WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

ファクタリングのリスク

ファクタリングは数多くのメリットがある新しい資金調達方法です。しかし、ファクタリングがもつメリットは規制が緩いことに起因している部分があり、結果として危険性を指摘する声もあります。ファクタリングは果たして安全性の高い資金調達方法なのでしょうか?
現行のファクタリングのシステムが持つ、様々なリスクについて解説します。

ファクタリングのリスク・危険性

ファクタリング会社は参入障壁が低く、許認可等もないので、脱法的な悪徳業者が後を絶ちません。

ファクタリングに潜むリスクについて考えてみましょう。ファクタリングのリスクは以下の通りです。

デフォルトリスク

過剰返金・不当返金リスク

取引先バレリスク

悪質な業者

本来起こりえない苛烈な取立

デフォルトリスク

売掛先が倒産などしてもファクタリングで債権を譲渡していれば通常回収義務はない
償還請求権付きの契約をしているとデフォルトリスク(回収義務)が発生する

「デフォルト」とはクライアント(売掛先)の倒産や合併などによって、売掛金の回収が不可能になるリスクです。

ファクタリングは売掛債権の「譲渡(売却)」ですから、本来譲渡(売却)した際に回収できないリスクもファクタリング会社に移ります。回収できなかったときの売掛金は、ファクタリング会社が負債として被ることになります。

しかし、「償還請求権付き」のファクタリング契約をしてしまうと、売掛金が回収できなかった場合にファクタリング会社への損害補償義務が生じるため、デフォルト・リスクを自社が負うことになります。

過剰返金・不当返金リスク

売掛債権に額面上の価値はない等難癖をつけて買取代金の一部を返金させられるリスク

ファクタリングは売掛債権の買い取りなので、譲渡契約が成立し資金が入金されれば、手数料以上の支払いは通常発生しません。ファクタリングの流れは以下の通りです。

ファクタリングの流れ

しかし、何らかの理由で受け取った資金の返金を要求されたり、様々な事務手数料の支払いを求められたりする可能性があります。

具体的には「あなたの売掛債権はそんな価値はなくもっと安いものだった。だから買取金額が当初より安くなる。過払い分を返金しろ」などと言われます。

こういった主張をするのは間違いなく悪徳業者ですが、取り締まる法整備がなされていないので支払ってしまう人が後を絶ちません。

取引先バレリスク

3社間ファクタリングはシステム上売掛先にバレる
バレると信用を失うリスクがある
2社間ファクタリングで売掛先に告げ口する悪徳業者も

3社間ファクタリングの場合、クライアント(売掛先)にファクタリングを行う旨の通知が行くので、自社が持つ債権を第3者に売却しようとしていることがバレます。

クライアントからすれば、取引相手が知らない会社に債権を譲渡しようとしているわけですから、信頼が損なわれる可能性があります。

「資金に困っていて倒産しそうなのか」「会社のお金を使いこんでいるのでは?」というイメージがついてしまうかもしれません。これが原因で、以後の取引について見直される可能性もあります。

また、本来第3者に知られないはずの2社間ファクタリングでも、悪意があるファクタリング会社の場合、クライアントにファクタリングの事実を伝える可能性があります。ただ、これも厳密に取り締まる法律がないので対抗するのが困難です。

取引先バレのリスクに関しては、ファクタリングのデメリットのページでも詳しく解説しています。

悪質な業者

ヤミ金業者などがファクタリング業者に偽装していることがある
法的規制が緩いためファクタリング業者登録の過程に不備が多い

ファクタリングは銀行や消費者金融と違い、事業を行うことについて免許や許可が要りません。

そのため、法律の未整備の隙間をぬって、悪徳業者が入り込む余地が大きいのです。ヤミ金融がファクタリング会社に偽装して営業していることもあるようで、こうした悪徳業者に引っかかってしまうと、不当に高額な手数料を請求されたり、著しく債権者に不利な契約に同意させられる可能性があります。

本来起こりえない苛烈な取立

悪徳業者が行っているファクタリングに引っかかると、反社会的な取立を受けることがある

ファクタリングは融資ではないため、本来取立は起きないはずです。しかし、上記のような悪徳業者によって、ファクタリングとは名ばかりの実質融資に近い契約を行ってしまった場合、苛烈な取立をされることがあります。

闇金業者などが行う示威的行動、罵声、張り込み、職場への連絡などの違法・反社会的行為が行われることもあります。ファクタリングについての法規制は緩いですが、当然上記の苛烈な取立は脅迫等に該当する犯罪行為です。

安全性のあるファクタリング業者

すべてのファクタリング業者が悪徳ではない。民法や商法を守り適切で真摯な始業を行っている業者も多く、それらを利用すればリスクは低い

上記のリスクを見ると、「ファクタリングはリスクばかりで利用するのは怖い」と思われるかもしれません。リスクの多くは、法律の未整備につけこむ悪徳業者が原因ですが、すべてのファクタリング会社が悪質なわけではありません。

民法や商法で一般原則が定められているため、それらを忠実に守っている安全性の高い業者も多数存在します。そうした業者にファクタリングを依頼すれば、今回挙げたリスクのほとんどは回避できます。

アクセルファクターは、手数料率最低2%で少額債権からファクタリングを行っており、対応を含めお客様から高くご評価いただいています。少額のファクタリング、個人事業主様や中小企業様のご相談も積極的に受け付けており、当然取立や返金要求などは一切行いません。

「興味はある、でもリスクが気になる」という方は、一度お気軽にご相談ください。

資金調達BANK アクセルファクター