ファクタリング七福神の訴訟から見る給料ファクタリングの危険性

カテゴリー
ファクタリング

この記事の監修者

渡邉祐介先生

所属:ワールド法律会計事務所

 渡邉祐介

千葉県浦安市生まれ。
大学卒業後、システムエンジニアとしてIT企業に勤務。都市銀行、電力会社、自動車メーカー等を顧客とするシステム開発プロジェクトに関わる。

その後、弁護士に転身し、都内法律事務所での勤務を経て、2019年1月にワールド法律会計事務所を開設。
相続、不動産案件、中小企業顧問を中心に、一般民事まで幅広くリーガルサービスを展開。

2020年6月に通知税理士登録。

事務所HP:https://world-lao.com/qualified-persons/

新しい資金調達の方法として注目されるファクタリングですが、悪質な業者によってさまざまな事件に発展するケースも珍しくありません。 こ […]

監修者からのコメント

渡邉祐介

渡邉祐介先生

一般にファクタリングの仕組み自体は広く活用されている資金調達法ですが、「給与ファクタリング」については、これまで数多くの取立て被害などが問題視されてきていましたが、裁判所により、実質は「貸付け」でヤミ金であるという判断がされ、ついに逮捕者も出ました。利用は控えるようにしましょう。