WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

ファクタリング業に免許や資格が不要な理由

ファクタリング事業を営むにあたって、資格や資格は必要とされません。

銀行や消費者金融は、銀行法や貸金業法によってさまざまな行為が規制されていますが、ファクタリングは概念自体が比較的新しいもののため、現状法整備が追い付いていないのです。

今回はファクタリング事業をするのに免許や資格が必要ない理由と、例外的に許認可が必要になるケースについて解説します。

ファクタリングに免許や資格が不要な理由

ファクタリング会社には免許や資格が不要です。

免許が必要ない理由は以下の通りです。

1 融資ではないので、銀行法や貸金業法の適用対象外となり、銀行業許可や貸金業許可が要らない。
2 ファクタリングを規制する法律がそもそも存在しない。民法や商法にはファクタリング免許の記述はない。
3 一部の「在庫商品ファクタリング」を行う業者のみ古物商許可が必要。それをしないなら古物商許可も不要。

これらについて下記で詳しく解説します。

ファクタリング業者は銀行や貸金業ではないから

銀行はそうそう許可が出るものではないので、一般的な金融業の開業であれば「貸金業登録」という免許が必要となり、金融庁の許認可が必要です。これによって貸金業(消費者金融)を開業できます。

しかし、ファクタリングはあくまでも売掛債権の(有償)譲渡契約であり、金銭を貸し借りする金銭消費貸借契約には該当しません。金銭消費貸借契(融資)ではないので、銀行や消費者金融を規制する銀行法や貸金業法に該当せず、当該法に規定された免許は必要ないのです。

ファクタリングを規制する法律がない

そもそも、ファクタリングそのものを取り締まったり、規制したりする法律は現状ありません。例えば貸金業は「貸金業法」という法律で様々な規制がなされていますが、ファクタリングに「ファクタリング法」のようなものはないのです。

ファクタリングについては、2005年前後から広がった新しい資金調達手法で、法律が現実に追い付いていないということもあります。ファクタリング業について、専門的な法律がないので、必要な免許も特に決められていません。事業に足りるお金さえあれば誰でも開業できます。

とはいえ、法律を無視して事業ができるかというとそうではなく、民法や商法の一般原則、一般条項は適用されます。信義則に従ったファクタリング契約は当然であり、権利濫用をしてはいけないのも当たり前です。

ファクタリングの多くが「古物商」にも該当しない

本やCD、ゲーム、貴金属などを買取る場合、古物商許可が必要です。リサイクルショップも古物商許可を取っています。在庫商品を現金化する「在庫商品ファクタリング」を行う業者は、古物商の許可が必要になります。

しかし、売掛債権を譲渡する一般的なファクタリングの場合、実態のないものの買取となるため、古物商許可も必要ありません。多くのファクタリング業者は「在庫商品ファクタリング」を行っていないので、古物商許可も不要なのです。

ファクタリング会社と貸金業の違い

ファクタリングと金融業、特に消費者金融との違いについてまとめました。

違いは以下の通りです。

  ファクタリング 貸金業
資金調達方法 売掛債権の売買 利息付きの融資
規制する法律 なし あり、貸金業法等
許可、登録 一部のみ古物商許可が必要 貸金業の届け出が必要
利息制限 なし(手数料を年利換算) あり(最大20%)
行政の監視 緩い 厳しい
反社会的勢力 跳梁跋扈している 許可されている業者ならない
償還請求権 基本的にない ある

ファクタリングと融資は一見似ているように見えますが、上記の通り全くの別物です。

ファクタリング会社が貸金業登録を求められる例

償還請求権がある契約の場合、実質「融資」とみなされることがあり貸金業登録が必要になる
償還請求権の関係なく貸金業登録のあるファクタリング会社のほうがリスクが低い(ヤミ金融などは登録しない)

ファクタリングと言いながら、実質的には債権の買取ではなく、売掛債権を担保にお金を渡しているケースがあります。これはファクタリングではなく「融資」とみなされることがあります。

債権譲渡担保契約付きの融資であり、この場合金融関係の法律が適用されますし、貸金業許可も必要になります。また融資に該当するので、利息制限法を超える手数料は違法になります。

実質融資のケースの場合、償還請求権付きの契約になっていて、債権譲渡担保設定契約書も一緒に取り交わすことが多いです。売掛先から回収できなかった場合、依頼主が負担することになります。ファクタリングの特徴である「ノンリコース」がこの契約にはありません。

償還請求権付きの契約をする場合、貸金業許可が必要になることが多いです。貸金業許可があれば違法ではないですが、なければヤミ金融や反社会的企業の可能性が高いので注意してください。

資金調達BANK アクセルファクター