WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから

銀行融資との仕訳の違いとは?“見せる”会計処理を行う理由

銀行融資を受けるには、赤字で無い事に加え、各科目で一定水準を備えている必要があります。ファクタリングは貸借対照表上の負債を増やす事が無いため、見栄えの良い会計書類を作れるというメリットがあります。

ファクタリングの仕訳

ファクタリングの仕訳処理

“負債=借金”というイメージが強い日本では、負債が増える事を良く思わない方が未だに多くなっています。
しかしながら、経営に於いて借入が避けられないケースは必ずあり、企業を大きくする上で必要不可欠と言っても過言ではありません。
そのため、ファクタリングが台頭した昨今に於いても、低い金利で多額の資金調達が出来る銀行融資は多くの企業で活用されています。
銀行融資や他の資金調達を行った場合と、ファクタリングをした場合の会計処理・仕訳の違いについてまずは比べてみましょう。

銀行融資を受けた際の処理

銀行融資は、正式には“金銭消費貸借契約”と言い、文字通り銀行から金銭を借り受け、条件に沿って返済するという契約です。
なお、「消費貸借」とは給付を受けた物とは別の物を返済するという意味で、全く同じ物を返済する「賃貸借」とは区別されます。
※お札には“紙幣番号”が入っており、同一の物を用意するのは現実的に不可能であるためです。
会社にはお金が入り、借金が残りますので、以下の通りの会計処理(仕訳)がなされます。

仕訳
借 方 貸 方
現金預金 1,000 借入金 1,000

※単位:千円

貸借対照表(※資本金100万円の会社の例)
資 産 負 債
現金預金 1,000
その他資産 1,000
借入金 1,000
純資産
資本金 1,000
計 2,000 計 2,000

※単位:千円

現金(資産)が増え、借入金(負債)が発生します。

銀行融資の効果

現金を手に入れる事が出来ますので“現金預金”という資産が増加すると同時に“借入金”という負債も発生します。
そのため、資産が増えますが貸借対照表上の「負債比率」が上がってしまうというデメリットがあります。

ファクタリングの会計処理

一方、ファクタリングは借入金では無く、自社の資産である売掛債権を売却する事で資金調達する方法です。
そのため、売掛債権(売掛金)の売却、資産(現金預金)の増加として処理を行います。

仕訳
借 方 貸 方
現金預金 1,000 売掛金 1,000
手数料 50

※単位:千円

貸借対照表(※資本金100万円の会社の例)
資 産 負 債
現金預金 950
売掛金 ▲1,000
0
純資産
繰越利益剰余金 ▲50
資本金 1,000
計 950 計 950

※単位:千円

現金(資産)が増え、売掛金(資産)が発生します。

ファクタリングの効果

ファクタリングを行った場合、売却した売掛債権分の資産が減少し、受け取った金銭の分の資産が増加します。
つまり、貸借対照表上の負債は一切変動せず、負債比率に影響を及ぼさないというメリットがあります。

銀行対策として有効

ファクタリングは、手数料を支払った上で売掛債権を売却するという資金調達です。
そのため“つなぎ資金”という性質が強く、長期的な資金調達としては銀行融資に軍配が上がるのも事実です。
なお、「銀行融資を行いたいが審査に通らない…」という企業様は、銀行対策が不十分である可能性があります。

銀行は負債比率を重視

銀行融資は、赤字の場合ですと審査が非常に厳しくなり、借入を興す事で売上がどのように増加するのか、企業としてどのくらい成長するのかを記した計画書(事業計画書)を提出する必要があります。
もちろん、事業計画がしっかりと作成されていたとしても審査に通るとは限りません。
一方で、黒字経営が続いている企業であっても審査に落ちてしまうケースがあります。
この場合、貸借対照表上の“負債比率”に原因がある事が多く、黒字であっても必ずしも審査に通るとは言えないのが現状です。

ファクタリングで対策を

銀行融資を控えているため負債を増やしたくない、負担比率を上げたくない、といったケースであれば、ファクタリングによる資金繰りは最もマッチします。
前述した通り、ファクタリングによる取引は負債を増やしませんので、貸借対照表上のこれらの数値を増加させてしまうという心配がありません。
そのため、提出する会計書類の見栄えが良くなり、審査段階で優位に立てる可能性があります。
銀行融資を控えているお会社様は是非ファクタリングで対策してみてはいかがでしょうか。

業種別に見るファクタリング成功事例