が大きなデメリットと言える当該ファクタリング方式でございますが、2社間ファクタリングに比べて未回収となり得るリスクが減るため、買取代金が高い(手数料が安い)というメリットがございます。
例えば、診療報酬や介護報酬といったように、国・地方公共団体・組合等に債権を有しているケースに非常に有効なファクタリングと言えます。

よくあるご質問

ファクタリングを初めて行う場合、やはり“法的根拠”“会計に及ぼす効果”等が気になる所ではないでしょうか。
アクセルファクターには以下の質問が多く寄せられておりますので、是非ご参考になさって下さい。

Q.1取引先に本当に知られないのか?
はい。2社間ファクタリングによる方式であれば通知や承諾では無く、登記を行う事によって弊社が債権を譲り受けた事が証明出来ます。したがって、弊社からお取引様へ何らかの手続きを行う事は一切無く、また、お取引様にお手続きを要して頂く事もございません。
Q.2なぜ“借入”に当たらないのか?
ファクタリングは、売掛金を売却し現金を得る資金調達方法です。売掛金は会社又は個人事業主様の“資産”に当たるため、例えるなら車や貴金属を売却するのと同様のお手続きになります。したがって、借入には当たらず、会社の負債を増加させる事はございません。
Q.3売上が減る事はないのか?
会計上、売上が発生すると同時に売掛金(又は未払金)を計上しています。ファクタリングは売上では無く“売掛金”を譲渡するので、売上になんら影響を及ぼす事はございません。
仕訳の例
摘 要 借 方 貸 方
売上時 売掛金 1,000 売上 1,000
ファクタリング時 現金 900
手数料 100
売掛金 1,000
一連のお取引が売上に影響を及ぼす事はありません。

※単位:千円

Q.4銀行融資を受けているが影響は無いのか。
ファクタリングは資産の売却に当たるため、原則として銀行が関与する事はありません。ただし、現在融資を申し込んでいる段階である場合、資産の総額が変動する事で銀行へ提出している試算表(T/B)と実態に差異が生まれる場合がございます。ファクタリング取引があった事を銀行がどのように判断するのかはケースバイケースと言えますが、申し込みの時期をずらす等の対応は念のためご検討すべきと考えます。

その他、ファクタリングのお手続きに関し気になる点がございましたら、何なりとアクセルファクターまでお問い合わせくださいませ。