ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

リバースファクタリングの仕組み&取引の違いを徹底解説

リバースファクタリングを徹底解説

積み重なった請求書

ファクタリングとは、一般的に売掛金をファクタリング会社に売却することで事業資金を調達する金融取引の総称です。
しかしながら、近年ではファクタリングの種類も増え、買取ではなく保証するタイプ(保証ファクタリングや貿易ファクタリングなど)やリバースファクタリングと呼ばれるサービスも登場し、注目を集めています。
当ページでは「リバースファクタリング」にフォーカスを当て、サービスの仕組みや概要などをご紹介してまいります。

リバースファクタリングの仕組み

リバースファクタリングの仕組図

リバースファクタリングとは、簡単にいうと保有している買掛金をファクタリング会社が替わって支払う取引であり、売掛金を持つ企業(債権者)ではなく買掛金を保有している企業(債務者)が利用するサービスという点で通常のファクタリングと大きく異なります。
一般的にファクタリングは売掛金を保有する企業が利用するサービスですが、リバースファクタリングは買掛金を利用することから、リバースという言葉がつけられています。(一般的なファクタリングをお知りになりたい場合は「ファクタリングとは」をご参考ください。)
リバースファクタリングによって買掛金の支払いに余裕が生まれ、買掛金の金額が大きくて支払いに困るとき・資金繰りに余裕が欲しいときにフィットします。

リバースファクタリングの流れ

リバースファクタリングを利用するには「買掛金があること」が前提となります。(現金取引や手形取引ではリバースファクタリングは利用できません。)
リバースファクタリングの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 取引先からの請求
  2. 請求を受けた企業からファクタリング会社に当該請求を通知
  3. ファクタリング会社が取引先に請求分を支払い
  4. 利用企業からファクタリング会社へ手数料及び請求金額分を支払う

金額や期間によって手数料が異なりますので、まずはどの程度の金額と期間を猶予したいのかを伝える必要があります。
なお、リバースファクタリングでは買掛金を保有する側(サービスを利用する企業)が審査対象ですので、通常のファクタリングとは異なり財務状況次第では審査に通らない可能性がある点に注意せねばなりません。
契約締結が終わると、ファクタリング会社は契約に定められた金額を取引先に対して支払った上、後に利用企業がファクタリング会社に対して買掛金に手数料を附して支払い、一連の流れは終了です。

メリット・デメリット

説明するビジネスパーソン

リバースファクタリングには、自社・取引先双方にメリットがあります。
まず、利用企業側の最も大きなメリットは、繰り返しお伝えしてきた通り「支払期日を伸ばせる」という点です。
相応の手数料をファクタリング会社に支払わねばなりませんが、買掛債務を複数件抱えており、どうしてもいくつか入金が追い付かない…というシーンでリバースファクタリングはパフォーマンスを発揮します。
取引先も入金遅れはできれば避けたいでしょうから、確実に支払期日までに入金がなされるリバースファクタリングは一定のメリットがあると言えます。

一方で、手数料が発生するという点はリバースファクタリングの大きなデメリットです。
手数料はファクタリング会社ごとの設定、買掛金の金額、支払期日などで決定し、さらに信用状況が芳しくなければ上乗せされる可能性もあります。
したがって、手数料が支払ってでも買掛金の支払期日を遅らせた方が良いのかを冷静に判断せねばなりません。
また、リバースファクタリングに対応している会社はまだまだ少なく、今まで使っていたファクタリング会社が同サービスに対応していない可能性もあります。

利用にはでんさいが必要

さらに、原則としてリバースファクタリングでは「でんさい」を利用します。
でんさいとは「電子記録債権」の略称で、言わば電子版の約束手形です。
発行・譲渡・現金化などが全てインターネット上で行え、取引を円滑かつスピーディーに進められるほか、二重譲渡のような不正防止にも役立ちます。
ただし、でんさいを利用するには全国銀行協会の厳しい審査をクリアせねばなりませんので、小規模事業者にとっては利用のハードルが高いと言わざるを得ません。
加えて、リバースファクタリングの利用前に対象の手形や売掛債権の電子記録を済ませておかねばなりませんので、コスト・スピード面から利用を断念する方が多くなっています。
でんさいを導入していない企業にとっては、まずは「でんさいを導入するかどうか」から検討を始める必要があるでしょう。

上手に使い分けましょう

指を立てる女性

リバースファクタリングを使えば、取引先への支払いが滞る心配がなく、取引先も入金遅れを回避することが可能です。
一方で、手数料が発生する・でんさいの導入が必要などのデメリットもあり、特段の理由がなければ通常のファクタリングを利用した方がスムーズでしょう。(ただし、売却可能な売掛金を保有している必要があります。)
また、直ぐ後に入金が予定されている場合、ほんの少しだけ待ってほしいと取引先に打診してみるというのも一つの手です。
通常のファクタリング(所謂買取ファクタリング)とリバースファクタリング、保証型のサービスなどを上手に使い分け難局を乗り切りましょう。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP