ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

公認会計士が資金調達の基礎や目的を分かりやすく解説

資金繰りの基礎・重要性をプロが徹底解説

この記事の監修者
大橋誠一先生

大橋誠一先生

(所属:大橋誠一事務所代表)

公認会計士(平成16年第二次試験合格)・税理士(平成7年合格)。
有限責任監査法人トーマツ・デロイトトーマツ税理士法人を経て、平成26年から平成29年まで、国税の裁判官ともいうべき国税不服審判所の国税審判官として民間登用され、法人税・所得税・相続税・消費税・加算税の審査請求事件の調査・審理に従事することにより、税務署長・国税局長による課税処分を取り消すか否かの判断を行った経験を有する。

事務所HP:https://www.trusty-board.jp/

会社経営では、売上や利益の管理だけでなくキャッシュフロー管理も重要です。
経営を安定・改善させたいのであれば「資金繰りとは何か」「資金調達の必要性」をしっかりと把握・確認しておきましょう。
キャッシュフローの改善を図ることによって、資金調達が本当に必要なのか、どのように経営体質を変えるべきかが見えてくるかもしれません。

資金繰りとは

経理を行う様子

資金繰りとは、一般的に自社のお金の流れを管理し、スムーズに現金を循環させること及びその方法を考えることを言います。
企業の多くは商品やサービスの提供によって利益を得ており、そのためには材料を買ったり人材を雇ったりする資金が必要ですので、当該資金の調達方法や過不足の把握・調整は大変重要です。
また、売上減少やコスト増加は財務状況を悪化させる原因の一つと言えますが、利益の金額と実際の金額増減が必ずしも一致するとは限りませんので、お金の流れ(キャッシュフロー)も必ずチェックしておきましょう。(掛け売りや手形支払いなどにより利益がすぐ資金として反映しないこともあります)
なお、一般的にはキャッシュフローに含むのはあくまでもその時点までの現金や換金性の高い資産の流れのみであり、将来入る予定の利益は含まない点にご注意ください。

黒字倒産のリスク

会社の経営をスムーズにしていくためには、これからの資金予測が欠かせません。
会社の健全性をアピールする手段としてキャッシュフローは役立ちますが、将来的な資金不足の予測や対策、先々の事業への投資には役立たないケースも多く見られます。
しかしながら、キャッシュフローの悪化は黒字倒産を招く可能性があり、資金・キャッシュフローの両方のバランスを踏まえて経営戦略を立てることが大切です。
なお、黒字倒産とは文字通り黒字経営なのに会社が倒産してしまうことです。

黒字倒産の概要

つまり、売上はあるのにも拘わらず、すぐに使える運転資金が不足してしまい、支払いが滞る・次の仕事を受けらないなどで倒産を余儀なくされてしまうのです。
キャッシュフローの悪化は利益の有無にかかわらず起こることがあり、有名な大企業が黒字倒産に陥るケースも決して珍しくありません。

黒字倒産の主な原因

黒字倒産の主な原因としては「すぐに現金化できない売上の増加」「支払いサイトの長期化」などが挙げられ、売上発生から支払日までが長ければ長いほどリスクが高くなります。
たとえば、手元に50万円の資金を持っている会社が100万円の掛け仕入れをし、掛け売りで200万円売り上げ、100万円の利益が発生したとします。
約束した支払い期日まで実際にお金が入ってくることはありませんので、その前に買掛金の支払い日が来たら、実際には50万円しかないため支払うことができません。(売上は200万円もあるのに支払日に現金がない状態)
つまり、手形売上や掛け売上が増えすぎてしまうと黒字倒産の可能性も上がってしまうと言えます。

資金繰りの目的

経営に関する資料

すべて現金決済であればこのような問題は生じないのですが、企業間取引において掛け取引は避けられません。
足りない資金については調達する他ありませんので、安定して会社を経営するには早急なキャッシュフロー改善と資金予測がやはり重要です。
また、資金繰り表の作成については、自社の資金予測だけではなく金融機関から借入を実施する際にも利用できますので、早急に実施するようにしましょう。(事業資金の使途がはっきりしており、倒産リスクが少ない方が金融機関との交渉で有利に働く可能性があります。)
さらに、資金繰り表の作成は将来的なお金の流れの可視化へと繋がり、融資によって経営が上向きになるのか、きちんと返済を続けられるかどうかの予測が可能です。

まずはしっかりと計画を立てる

資金が潤沢であればあるほど、経営が安定するのは言うまでもありません。
しかしながら、無尽蔵に資金を用達しても、使途が明確ではない・そもそも資金繰りが不要などで実施するのは余計なコストと手間が掛かってしまうだけです。
お金の動きを把握した上で経営計画を立案し、しっかりと調達目標を立てることが、事業資金のさらなる有効活用へと繋がります。
前述した通り、まずは資金繰り表を作成した上で、入金予測の見通しを立てる・資金不足に陥らないように管理していくことを心がけましょう。
なお、融資を受ける場合は財務状況が良好であることが条件となりますが、ファクタリングであれば利用できる可能性がありますので、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

具体的な改善策

資金繰り状況が悪化した場合、改善のための策を講じる必要があります。
一度悪化した財務状況を立て直すのは容易ではありませんが、まずは悪化の原因を突き止め入金サイクルの改善を目指すなど、段階を踏んで着実に進めていくことが大切です。
資金繰り悪化は「支払い」「入金」のいずれかに問題があることがほとんどですので、どちらの問題が大きく、どちらに改善の糸口があるのかをまずは知りましょう。
資金繰りを改善するための手法としては「売掛金の入金時期や仕入れの支払時期を見直す」「経費の支払い方法・時期の調整」「金融機関とのリスケジュール」などが代表的です。
また、税金や保険料の支払いに追われている場合は「納税猶予・延納手続」などで支払い計画を立て直す必要があるでしょう。

アクセルファクターのサポート

ほほえむビジネスパーソン

資金繰りを知ることは、会社の健全な経営を目指すための一歩です。
資金計画がしっかりと立てられている会社は、キャッシュを効率よく使用できると同時に経済活動をよりスムーズに進めることができ、反対に資金繰りが悪化している会社は売上があっても倒産リスクが高まります。
アクセルファクターでは資金繰り表作成のお手伝いをはじめ、財務改善のアドバイス、問題解決のサポートも承っておりますので、お困りであれば是非ご相談ください。
また、一時的な資金繰りの悪化・スピーディーな改善を求める場合には、ファクタリングを利用するというのも一つの選択肢です。
アクセルファクターであれば最短即日にて資金調達が可能ですので、必要に応じて是非ご活用いただければと存じます。

大橋誠一先生のコメント

資金は企業の血液といわれます。記事にも強調されていますが、たとえ黒字決算であっても、資金の供給が事業の拡大に追い付かず枯渇してしまった場合には、「黒字倒産」ということにもなりかねません。 資金繰り対策の選択肢を広げるファクタリングが持つ特徴を見極めた上で、自社にとってメリットのある方法を選択しましょう。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP