WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

売掛金とは? 定義や仕訳例を図解で簡単に解説

商品やサービスを売る際は、その場で入金する以外にもいくつかの方法があります。特に高額な取引では顧客の利便性を考慮して、売掛金として取引されることは珍しくありません。

ほかにも相手の会社からすると一定の期日を「締め日」として、1か月~2か月してから支払ったほうがシステム上も楽になるため、メリットが多いのです。ここでは売掛金について詳しくお話しします。

売掛金とは

・売掛金は財やサービスの対価として現金を受け取る代わりに、後日契約した日に入金を受ける権利

・売掛金は貸借対照表上の資産として計上するが、不良債権化すると負債になる

「売掛金」とは自社が商品の販売やサービスの提供をした際に、その場ではなく後日代金を受け取る取引を指します。またこのような取引を「掛け」とも呼び、「売掛金」では、この掛け取引で発生した利益や売上を簿記帳簿等に未収分を計上する際の勘定科目を指します。

また売掛金は、取引先との継続的な取引を前提としています。通常の相手との事業活動から生じた債権の未収分が売掛金です。具体的には売却代金や請負代金、サービス料における未収分などを指します。

貸借対照表では資産の部に計上します。本来売掛金は現金として手元にはありませんが、回収予定債権として資産扱いとなるのです。しかし、回収できない場合は不良債権となるため注意してください。また売掛金の勘定科目のままではキャッシュフローが増えないことから、決算書の評価も下がってしまいます。

売掛金を図解で解説

売掛金の仕組みは以下の図の通りです。

売掛金の仕組み

売掛金の定義

売掛金と似ている勘定項目として未収入金や未収収益があります。各項目の違いや定義は以下の通りです。

売掛金 未収入金(未収金) 未収収益
取引先との通常の営業取引で生じた代金で未収のもの 営業活動の結果発生売掛金以外のもの、および営業活動以外の取引によって発生した未収のもの 一定の契約に従って継続したサービス提供している場合、サービスの提供が済んでいるのに代金が未収
材料、商品、弁護士費用、工事代、原稿料など 固定資産の売却代金、備品の売却代金 地代家賃、受取利息、賃貸料

このように売掛金は事業として財やサービスを売って、その代金を回収できていないものとなります。

売掛金と買掛金

・売掛金は後日金をもらう

・買掛金は「ツケ」で商品、サービスを買う

通常の取引では、注文→商品の授受→商品代金の回収といった流れが一般的です。その際にまだ回収していない代金が「売掛金」として扱われ、逆に商品を仕入れた場合の未払い代金のが「買掛金」となります。「買掛金」はその場で支払いを行わず、毎月、一定の日にまとめて支払いを行うことが特徴です。

お店でものを買う際は、その場で金銭のやり取りを行うものですが、業務上の取引の場合は、商品やサービスと引き換えにその場で現金を支払うケースは多くありません。

これは商品の受け渡しをしてから、後日決まった日に代金を回収する「掛取引」が商慣習となっているからです。このように売掛金は決して珍しいものではなく、商慣習上の「当たり前」なのです。

売掛金の勘定科目と仕訳

「売掛金」は資産科目であり、残高が増えたときは「借方」に、残高が減ったときは「貸方」(相手勘定)に記載します。

売掛金の仕訳例

ここでは200万円の商品を売って、売掛金として計上した際の仕訳例を紹介します。借方の勘定項目は「売掛金」、貸方の勘定項目は「売上金」として記載されます。

借方 貸方
売掛金 2,000,000 売上高 2,000,000

売掛金入金時の仕訳

翌月末時の入金日に売掛金が口座に振り込まれた際は以下のように仕分けします。単純な仕訳ですが、勘定科目が変わるため間違えないように注意してください。

借方 貸方
普通預金 2,000,000 売掛金 2,000,000

その他売掛金仕訳の例

売掛金の仕訳は、売掛金発生、期日到来、入金だけではありません。ここでは200万を売り上げた前提で事例を紹介します。

売掛金を受取手形で回収した

現金ではなく、相手が裏書した手形を現金代わりにもらうこともあります。この場合「手形」=「期日に現金をもらう権利」なので実質現金とみなされて売掛金勘定は相殺されます。

借方 貸方
受取手形 2,000,000 売掛金 2,000,000

売掛先が倒産して貸倒損失として計上した

売掛金が倒産などで回収不能になってしまったときの仕訳です。売掛金は不良債権化するため、貸倒損失として損金へ計上させます。

借方 貸方
貸倒損失 2,000,000 売掛金 2,000,000

相手方への買掛金200万円と相殺した場合

売掛先に買掛金がある場合、相殺させることもできます。その場合、先方の了解を取ったうえで相殺させます。摘要欄にその旨を書いておきましょう(「A社買掛金200万円と相殺」)。

借方 貸方
買掛金 2,000,000 売掛金 2,000,000

このように、売掛金勘定はさまざまな取引に利用できます。売掛金は「資産の部」に入る重要なものですので、回収漏れや回収不能に陥らないよう注意してください。

資金調達BANK アクセルファクター