WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

手形裏書の基礎知識とメリット・デメリット

ファクタリングに似た機能を果たすものに手形裏書がありますが、手形の裏書をした際の仕訳がわからないもいるかもしれません。ここでは、手形裏書の基本知識からメリット・デメリットについて紹介します。手形裏書とファクタリング、両者の違いを理解して有効に活用しましょう。

手形の裏書とは?

「手形裏書」とは、手形の受取人や所持人が手形裏面に署名捺印することです。手形の裏書によって、決済期日を待たずして資金を確保することができます。ほかにも支払に利用も可能です。ここでは具体的な利用方法や流れについては以下の通りです。

手形を期日前に利用する方法の1つ

手形を支払期日前に利用する方法に、「手形の裏書」があります。これは受け取った手形を他の取引先に渡して、自分の支払に使う方法です。

ほかにも手形を支払期日前に利用する方法として「手形割引」があります。これは金融機関に手数料を割引いて、早期に現金化してもらう方法です。

手形裏書のしくみ

手形裏書を利用する流れとして、手形の裏書人と被裏書人の間で、手形の授受についての合意が必要です。

その後手形の裏書に必要事項を記入して渡すことによって、手形の権利は裏書人から被裏書人へ移ります。手形決済までの流れは、以下の図の通りです。

手形裏書のしくみ

手形裏書の例

手形には約束手形と為替手形がありますが、ここでは一般商業取引向けの約束手形を例に紹介します。手形の表面は、以下の図のようになっており、いずれも手続きに必要な情報が記載されています。

約束手形

また手形の裏面には順番に裏書譲渡先を記入できる欄が設けられています。

約束手形裏書

その際に最初の欄は表面の名充人(表面上部に記載)と必ず一致していなければなりません。裏書の記載で必要な項目は、個人と法人で異なっているため注意してください。

法人 個人
・住所
・会社名
・代表資格
・代表者名
・住所
・屋号
・氏

ほかにも日付の記載や印鑑が必要となります。日付を記入する際は、譲渡年月日を書きますが省略も可能です。被裏書欄は、手形を譲渡する相手方を記載しますが、こちらも省略することができます。

裏書欄が足りない場合は、未記載の手形裏面のコピーを最終裏書人欄に貼り付けて使用してください。裏書に不備があると、手続きが遅れますので正しく記載しましょう。

手形裏書の不渡り

裏書譲渡した手形が「不渡り」(決済できない状態)になる可能性はゼロではありません。裏書人には、裏書譲渡後も支払について責任を負うことになるため覚えておきましょう。

余談ですが、1号不渡り(当座預金の残高不足等)を出してしまうと手形交換所に不渡り報告がされ、金融機関の信用が失墜するため注意してください。

不渡り

1度目の不渡りから6ヶ月以内に2度目の不渡りを出してしまった場合は、取引停止報告を受けることとなります。この報告を受けると2年間、銀行と当座取引・融資を受けることができません。

最終的な裏書手形(不渡り手形)の所持人は、手形裏面裏書人の誰に対してでも「遡求権」を行使して手形代金等を請求することが可能です。この遡求権は支払期日から1年で時効消滅するため、1年以内に遡求権を行使します。

所持人の請求に応じた裏書人は再遡求として扱われ、自分より前の裏書人に遡求権を行使することができます。

裏書手形のメリット

手形を裏書するメリットととして以下の要素があげられます。手数料や面倒な手続きが発生しないことから、導入にあたるハードルが低めなことも特徴です。

面倒な手続きが必要ない
支払期日前に使うことができる
手数料がかからない

裏書手形のデメリット

手形を裏書にはメリットだけでなくデメリットも存在します。もし不渡りのリスクがある場合は、慎重に議論する必要があることは覚えておくと安心です。場合によっては譲渡ができないケースもあるため、注意してください。

手形が不渡りになった際は支払義務が免れない
手形の券面額の変更ができない。一部譲渡不可
支払サイクル・相手先によっては譲渡できない

ファクタリングと手形の違い

ファクタリングと手形は使い方次第では早期の資金化が可能です。一見同じように思えますが、主な違いとして以下のポイントがあげられます。

  ファクタリング 手形
売掛金の一部の譲渡 可能 不可
即日対応 可能 不可
取引先の倒産リスク 譲渡人は責任を負わない 責任を免れない
取引先の区別 特になし 使える相手を選ぶ

裏書譲渡した手形の仕訳方法

手形を裏書したら、仕訳はどうなるのでしょうか。取れる仕訳の形態は大きく分けて3つあります。3つの違いは、手形裏書の事実を手形期日までどう表すかと言う点です。直接減額法は簡便ですが、仕訳が手形裏書の備忘機能を果たしません。

直接減額法

手形裏書譲渡日

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
買掛金 300,000 受取手形 300,000

手形期日

仕訳(会計処理)不要

評価勘定法

手形裏書譲渡日

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
買掛金 300,000 裏書手形 300,000

手形期日

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
裏書手形 300,000 受取手形 300,000

対照勘定法

手形裏書譲渡日

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
買掛金 300,000 受取手形 300,000
手形裏書義務見返 300,000 手形裏書義務 300,000

手形期日

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
手形裏書義務 300,000 手形裏書義務見返 300,000
資金調達BANK アクセルファクター