リバースファクタリングとは?仕組みとメリット・デメリットを徹底解説

カテゴリー
ファクタリング

ファクタリングとは資金調達の一種で、通常は売掛金をファクタリング業者に売却することで資金を調達するスキームです。

ファクタリングの仕組み自体は簡単ですが、その形式によって違いがあります。
今回はファクタリングの一種であるリバースファクタリングについてまとめました。

リバースファクタリングとは?

リバースはもともと、「逆」、「反対」といった意味を持つ言葉です。ではリバースファクタリング、逆のファクタリングとはどのような意味があるのでしょうか。

リバースファクタリングの仕組み

リバースファクタリングの流れ

リバースファクタリングは、保有している買掛金の支払いを自社に代わってファクタリング業者に代行してもらう取引です。

つまり、売掛金を持つ企業ではなく、買掛金を保有している企業が利用します。

売掛金を保有する企業が資金調達に使うファクタリングと違い、リバースファクタリングは買掛金がある企業が利用することから、リバース(逆)という言葉がつけられました。

リバースファクタリングを使うことによって、企業は買掛金の支払いに余裕が生まれます。買掛金の金額が大きくて支払いに困るときや、資金繰りに余裕が欲しいときにリバースファクタリングが使われています。

通常のファクタリングの仕組みは以下のページで説明します。

リバースファクタリングの流れ

リバースファクタリングを行うための前提として掛取引が必要です。現金取引や手形取引ではリバースファクタリングを使うことができません。

<リバースファクタリングの流れ>

・外注先が企業に納品・請求書を発行
・買掛金が発生した企業がファクタリング業者に請求書を提出
・ファクタリング業者が外注先に支払う
・企業は通常の支払日にファクタリング業者へ費用を支払う

初めに買掛金が発生した企業が、リバースファクタリングをファクタリング業者に申し込みます。

どの程度の買掛金額を猶予したいのか、支払い期日をどれだけ遅らせたいのかを伝えて申し込みましょう。

リバースファクタリングでは買掛金を保有する側が審査対象です。返済能力の有無などを審査されて、与信情報に問題がなければ契約のステップに進みます。

契約時には買掛金のうちどれだけ買い取ってもらうのか、いつ支払うのか等を決定します。

企業のキャッシュフローにもかかわることなので、他の取引との関係も考えながら決定します。手数料率等の必要事項を決めて正式に契約を結びます。

契約に定められた期日に、ファクタリング業者は取引先に売掛金を支払います。

その後に買掛金を保有していた側が、ファクタリング業者に買掛金に契約した手数料をプラスした額を支払って終わりです。

リバースファクタリングの会計処理

リバースファクタリングの場合の支払先は取引先ではなくファクタリング業者です。

決められた期日までにお金を支払うことで買掛金が消滅します。買掛金消滅と手数料支払いの会計処理をおこないます。

リバースファクタリングの仕訳は以下の通りです。

借方

貸方

買掛金

支払手数料

当座預金

支払い方法によっては当座預金が現金になる場合もあります。

リバースファクタリングのメリット・デメリット

リバースファクタリングは活用シーンによっては、自社も取引先にも大きなメリットがあります。

リバースファクタリングを活用するメリットとデメリットについてまとめました。

リバースファクタリングのメリット

リバースファクタリングのメリットは、買掛金を保有する自社と売掛債権を保有している取引先(下請け先)双方に大きなメリットがあり、それぞれのメリットに分けて説明します。

買掛金を保有する側のメリット

買掛金を保有する側のメリットは、リバースファクタリングなら自社に代わってファクタリング業者が支払いをしてくれる点です。

後から支払った買掛債務と手数料をファクタリング業者に支払うことになりますが、ファクタリング業者を使うことで支払い期日を遅らせることができます。

多くの企業は複数の企業と取引をしていて、買掛債務を複数件抱えているはずです。そんなときでもリバースファクタリングを活用することによって、他の期日が早い買掛金の支払いを優先することができます。

また買掛債務の支払い遅れや、現金払いの延期は取引先である下請け会社への負担が大きくなります。そのため、下請法に抵触するリスクも考えなければいけません。

リバースファクタリングを活用することで、取引先は期日までにお金を受け取ることができ、支払う企業もリスクなく支払いを遅らせることができます。

売掛金を保有する取引先のメリット

リバースファクタリングを活用することは、売掛債権を持つ取引先にとっても大きなメリットがあります。

支払いの間にファクタリング業者を介することになるため、実際の支払期日よりも早期に支払いを受けることが可能です。

その取引先が別の企業との取引で支払いを抱えていることもあります。

リバースファクタリングを使って売掛金を早期に現金化することによって資金繰りに余裕が生まれ、別の支払いや投資資金に資金を使うことができるのです。

リバースファクタリングのデメリット

リバースファクタリングを利用するデメリットは、買掛金を保有する側に手数料が発生する点です。

ファクタリングの手数料はファクタリング業者ごとの手数料率で決定し、ファクタリング業者に返済するときに買掛金額に手数料をプラスした額を支払うことになります。

そのため、買掛金の支払いを遅らせるメリットと手数料を比較してリバースファクタリングを使うかどうか判断しなくてはいけません。

また、リバースファクタリングに対応している会社はまだまだ少なく、今まで使っていたファクタリング業者がリバースファクタリングに対応していない可能性もあります。

リバースファクタリングを希望される際は、まずは扱っているかどうかの確認と手数料率、対応可能な金額等の内容を比較検討して選ぶようにしましょう。

リバースファクタリングとでんさいの導入

ファクタリングに関連する言葉として「でんさい」という単語を聞いたことがあるでしょうか。「でんさい」とは「電子記録債権」(電債)のことで、手形や売掛金のような金銭債権の一種を言います。

でんさいは紙の手形や振込に代わって売掛の発生、譲渡などを電子化して記録することができる決済手段です。でんさいを使うことで債権を電子化できるため、二重譲渡のような不正を防ぐことができます。

ただし、でんさいを使うには全国銀行協会が設立した「でんさいネット」に、手形や売掛債権を電子記録しなければいけません。さらにリバースファクタリングを利用するにはでんさいの導入が必要です。

でんさいを導入することで、利便性も高く安全に取引を行えるものの、導入までに手間や利用料金がかかります。

まだでんさいを導入していない企業にとっては、導入コストや利用料金を考えてからリバースファクタリングを検討することになるでしょう。

まとめ

リバースファクタリングを使うことで下請け企業、孫請け企業は売掛債権を早期に現金化できます。

また買掛金を保有する発注側の企業も支払いを遅くして資金繰りの悪化を防ぐこともできるでしょう。

良い商品やサービスを提供する企業も資金繰りが悪化すれば倒産してしまうことがあります。リバースファクタリングを使えば、有望な取引先のキャッシュフロー悪化を防ぐことも可能です。

リバースファクタリングは提供しているファクタリング業者が限られていますが、資金繰りの改善には役立つ手法なので、知っておいて損はありませんよ。