ビル群の背景
サブページ用メインビジュアル

ファクタリングがコロナ禍の資金調達にマッチする理由とは

なぜファクタリングが
支持されるのか

新型コロナウイルスによる営業自粛

2019年の12月ごろからはじまった新型コロナウイルスの感染拡大。
多くの人々の健康・生活を脅かしているだけではなく、ビジネスにも多大なダメージを与え、現在もなお様々なシーンで影響を及ぼしています。
突如訪れた未曽有の経済危機に対し、補助金や助成金・公的融資などで事業資金を調達し、ピンチを凌いだ又は凌いでいるという方も多いのではないでしょうか。

まとまった金額の事業資金を確保するためか、融資や補助金等を活用するケースがほとんどですが、一部ではファクタリングを利用する動きが見られます。
ファクタリングは一体どのようなシーンでマッチするか、どのように活用されているのか等についてまとめました。

つなぎ資金としてフィットする

国や地方公共団体、日本政策金融公庫等からの借入(公的融資)は、金利や手数料が低い上、返済開始に猶予がある(1~2年後からスタートするなど)ため、経営の立て直すには打ってつけの資金調達方法です。

一方で、公的融資は審査が非常に厳しく、経営の安定性の証明やしっかりと練られた事業計画書を提出するなど、利用には数多くのハードルを超えねばなりませんでした。
今回のコロナ禍は過去に例を見ないほどの危機であったいうこともあり、利用のハードルを大きく下げ、比較的容易に利用することが可能となっています。
そのため、多くの企業様が活用されている資金調達方法であり、倒産や閉業の危機を免れたという企業様も多いのではないでしょうか。

しかしながら、公的融資は決済までに時間が掛かってしまうという弱点があります。(例えば「審査には通ったが決済が1か月後」というケースなどが多く見受けられます。)
ファクタリングは長期的な利用にはマッチしませんが、スピーディーかつ簡易に事業資金を用立てることが可能ですので、決済までのつなぎ資金として活用される企業様が多くなっています。

幅広い債権が活用できる

一般的なビジネスで生じた債権であれば、原則としてファクタリングに利用することが可能です。(個人的なお金の貸し借り等は不可)

さらに、2021年の民法改正によって「債権譲渡禁止特約」が廃止されました。
こちらは、大手企業との契約やクレジット会社との加盟店契約(規約)でよく見られた条項ですが、改正後は無効の扱いとなります。

クレジット債権は「クレジットカード会社に対して有する請求権(未収金)」になりますので、飲食店や小売店など、特定企業とのお付き合いが無くともファクタリングができる可能性があります。

また、アクセルファクターでは少額債権の買取や個人事業主様のご利用も承っております。
他社で断られてしまった債権であっても柔軟に対応いたしますので、まずはご相談ください。

公的融資の返済に充てる

公的融資の多くは、前述した通り返済までに一定の猶予(据置期間)が設けられています。
据置期間中は元本の返済をする必要が無い(金利のみを支払えばよい)ため、返済に追われることなく、調達した資金をフル活用した上で事業の立て直しを図ることが可能です。

据置期間には特に決まった期間は無く、公共団体・金融機関・借入条件によってまちまちですが、コロナ関連融資については1~2年に設定されているケースが多く見られます。
新型コロナウイルスの感染拡大は2019年12月ごろから始まっておりますので、コロナ関連融資の返済に追われる企業様も多いのではないでしょうか。

ファクタリングによって得た金銭を融資の返済に充てるのはおすすめできませんが、他の売上債権によって運転資金が賄えるのであれば一つの手段と考えます。

計画的にご利用ください

事業計画を確認するビジネスパーソン

好調だったにも拘わらず、新型コロナウイルスによって突如経営難に陥ってしまった企業様も相当数いらっしゃるかと存じます。
特に飲食やイベント関連、旅行関係ビジネス(旅館・ホテル・運送事業など)などを営む企業様への打撃は計り知れません。
国や地方公共団体では、補助金や助成金、公的融資を積極的に打ち出しておりますので、こちらを活用しつつこの難局を乗り切りましょう。

つなぎ資金が必要、融資が受けられなかった、即日現金が必要になってしまった等でお悩みであれば、ファクタリングのスポット利用もご検討ください。
アクセルファクターでは無料にてお見積り・ご相談を承っておりますので、ご不明点がございましたら是非お問い合わせくださいませ。

お気軽にお問い合わせください
電話アイコン 0120-077-739

受付時間平日 9:30~19:00

PAGE
TOP