WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

金融庁が推奨!?「ABL融資」(動産・売掛金担保融資)について解説します!

融資の際、担保を設定するケースでは不動産が不可欠です。その際に自社に不動産がないからといって担保付き融資が実行できないと考える方もいるかもしれません。しかし最近では、不動産以外も担保にできる「ABL融資」というもの注目されています。ここでは、ABL融資について紹介します。

ABL融資とは

ABL融資とは

・ABL融資は通常の不動産担保ではなく動産担保、売掛債権を担保とした融資

・金融庁は中小企業資金繰り改善のためABL融資を後押ししている

ABL融資とは、通常の担保付き融資で担保として提供される不動産(土地、建物等)の代わりに、動産や売掛債権を担保として提供する資金調達方法です。動産担保融資(アセット・ベースト・レンディング)の頭文字をとって「ABL融資」と名付けられています。

この仕組みは金融庁が中小企業の資金繰り改善のため、従来の不動産融資だけではなく動産融資を活用するように各金融機関でも導入が進められています(※)。

ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的活用について(金融庁通達)
https://www.fsa.go.jp/news/24/ginkou/20130205-1/01.pdf

ABL(動産・売掛金担保融資)の対象になるもの

・ABL融資の担保となる動産は在庫や仕掛品、会社の機械など多岐にわたる

・ABL融資の担保となる売掛債権はファクタリングで譲渡できるものとほぼ同じ

ABL融資の対象は以下の通りです。これらを有している場合、取引先の金融機関や最寄りの金融機関に相談すれば、ABL融資を受けられる可能性があります。

<動産> <売掛金等>
・製品や商品の在庫
・仕掛品
・原材料
・車両、機械など
・売掛債権
・受取手形
・売掛金

ABL融資によって従来型の不動産担保融資以上に幅広いものを担保として提供できるようになりました。そのため融資で資金調達する幅が広がります。また売掛債権はファクタリングで買い取ってもらえるものとほぼ同じとなります。

不動産担保融資とABL融資の違い

不動産担保融資とABL融資の違いは以下の通りとなります。

不動産担保融資 ABL融資
・従来型の担保付き融資
・金融機関に査定などのノウハウが蓄積している
・土地や不動産を所有していなければならない
・動産は多くの企業にあるのでチャンスが大きい
・ノウハウが蓄積されておらず、審査に時間がかかる、金融機関ごとに評価が異なる可能性
・使わない動産、遊休動産の有効活用になる
・日常使っている機械等を担保にすると、返済不能⇒抵当権実行で即事業継続が不可能になる可能性も

ABL融資とファクタリングの違い

ここではABL融資の特徴を踏まえたうえで、ファクタリングとの比較を紹介します。売掛債権、売掛金をもとに資金調達できるため、どちらがいいのかメリットやデメリットと併せて知っておきましょう。

融資と売買で根本的に違う

・ABL融資は「融資」、ファクタリングは「売却」

・両者の手続きの流れは根本的に異なる

ファクタリングとABLの根本的な違いとして、ABLは売掛を担保に「融資」を受けることがあげられます。一方ファクタリングは、売掛債権を「売却」することで資金を調達する方法です。ABL融資の場合、担保付き借入を返済すれば、またその動産や売掛金を担保に新しい融資を受けることが可能です。

ファクタリングの場合は、売掛債権の譲渡になるため、資金を調達できるのはその1回となります。以降はその権利自体がファクタリング会社に移ってしまうため注意しましょう。

ファクタリングとABL融資の比較表

ファクタリングとABL融資の相違点は以下の表の通りです。

  ABL融資 ファクタリング
形式 動産や売掛金を担保にした融資 売掛金をもらう権利を売る
評価されるもの 動産、売掛債権 売掛債権のみ
審査の対象 会社、経営状態、申し込み社の信用情報 売掛金契約書、売掛先の信用情報
審査期間 長い。2~3週間 短い、最短即日
信用情報照会 あり なし
手続き 複雑 簡単
動産譲渡登記 必要 不要なものもある
金利、手数料 低い 高い
調達額 動産の価値に応じる 売掛金の額面未満

ABL融資に対するファクタリングのメリット

ここではABL融資ではなくファクタリングを使うメリットについて説明します。以下のようなケースでは、ABL融資よりもファクタリングを利用したほうがメリットが大きいでしょう。

ファクタリングは審査が緩い、やさしい
ファクタリングは最短即時現金化で迅速性がある
ファクタリングは信用情報照会がないので金融ブラックの人も利用可能

審査が緩い

ファクタリングはABL融資と比較して、審査が緩いというメリットがあります。ABL融資の場合は、通常の融資の流れに沿って、信用情報照会や会社の経営状態のチェック、決算書等から返済能力を算出して会社の社会的信用度などを総合的に審査されます。

しかしファクタリングでは、売掛債権が確実に期日に入金できれば良いため、多少経営状態に問題があっても問題ありません。

迅速性がある

ABL融資はあくまでも「融資」なので、審査にはある程度の時間がかかります。審査は決算書をもとにした資金繰り調査や経営状態の査定、信用情報照会といった多項目にわたるため、結果が出るまでに2週間~3週間かかります。そのため急な資金繰りの解消には対応できません。

一方ファクタリングの場合は、契約書と売掛金の存在さえ証明できれば、最短で即日現金化が可能です。手数料はABL融資の金利相当よりも高くなりますが、迅速性重視で資金調達したい場合は、ファクタリングのほうが有利です。

融資ではないので金融ブラックでも可能

融資を受ける際には信用情報照会が必須です。その際に「金融ブラック」に該当する場合は、融資審査に落ちることも想定されます。どの銀行から融資を申請しても、信用情報データベースは共通なので、過去に事故歴があったことは必ず発覚してしまいます。しかしファクタリングには「融資」ではないため、信用情報照会は行いません。つまり、金融ブラックの場合でも利用が可能です。

資金調達BANK アクセルファクター