イメージ画像

銀行融資に落ちた人が確実に資金調達できる方法

カテゴリー
ニュース

「こんなことありませんか?」

■ 急な支払いが発生して資金が足りない
■ 取引先からの入金サイクルが長くて運転資金が追いつかない
■ 創業して間もないという理由で融資を銀行から断られた
■ 業績赤字・税金滞納などで銀行からの融資が受けられない
■ 従業員の給料支払いができるか不安

【最適な資金調達の方法とは】

資金調達の方法として多数の方法がありますが、メジャーともいえる資金調達の方法としては「銀行からの融資」や「日本政策金融公庫からの融資」が上げられるでしょう。

しかし、当然のことながら融資を受けるには厳しい審査があり、明確な事業計画が必要とされ、返済能力があるかなど企業の信用力を徹底調査され、更に融資実行までに時間を要することが多くあります。

これでは事業主からすると、必要なお金を借りる為の準備に相当な労力を要し、確実にお金が借りられる保証もなく、お金が必要な時に用意ができずに死活問題となってしまう不安は大きい。

だから大事なのは
==すぐに確実に資金調達をすること!==

危機的状況にすぐに資金調達が可能な
ファクタリングをご紹介

【ファクタリングとは】

ファクタリングとは、所有している売掛債権を売却し、売却益を資金とする方法です。売掛債権は売掛金とも呼ばれ、商品を提供した際にクライアントから受け取る「代金が支払われる権利」のことを指します。

通常、売掛金(請求書)の振り込みが完了されるまで
「翌月末~翌々月末」が一般的でお金の動きが遅い期間が生じてしまいます。これでは材料代やリース代、社員の給料など当月に発生する支払いが滞ってしまいます。こうした問題を即座に解決できるのが「ファクタリング」です。

【ファクタリングのメリット】

①即日現金化が可能
申し込んだその日に売掛債権を現金化できる点は事業主にとって非常に助けとなる。銀行融資は3週間~1ヶ月ほど審査に時間が掛かる点を考えるとメリットである。

②柔軟審査
売掛債権の買い取りである為、ファクタリングの審査では、「売掛先の信用力はあるのか?」を一番重要視して審査します。ファクタリングを利用する会社の信用調査はほとんどなく、柔軟な審査を行っている。

③売掛先が倒産した場合、返金義務がない
万が一、売掛先の企業が倒産してしまった場合、ファクタリングを行った事業主は返金する義務がない。

④信用情報に影響しない
銀行融資と違って、会計上に負債が増えることはない。売掛債権が解決すると考えてよい。負債に影響がない為、貸借対照表などクリアなままだから銀行融資を受けるとなった場合でも信用力に影響はしない。

⑤売掛先にバレない
事業主としては、大事な取引先(売掛先)にファクタリングを利用する事が知られてしまった場合は、資金繰りが悪いことを知られてしまい、信用問題になりかねない。しかし、2社間ファクタリングを使えば売掛先の承諾が必要ない為、バレずに資金調達が可能。ファクタリング会社は情報厳守を徹底している。

 

【選べるファクタリングの種類】

 

【ご利用の流れ】

 

【ファクタリング業界で圧倒的な支持率の業者は】

アクセルファクター

大手資本による安心と信頼のグループ経営

アクセルファクターは、運営するグループ企業による堅牢な資本力で、中小企業のみなさまへ誠心誠意を持って対応ができ、情報セキュリティを厳守し安心と信頼のサービスを徹底しているファクタリング業者です。さまざまな業界に精通しており、事業再生・企業再建のスペシャリスト・TAM(ターンアラウンドマネジメント)の資格保持者が在籍。業界精通者がコンサルタントとして多数在籍している点でも安心してご相談できる強みがあります。

【資金調達までのスピード目安】

あなたの会社は手数料が安くなる?
アクセルファクターの簡単チェックポイント!

 

会社経営は、
資金繰りと資金調達に関する悩みが尽きないもの

まずは無料相談から!