WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから

医療ファクタリングとは?高額買取が可能な理由

診療報酬債権は、売掛先が国や地方公共団体であるため、非常に信頼性の高い債権です。また、相手方に譲渡が知られても特にデメリットが発生しないので3社間ファクタリングによる高額買取が可能になります。

診療報酬債権を利用したファクタリング

診療報酬債権によるファクタリング

診療報酬債権とは、所謂“レセプト請求権”と呼ばれるもので、文字通り病院やクリニック等が診察を行った際に受け取る報酬の売掛債権です。
診療報酬債権はファクタリング取引に於いて非常に有利になる債権として知られており、多くのクリニックで活用されています。効果が高い所以として、以下の理由が挙げられます。

ファクタリングが有効な理由

診療報酬は、受診した方から直接受け取る報酬の他、国や地方公共団体又は組合等(以下、「支払機関」と言います。)に対しても請求を行います。
例えば、「3割負担」と呼ばれる保険に加入している患者さんであれば、3割を本人に、残りの7割を支払機関に請求するといった流れです。
つまり、クリニックは支払機関に対して常に債権を有しているという事になり、緊急時の資金繰りとして非常にファクタリングは有効であると言えます。

買取額が高い

売掛先が国や地方公共団体又は組合等という事は、支払われない可能性が非常に低い(貸倒リスクが低い)事を意味します。
そのため、ファクタリング時の買取額が非常に高く、手数料僅か数%での買取が可能なのです。
さらに、支払機関に債権譲渡が周知された所で特にデメリットもありませんので、より手数料が低い3社間ファクタリングを利用出来るという点も大きなメリットと言えるでしょう。

介護事業の企業様にも

介護事業を行う医師

訪問介護やデイサービスを運営されている企業様にもファクタリングは多く利用されています。
これらの介護事業に関する報酬は、診療報酬と同様に専門の支払機関に対して行うため、債権の信頼性が非常に高く、低手数料でのお取引が可能です。
そのため、送迎用車両の故障やバリアフリー設備の設置といった急な対応を迫られるシーンでも、即時資金を調達する事が出来るのです。

取り扱いファクタリング会社が少ない

レセプト請求権のファクタリングは、売掛債権(診療報酬債権)がいくらあるのか、支払い時期はいつなのか、といったような請求に関する高度な医療知識とノウハウを兼ね備えている必要があります。
そのため、医療報酬債権を取り扱っているファクタリング会社は少なく、選択肢を制限されてしまうと言うデメリットがあります。

また、取り扱っているファクタリング会社が少ない事を良い事に多額の手数料を取る悪徳業者も存在しています。
アクセルファクターでは診療報酬債権・介護報酬債権といった医療系の債権も幅広く取り扱っておりますので、是非ご相談頂ければと存じます。