小口ファクタリングで少額の資金調達を実施する方法

カテゴリー
ファクタリング

ファクタリングは、売掛債権の買取や保証を行うサービスですが、小口の債権でも取り扱いはできるのでしょうか?

実情を見ると、一般的に少額ファクタリングを受け付けるファクタリング会社が少ない状況です。小口ファクタリングに対する会社側の対応、どうしたら小口でもファクタリングができるか対策を紹介します。

小口ファクタリングNGの会社が多い理由

小口ファクタリングは、基本的にはあまり業者から喜ばれないものです。小口のファクタリングを避けるために、取り扱う最低金額を定める業者も少なくありません

なぜ小口ファクタリングは嫌がられるのでしょうか。ファクタリング会社側の事情と考え方を解説します。

利益が出しにくいから

小口ファクタリングが業者から嫌がられるのは、少額の売掛債権を買取しても利益が少ないためです。

ファクタリング業者は、手数料によって利益を得ていますが、その手数料は売掛債権の金額に応じて変わります。そのため、少額の売掛債権ではあまり手数料を受け取れず、利益が出しにくいのです。

小口の手数料を割高にしても、高額の売掛債権で得る利益には及ばないことも少なくありません。また、同じ一度の取引を行うなら、利益は大きい方が良いと考えられます。そのため、小口ファクタリングが嫌われるというより、大口の方が好まれるのです。

回収不能リスクが高いから

小口ファクタリングが嫌がられる理由には、その背景に隠れたリスクもあります。小口ファクタリングは、回収リスクの高さもネックとなり、業者の間ではあまり好まれません。

小口の売掛債権さえも売却を検討している企業は、切迫した資金繰りである可能性が高いと考えられます。また、小口の売掛債権の債務者も大企業より、中小企業や零細企業、個人事業主などが多い傾向です。

そのため、回収不能となるリスクの高さを嫌い、小口を扱わない業者も多いのです。また、個人事業主は債権譲渡登記を行うこともできないため、さらに個人事業主を対象外とするケースも多くなります。

>>回収不能な売掛金の仕訳

小口ファクタリングを利用できる業者とは?

小口ファクタリングを利用したい場合には、少額取引に対応している会社を探しましょう。小口ファクタリングはリスクが高いため、取り扱い業者も少なく、大口のファクタリングよりは選択の範囲が限られます。

小口専門の業者

小口ファクタリングの場合には、小口専門の業者を使う方法が考えられます。小口専門業者の金額基準ですが、500万円程度までの小口のファクタリングを専門に扱う業者もいます。

小口の特性を生かし、非対面式やスピード対応などのフットワークの良さを打ち出す業者もあるようです。電話一本でファクタリングの申込みできるスピードも強みと言えます。

また、小口専門業者は、2社間ファクタリングのみ提供している場合が多くなります。

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

小口~大口まで対応している会社

当社のように数十万円の小口から数億円の大規模案件まで、幅広い金額のファクタリングに対応している会社もあります。

一般的に、対応金額が広いファクタリング会社は会社の規模も大きく、手広くサービス展開してます。そのため、金額だけでなく取引形態も幅広い傾向です

また、長年の実績によって小口ファクタリングのノウハウにも精通していることも少なくありません。蓄積されたノウハウやシステムで、審査の柔軟さやスピード対応を強みとしています。

小口ファクタリングは業者にとってもリスクが高いため、審査の厳しさも気になる点かもしれません。当社の場合、蓄積されたノウハウによって柔軟な審査ができるため、審査が通りやすいのです。

【補足】個人向けの給料ファクタリングには要注意

 

ファクタリングサービスと呼ばれる中には、個人が自分の給料をもとに行う給料ファクタリングもあります。

給料ファクタリングは小口のファクタリングが可能なことが多いです。ただし、給与ファクタリングはそもそもファクタリングではなく融資に当たります。そのため、給料ファクタリングの業種は貸金業となり、業者は貸金業者としての登録が必要です。

しかし、給料ファクタリング業者は無登録でサービスを提供する、いわゆるヤミ金業者が少なくありません。違法のヤミ金業者は、それ以外のルールも守らず、サービス内容も悪質なことが多いため、あまり関わらないようにしましょう。

金融庁の見解でも、登録のない給料ファクタリングをヤミ金融業者として捉えています。また、実際に給料ファクタリングを行った無登録業者の摘発例もあり、違法であることは明らかです。

金融庁でも無登録の業者を利用しないようにとの注意喚起も行っており、相談窓口も設けています。

>>七福神ファクタリングの問題点

参考記事:ファクタリングに関する注意喚起

小口ファクタリングでもできる限り高額が望ましい

小口ファクタリングは、専門業者や手広くサービス展開している業者では利用可能です。ただし、小口ファクタリングでは受取額・業者の選択肢の少なさが気になる人もいるかもしれません。

ここからは、少額のファクタリングで起こるリスクと申し込みの際に行いたい対策を紹介します。

10万円程度だと受け取り額が少ない

 

小口ファクタリングでリスクを抱えるのは、ファクタリング業者だけではありません。ファクタリングでは金額が少ないと、利用者側にとっても効率的な取引がしにくい点は理解しておきましょう。

ファクタリングでは取引ごとに手数料などの諸費用が発生するため、金額が少ないほど受け取れる額の割合が小さくなる傾向があります。手数料は金額に比例しますが、登記費用は取引ごとに最低限の金額が必要なので、受取金額を大きく減らす原因となります。

たとえば、10万円の取引を行った場合、手数料率20%なら8万円が受け取れます。ところが、債権譲渡登記を行った場合には登記費用3万円もかかり、最終的には実質手数料は50%にもなります。一取引あたりが小口であるほど、債権の買取額に占める債権譲渡登記が増えてしまうのです。

このように、少額債権は、ファクタリング手数料の割合が非常に大きくなり、受け取れる金額が本来の債権の半額ほどになってしまいます。

複数の売掛金をまとめよう

ファクタリングでは、取引1件あたりに最低限かかる手数料があり、少額の売掛債権の場合には手数料の割合が高くなる恐れがあります。そのため、手数料の割合を抑えて効率的にファクタリングするには、一度に大きな金額の取引をすることが必要です。

1つあたりの売掛金が少ない場合には、複数の売掛金を組み合わせてまとまった額にするのも有効となります。一つ一つの債権は少額でも、複数件でまとまった金額にすると、ファクタリング費用の割合を抑えることができるでしょう。

>>売掛金の基礎知識

アクセルファクターは小口ファクタリングにも対応

小口ファクタリングの会社選びで迷っているならぜひ当社をご検討ください。

最短即日入金のスピーディーな対応で、30万円から1億円までの幅広い金額へ対応できます。また、扱うファクタリングサービスは2社間と医療ファクタリング、個人事業主も対応可能です。

また、申込みは電話かネットでも行えるため、忙しい経営者にも快適に利用できます。必要書類もメールやファックスで完結します。書類提出後、最短で1時間程度で審査を終えて、ファクタリングの可否が分かります。

他社に小口ファクタリングを断られてしまった事業者様もお気軽にご相談ください。

>>建設業の小口ファクタリングの事例