WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

ファクタリングで決算書を改善できる理由とは?

ファクタリングは、当面の運転資金確保が主な目的ですが、じつは決算書の数字の改善にも良い影響を与えます。さらに、ファクタリング実施後の経営にもプラスの効果があり、将来に明るい兆しが見えてくるかもしれません。なぜファクタリングが決算書の数字にも良い影響を与えるのでしょうか。詳しく解説します。

ファクタリングによる決算書の改善

ファクタリングのメリットといえば、売掛債権が早期に手元資金に変わることで資金の流れがよくなる点です。それに加えて、貸借対照表の無駄がそぎ落とされて、決算書がスリム化するのもポイント。決算書が改善されるのは、ファクタリングの仕訳方法と、それによる貸借対照表のオフバランス化が大きく関係しています。

貸借対照表のオフバランス化とは

貸借対照表のオフバランス化とは、何らかの方法を用いて貸借対照表上の資産・負債を消してしまうことです。ファクタリングは、貸借対照表のオフバランス化を図る手法の一つです。企業会計を健全に持っていく働きをします。

ファクタリングと借入の仕訳の違い

普通預金(資産)の増加を目的とした資金調達方法という意味では、ファクタリングも借入も同じもののように感じるかもしれません。たしかにこの2つは似ていますが、貸借対照表上は全く違う結果になります。

1.アクセルファクター(ファクタリング会社)に売掛金譲渡した仕訳

借方勘定科目 金 額 貸方勘定科目 金 額
普通預金 900,000 売掛金 1,000,000
売上債権売却損 100,000    

貸借対照表を見てみましょう。売掛金(資産)が減って、普通預金(資産)が増えました。負債側には影響がありません。

ファクタリングした場合の貸借対照表

2.金融機関で借入を行ったときの仕訳

借方勘定科目 金 額 貸方勘定科目 金 額
普通預金 992,000 借入金 1,000,000
借入金利息 8,000    

貸借対照表を見てみましょう。借入金(負債)が増えて、普通預金(資産)が増えました。

金融機関で借入をした場合の貸借対照表

貸借対照表オフバランス化の例

上記ファクタリングの仕訳で、売掛金(資産)→普通預金(資産)になっただけでは、何の効果もないように感じるかもしれません。しかし、売掛金(積極的にお金になりにくい資産)が、普通預金(使えるお金)に変わることは、見かけ以上に大きな効果をもたらします。

たとえば、ファクタリングによって増えた手元資金で、負債を減らすことができます。主に、仕入債務、滞納税金、預り金、短期・長期借入金の支払いなどです。

借入金の返済を例として図解にしました。借入金(負債)と現預金(資産)が消え、貸借対照表がグッとコンパクトになり、オフバランス化されているのがわかります。

オフバランス化した場合の貸借対照表

経営指標の数値が良くなる

ファクタリングを行った効果は、さまざまな経営指標にもプラスに表れてきます。

事業運営上、どれだけ効率的に会社の資産が使われているかを測る指標に「総資産利益率(ROA)」があります。ROAの計算式の分母は総資産です。

計算式:ROA(%)=当期純利益/総資産×100

ファクタリングを利用すると総資産が減少するので、ROAの数値が上昇します。ファクタリングは借入とは違い、負債を増加させませんでした。

また、返済の必要ない資本が資本調達のうちどれくらいの割合を占めるかを表すのが、「自己資本比率」ですが、ファクタリング→オフバランス化の流れは、他人資本を減少させるので自己資本比率が上昇します。

総資産利益率と自己資本比率の上昇も、決算書を良く見せる要素です。ファクタリングを利用することで、こうした決算書への良い効果も見込めます。

ファクタリングで決算書を改善するメリット

ファクタリングで決算書が改善することはわかりましたが、そもそも決算書が改善されることでどういったメリットがあるのでしょうか。金融機関・投資家・取引先の3つのポイントに絞って見てみましょう。

銀行融資の交渉材料

ファクタリングで良い決算書を作ることができれば、今後の銀行融資を交渉する上で強いカードになります。ファクタリングは借入ではないので、融資枠を圧迫することもありません。決算書に何も残りませんので、金融機関にファクタリング実施を知られることもありません。

投資家への交渉材料

決算書の改善は、企業価値を上げる材料にもなります。上場企業なら株価が上がり、条件の良い投資家を得ることができるでしょう。長期的な視点で見て、会社の発展につながるのは大きなメリットです。

新規取引先獲得

決算書が改善されれば、当然会社の信用力も増します。新しく取引をするか考えるときに重視するのはやはり、決算書の数字です。数字を信頼した企業から、新規取引を持ちかけられる可能性が増えるでしょう。

ファクタリングは個人事業主の青色決算書の改善にも役立つ

今回は法人中心の話をしてきましたが、個人事業主の青色決算書にも貸借対照表はあります。ファクタリングで財務体質の改善を図ることは、個人事業主にも十分メリットがあります。

個人事業主へのファクタリングは提供していない企業も多いですが、アクセルファクターなら対応可能です。確定申告に向けて青色申告決算書の改善をしたいと考えている個人事業主の方も、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

資金調達BANK アクセルファクター