WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

資金調達の方法比較

資金が必要になった場合の調達方法は借入だけではありません。ここでは資金調達の方法や手段について紹介します。それぞれ仕組みやシステムが異なるため、自身の経営状況や必要な理由に合わせた調達方法を考えてみましょう。これから借入を検討している方も参考にしてみてはいかがでしょうか。

企業の資金調達の主な方法

資金調達方法には借入や株式の発行以外にもさまざまな方法があります。ここでは主に3つの方法について紹介します。

アセット・ファイナンス:資産の信用力をもとに資金を調達する。代表例「ファクタリング」
デット・ファイナンス:お金を借りて資金を調達する。代表例「銀行からの融資」
エクイティ・ファイナンス:資本、総資産の増加を伴う方法で資金を調達する。代表例「新株の発行」

これらのメリットやデメリット、どのような人に向いているのかは以下の表にまとめています。

  メリット デメリット おすすめユーザー
アセット・ファイナンス ・資産を無駄にしない
・オフバランス化
・債務者のリスクヘッジ
・そもそも活用できる資産がなければ利用できない ・多様な資産を持っている人
・休眠資産を有効活用したい人
・心配な取引先がある人
デット・ファイナンス ・誰でも利用できる
・会社の経営に口出しされない
・金融機関と関係が深まる
・返済ができなくなるリスク
・信用情報に傷がつくリスク
・負債が増える
・経営が安定し事業計画が立つ人
・他人に頼らず自分で堅実経営をしたい人
エクイティ・ファイナンス ・返済義務がない
・資金使途が比較的自由
・株式を多数取得され、会社を乗っ取られるリスク ・起業する人
・新規事業をスタートアップする人
・ベンチャー企業

アセット・ファイナンスによる資金調達

アセット・ファイナンスは、企業が保有する資産から生み出される資金を原資とする資金調達方法です。「資産を売る」「資産をお金に変える」方法と考えるとイメージしやすいかもしれません。

アセット・ファイナンスの代表的な例として、不動産や知的財産権の売却などが挙げられます。ファクタリングを行う際も、持っている売掛債権という資産の売却にあたるため、 アセット・ファイナンスに該当します。ほかにも金融資産や知的財産権(特許や著作権)といったキャッシュフローを生む資産であれば、資金調達の扱いはアセット・ファイナンスになります。

<アセット・ファイナンスの具体例>

①不動産売却

②知的財産権(特許、商標、著作権等)売却

③独占販売権、営業権などの無形資産の売却

④ファクタリング

⑤でんさい(電子記録債権)譲渡

⑥債権回収

⑦セール&リースバック(※)

「セール&リースバック」とは。事業用の(使用する)不動産、製造設備、機械、事務機器、車両などの資産をリース会社へいったん売却し現金化します。その資産をリース契約で利用します。リース料がかかるのですが、これは経費にでき、資産を現金化することで緊急時の資金需要に対応できます。

これは質に入れて現金を受け取り、その質種をリースで使い続けるイメージです。

デッド・ファイナンスによる資金調達

デット・ファイナンスは、「借入金融」とも呼ばれるもので、「お金を借りて」行う資金調達とイメージです。銀行や消費者金融からの借入だけではなく、社債発行、私募債発行などによる資金調達もデット・ファイナンスに該当します。株式の場合は返済義務がないため、ここには該当しません。

<デット・ファイナンスの具体例>

⑧銀行融資(無担保、無保証人)

⑨自治体等の公的融資(無担保、無保証人)

⑩不動産担保融資

⑪不動産担保融資

⑫手形割引

⑬社債、私募債発行

⑭ABL(動産・売掛金担保融資)(※)

動産(在庫や機械、車両等)や売掛債権を担保に銀行から融資を受ける資金調達手法です。不動産担保融資に代わるものとして金融庁も推奨しています。売却するまで現金化できない在庫や、使わない機械、支払期日到来前の売掛債権を担保に資金調達するもので、近年注目されています。

エクイティ・ファイナンスによる資金調達

資本(総資産)の増加を伴う資金調達方法です。他者から「出資を受ける」形での資金調達になります。株式の発行、株主割り当て、第三者割当といった払込を伴う増資やクラウドファンディングもエクイティ・ファイナンスに該当します。

負債が増えない方法で返済義務もありませんが、出資者が経営に介入するケースも珍しくなく、最悪の場合は乗っ取られるリスクもあります。

<エクイティ・ファイナンスの具体例>

⑮新株発行公募

⑯IPO(新規公開株)による資金調達

⑰株主配当増資

⑱第三者配当増資

⑲クラウドファンディング

ファクタリングと他の資金調達方法の相違点

ファクタリングによる資金調達と今回紹介した調達方法では何が違うのでしょうか?ここではそれぞれの方法の違いについて紹介します。

ファクタリングと融資の違い

ファクタリングと融資では扱いが異なり、ファクタリングは「アセット・ファイナンス」、融資は「デット・ファイナンス」として扱われます。双方の大きな違いは、ファクタリングには信用情報照会がありませんが、融資には信用情報照会が義務付けられています。

信用情報照会に問題がある「金融ブラック」の人でも、売掛先の信用があればファクタリングが可能です。一方融資では申し込む人の信用や属性が重視されます。また、ファクタリングでは期日までに確実に入金されることが必須となります。

ファクタリングと手形割引の違い

手形割引は「デット・ファイナンス」扱われるため、ファクタリングの「アセット・ファイナンス」とは異なります。手形割引には長い歴史があり、法体系や判例の充実が特徴です。一方ファクタリングは比較的新しい資金調達方法となっているため、未整備の部分や悪徳業者が入り込む余地があります。

また手形割引は償還請求権がありますが、ファクタリングは償還請求権がないものも増えています。そのため倒産しそうな会社の売掛債権を先んじて売却することで回収不能リスクをヘッジが可能です。

ファクタリングと「でんさい」(電債)の違い

ファクタリングとでんさいは両方とも「アセット・ファイナンス」です。ファクタリングは売掛債権の一括の売却しますが、でんさいでは分割して譲渡することも可能です。でんさいはすべてオンライン上で実行され、実効性や確実性はファクタリングよりも有利です。しかし、売掛先も含めて「でんさいねっと」に加入しなければならないため、クライアントによっては導入が難しい場合もあります。ほかにもオンライン上で債権を売却したことが発覚されやすいといったデメリットもあります。

ファクタリングと債権回収(サービサー)の違い

ファクタリングと債権回収は両方とも「アセット・ファイナンス」です。ファクタリングは現金に換金可能な売掛債権の売却ですが、債権回収(サービサー)は不良債権も含めて貸金を回収する「借金取り」の役割を担います。

個人で契約した売掛金の未回収はサービサーの業務対象外です。サービサーは「貸金の回収」の権限を付与されていることが特徴となっており、売掛金の売買であるファクタリングとは違う構図なので注意しましょう。

資金調達BANK ファクタリングのプロ