ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

医療ファクタリングを解説

医療ファクタリングとは

人差し指を立てるクリニックスタッフ

診療によって生じた債権(診療報酬債権)や介護によって生じた債権(介護報酬債権)を利用したファクタリングのことを「医療ファクタリング」といいます。
診療報酬・介護報酬債権は、国や地方公共団体(支払機関)が債務者に当たるため、債務不履行の恐れが限りなく低く、非常に信頼性の高い債権です。
さらに、相手方に譲渡が知られてもデメリットが発生しない(今後の取引に影響が無い)ため、3社間ファクタリングによるお取引が一般的です。

当ページでは、医療ファクタリングのメリット・デメリット、仕組み等についてより詳しくご紹介してまいります。

医療ファクタリングの特徴

レセプト請求と処方された薬

日本は皆保険制度を採用しており、医療費の一部は保険が負担してくれます。
例えば3割負担の場合、医療機関は診療報酬の3割部分(自己負担部分)のみを窓口で支払ってもらい、残りの7割(保険負担部分)は保険者に対して請求します。
これを「レセプト請求」と呼び、保険負担部分が発生する事業(病院・クリニック・調剤薬局・介護保険事業者など)を営んでいる場合は原則有している売掛債権です。

冒頭でもお伝えした通り、債務者は保険者である国や地方公共団体若しくはそれに類する公益団体(支払機関)になるため、倒産や債務不履行のリスクはまず考えられません。
そのため、信頼性が非常に高く、高額での買取(低手数料)でのお取引りが可能です。

3社間ファクタリングが
一般的

3社間方式では「債務者に対する通知」又は「債務者の承諾」が必要となりますが、保険者はあくまでも保険負担分の支払いをするだけですので、債権譲渡が周知されたとしても今後の取引に影響を及ぼす心配がありません。
したがって、医療ファクタリングは3社間方式によって取引されるケースがほとんどであり、ただでさえ信頼性の高い債権であるため、手数料は限りなく低くなります。

ファクタリング会社の手数料設定や支払期日によっても異なりますが、手数料が1%前後になるケースも決して珍しくはありません。

デメリットはある?

手数料が非常に低いという特徴を持つ医療ファクタリング。
然したるデメリットもなく、該当の債権を有している事業者様であれば積極的に活用したい資金調達方法と言えるのではないでしょうか。

強いて云うのであれば「取り扱うファクタリング会社が少ない」「2社間方式に比べて入金までに時間が掛かる」「継続利用による破綻リスク」が挙げられます。
まず、医療ファクタリングは専門性の高い知識が必要になりますので、取り扱うファクタリング会社が少ないというデメリットがあります。
また、3社間方式による取引が多いため、一般的な2社間方式に比べると時間を要するケースがほとんどです。(概ね3~7日)
さらに、医療ファクタリングは、あくまでも売掛金の早期現金化ですので、反復継続した利用は更なるキャッシュ不足を招く恐れも否定できません。

どのような事業者におすすめ?

老人をサポートする介護事業スタッフ

医療ファクタリングは「病院やクリニック」「老人介護施設等の介護サービス」「調剤薬局」等の事業者様が利用できるサービスです。

診療報酬や介護報酬は、月末に請求金額を計算して翌月の10日までに請求し、請求された金額は一度審査をするため、サービス提供から2~3か月後の入金となります。
つまり、新規開業の場合は3か月ほどキャッシュ不足になりやすい状態であり、不慮のトラブルに対応できない恐れが高まります。

医療ファクタリングは非常に高額での買取が期待できる上に、過去の決算状況が審査に大きな影響を及ぼしませんので、新規開業時のつなぎ資金に特におすすめです。
銀行融資の場合、新規開業だと審査に通らない可能性があり、決済までに1か月以上を要することも珍しくありません。

介護事業を営む
企業様にもおすすめ

訪問介護やデイサービスを運営されている企業様にも、医療ファクタリングは多く利用されています。
介護事業では、送迎用車両の故障・バリアフリー設備の設置など急な対応を迫られるシーンが多く存在するためです。
医療ファクタリングというバックボーンが有ることで、経営の幅が広がり、安定性の向上にも繋がるのではないでしょうか。

なお、先般申し上げた通り、医療ファクタリングは売掛債権(診療報酬債権)がいくらあるのか、支払い時期はいつなのか等の専門知識が必要です。
そのため医療報酬債権を取り扱っているファクタリング会社が少ない上に多額の手数料を取る悪徳業者も存在しています。
医療ファクタリングをご検討の際は、信頼できるファクタリング会社なのか、専門性を兼ね備えているのかをしっかりと確認するようにしてください。

アクセルファクターでは診療報酬債権・介護報酬債権といった医療系の債権も幅広く取り扱っておりますので、是非ご相談いただければと存じます。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP