ファクタリングによるオフバランス化とは?

カテゴリー
ファクタリング

企業経営と切っても切り離せないのが、貸借対照表です。

企業の財政状態を資産と負債、資本を対照表示している貸借対照表は、株主や銀行といった会社の関係者も注目しています。

ファクタリングには単純に資金調達するだけでなく、オフバランス化によって貸借対照表を改善する効果もあり、その方法を紹介します

オフバランス化とは?

ファクタリングを利用するメリットとして、オフバランス化が挙げられることがありますが、「オフバランス化」といわれてもピンとこない人もいるでしょう。

オフバランスの「オフ」は「消す」という意味、「バランス」は「バランスシート(貸借対照表)」を指します。

つまりオフバランス化とは、貸借対照表から資産と負債の項目を消す行為を指します。

項目を消すといっても、ただ削除するわけではありません。企業会計原則の基づいた適切な方法でおこないます。

オフバランス化は、項目を減らして貸借対照表を軽くすることが主な目的です。それによって得られるメリットについては後述します。

ファクタリングでオフバランス化が可能な理由

オフバランスの方法にはいろいろありますが、ファクタリングも方法の一つです。

ファクタリングでは売掛債権を売却して現金を受け取るので、会計上では売掛金が少なくなって現金や預金が増えることになります。

つまり売掛金の項目を貸借対照表から消すことができ、さらに増えた現預金を使って借入金を返済することで貸借対照表のスリム化につながります。

貸借対照表のオフバランス化

なおオフバランス化という点で、ファクタリングは融資よりも優れた資金調達方法です。融資を受けた場合には、現金が増えますが、その代わりに負債として借入金が計上されてしまいます。

有利子負債は、財務体質を健全性を測るために使われる指標です。

有利子負債があるということは、定期的に返済しなければいけない、損金が計上されるとみなされるため、投資家や銀行は有利子負債が少ないほど健全性が高いとみなすのです。

簡単に言えば、融資を多く受けていると、貸借対照表の印象が悪くなるということです。

その点、ファクタリングは売掛金を売却する取引のため負債が増えず、健全な貸借対象法を維持できます。

ファクタリングによるオフバランス化のメリット

ファクタリングを使ったオフバランス化のメリットは、財務体質だけでなく企業の経営にも影響を与えます。どのようなメリットがあるのか紹介します。

ROA(総資産利益率)が上がる

ファクタリングによるオフバランス化の影響がすぐに出るのがROA(純資産利益率)です。

ROAはどれだけ効率的な経営をしているかを測る指標で、利益を資産で割って計算します。

数値が高い方が効率的な経営ができている、ということを示します。

計算式:ROA(%)=当期純利益/総資産×100

 

計算上ROAの数値を高くするには、資産を少なくすることがポイントです。融資とファクタリングそれぞれで資金調達した場合のROAを見てみましょう。

<計算条件>

・売掛金500万円
・利益余剰金500万円
・手数料等は考慮しない
・100万円資金調達する(普通預金へ入金)
・当期純利益は100万円

 

融資の場合

資産 負債
売掛金
普通預金
500万円
100万円
借入金 100万円
  【総資産】
  利益余剰金 500万円
合計(総資産額) 600万円 合計 600万円

ROA:100万円÷600万円×100=16.67%

 

ファクタリングの場合

資産 負債
売掛金
普通預金
400万円
100万円
 
  【総資産】
  利益余剰金 500万円
合計(総資産額) 500万円 合計 500万円

ROA:100万円÷500万円×100=20.00%

融資の場合、負債である借入金と資産である現金が両方増えていますが、ファクタリングは総資産額が変わらないままなので、ROAが融資よりも高くなりました。

このように、ファクタリングはROAを高く維持できる資金調達方法です。

自己資本比率が高くなる

ファクタリングで自己資本比率を改善することも可能です。

自己資本比率は、返済不要の自己資本が総資本のうちどれだけあるかを示す指標で、会社の財務健全性を判断することができます。

一般的には、自己資本比率が低い会社は、他人資本が多く外部からの影響が大きい、不安定な会社と判断されてしまいます。

例えば、銀行からの融資の場合は他人資本であるため、自己資本比率が下がってしまいます。

ROAでも触れたとおり、ファクタリングは負債を増やすことがないため、融資に比べて自己資本比率を高く保ったまま資金調達ができます。

銀行などから融資を受けやすくなる

バランスシートや決算書類は、銀行や利害関係者、投資家に注目されるポイントです。

銀行融資を受けるときには必ず資金繰り表やバランスシートを提出しなければいけません。

オフバランス化されたバランスシートは「健全な経営状態」と判断されやすく、結果的に銀行からの融資や投資家からの支援も受けやすくなります。

また銀行や投資家は、ビジネスローンやノンバンクからの借り入れがある企業に対して「資金繰りが危ういのでは」という印象を持つため、出資を嫌がる傾向があります。

その点でもファクタリングでの資金調達は役立ちます。

企業価値を向上させるため、多くの資金を集めて事業に活用するためにもバランスシートや決算書類の改善を検討してください。

キャッシュが増える

ファクタリングで売掛債権を現金化すると、資産の中でもキャッシュが多い状態にできます。

そのため、キャッシュフローが改善しやすくなり、黒字倒産のリスクを抑えられます。

ファクタリングによって得たキャッシュは、商品の仕入れや、機器の導入に充てられます。また企業の成長や将来への投資のための活用も可能です。

ファクタリングによるオフバランス化のデメリット

ファクタリングを使ったオフバランス化は多くのメリットがあります。

一方で、少なからずデメリットもあります。ファクタリングによるオフバランス化のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

手数料を支払わなければならない

ファクタリングには手数料がかかります。

ファクタリング会社によって手数料は異なりますが、高い場合は売掛債権全体に20%程度の手数料がかかる場合も。

10%の手数料であっても100万円のファクタリングに対して、10万円の手数料が差し引かれます。

手数料はコストなので、手数料が高いほど利益は圧迫されると考えて差し支えありません。

手数料が高いファクタリング会社と繰り返し取引をしていると、逆に経営状態が悪化する恐れもあります。

資金が必要な時にだけファクタリングするといった形で計画的に利用するようにおすすめします。

手数料によってはROAなどが下がる場合もある

ファクタリングでオフバランス化することによって、財務指標を改善できるのは上記の通りです。

しかし、手数料があまりに高い場合には、逆に財務指標が悪化する可能性もあります。

手数料は利益を減らすため、ROAのように利益に関係している財務指標は、想定よりも悪くなる可能性があります。

手数料を踏まえたうえで、自社の損益、財務内容を悪化させないか事前にシミュレーションしておきましょう。

オフバランスに関するファクタリングの仕訳

ファクタリングを利用した場合、売掛金が減り現金が増えます。

手数料に関しては「売掛債権売却損」の勘定科目を使って処理します。実際の仕訳は以下の通りです。

借方勘定科目 金 額 貸方勘定科目 金 額
普通預金 900,000 売掛金 1,000,000
売上債権売却損 100,000    

ファクタリングの仕訳について、詳しくは以下ページもをご確認ください。

ファクタリングで企業価値を高める

キャッシュフローの改善、企業価値の向上にファクタリングは有効な手段です。企業価値を下げることなく資金を調達できるでしょう。

ファクタリングを利用する場合には、どれだけの改善効果が期待できるのか、それに対して手数料がどれだけかかるのかをシミュレーションするようにしましょう。