審査が甘いファクタリング会社の特徴と審査を通りやすくするポイント

カテゴリー
ファクタリング

ファクタリングを利用するときに、気になるのが審査でしょう。「銀行からは融資を受けられなかったからファクタリングも不安……」「どうすれば審査を通るのかわからない」といった事業者も多いはずです。

今回は審査が通りやすいファクタリング会社や、審査を通りやすくするためのポイントをまとめました。

審査が甘いファクタリング会社の特徴

ファクタリング会社自体は数多くあり、インターネットで検索するだけでもかなりの数が見つかります。ファクタリング会社によって審査の通りやすさは違うため、どこを選んでも同じと考えるのは大きな間違いです。審査が甘いファクタリング会社について紹介します。

独立系ファクタリング会社

ファクタリング会社のなかでも比較的審査を通過しやすいのが、独立系のファクタリング会社です。

独立系ファクタリング会社とは、メガバンクや大手消費者金融会社、証券会社などの系列ではなく、完全に独立したファクタリング会社のことを指します。

 

近年は銀行や上場企業、上場企業グループといった大手の企業が多数ファクタリング業界に参入しています。大手グループのファクタリング会社は貸し倒れリスクへの判定が厳しく、マニュアルで徹底的にリスクを下げようするのが特徴。その結果リスクヘッジによって審査基準が厳しくなりやすいのです。

 

また信用情報など、多くの情報を取得してからでないと利用できないことが多いでしょう。大手グループ系のファクタリング会社で審査を通過しなかった場合には、独立系ファクタリング会社の利用も検討してみてください。

現金化までが早い

現金化までが早いファクタリング会社は、審査が甘い傾向があります。審査に時間をかけない=審査基準が甘いため、現金化までが早いとも考えられます。

 

上記で説明した独立系ファクタリング会社にもこの傾向があります。独立系ファクタリング会社は、グループ、系列系ファクタリング会社に比べて事業規模が小さい会社が多く、起動力があり入金までのスピードも早いです。

 

急いで事業資金が必要な場合にも、スピーディーに取引してくれるファクタリング会社は、資金調達の強い味方になります。

手数料が高い

ファクタリング会社を利用するときにかかる手数料は、売掛先の経営状況などさまざまな要素で決まります。手数料が低いファクタリング会社は、売掛先の経営状況や信用情報をシビアに審査します。そのため取引のリスクが低く、手数料も低くできます。

 

一方、手数料が高いファクタリング会社は、未回収になるリスクがある程度あっても審査を通します。そのためリスクの分手数料が高くなるのです。

必要書類が少ない

一般的なファクタリング会社が扱う審査書類は、決算書や通帳のコピー、請求書などです。提出する書類が多いファクタリング会社はそれだけ多くの情報から審査をするため、審査の項目も多くなります。

 

逆に、必要書類が少ないファクタリング会社は審査項目が少なく、審査が甘い可能性もあります。

 

ただし、極端に審査書類が少ないファクタリング会社だと、悪質な場合もあるため注意してください。審査書類に不安があるなら、ホームページを確認するか、事前に必要書類について問い合わせておきましょう。

個人事業主の利用もOK

審査が厳しいファクタリング会社の中には、個人事業主の利用を歓迎していない会社もあります。これは、法人と比較した時に個人事業主のほうが社会的責任が少なく、身軽だからです。

 

一方で審査が甘いファクタリング会社では、個人事業主の利用も歓迎しています。これはァクタリング会社がある程度のリスクを取ることを容認しているということです。

 

個人事業主のファクタリング事情については以下の記事で紹介しています。

債権譲渡登記が必要

ファクタリングを利用する場合、債権譲渡登記を求められることがあります。債権譲渡登記を使うことで、債権を第三者にも主張できるようになり、破産や二重譲渡などのトラブルに備えることが可能です。

 

例えば利用した事業者が破綻した場合にも債権譲渡登記によって、売掛債権の存在を証明できます。

 

債権譲渡登記を利用するのは、負うリスクをできるだけ低くしたい場合です。債権譲渡登記をすることで、リスクマネジメントして審査を甘くしているケースもあります。

ファクタリング会社の審査基準とは?

ファクタリング会社によって審査の基準は違います。それぞれどのような基準で審査しているのか、代表的な基準を紹介します。

主な審査基準

ファクタリングの審査基準
ファクタリングの審査基準は、銀行から融資を受けるときの審査基準と全く違います。融資の場合は、申請者の情報が審査基準になります。これはお金を借りる人の信用力が大切だからです。

 

一方で、ファクタリングの場合は売掛先の情報が重要。売掛先が倒産したり、未払いになったりすれば債権回収ができなくなるからです。また支払い期日や申込者の人柄も審査の基準です。

 

銀行からの融資では審査基準を満たさなかった会社でも、ファクタリングであれば審査を通過する可能性があります。また、信用度が高い会社との取引がある会社のほうが利用しやすい点も特徴です。審査基準についての詳しい内容は以下の記事で確認してください。

審査基準基準は会社によって異なる

ファクタリングを利用する場合は、一社に限定せず、複数社に申し込むこともポイントです。

 

ファクタリング自体が日本ではまだ浸透する過程にあるため、審査のノウハウが蓄積されていません。そのため、ファクタリング会社によって審査基準にばらつきがあります。一社はダメでも、何社か申し込むことで審査を通過する場合があります。

 

ファクタリング会社で提出する書類は基本的に同じものなので、複数社申し込んでも手間はそこまで大きくならないでしょう。

ファクタリング会社の審査を通りやすくするためのポイント

債権の状態によって審査の通過難易度が変わります。ファクタリング会社の審査を通りやすくするにはどうすればいいのか、ポイントをまとめました。

信用できる売掛先の債権をファクタリングする

ファクタリングの審査を通りやすくするには、債権の選定が重要です。ファクタリングの審査では売掛先の信用度を重視するため、できるだけ経営状況、取引履歴が安定している売掛先を選びます。

 

また取引先を厳しく見極めるような団体、官公庁や金融機関との取引実績が多い売掛先も有利です。安定した売掛先への債権であれば審査を通過しやすく、手数料が安くなることもあります。

できるだけ大きな金額で申し込む

ファクタリングで現金化を予定している金額も重要です。

 

ファクタリング会社にとって取引金額が大きくても少なくても、かかる手間はあまり変わりません。大きな取引のほうが一回の取引で利益を出しやすく、少額のファクタリングはファクタリング会社にとっては利益が出にくい取引です。

 

ファクタリングを申し込むときにはできるだけ大きな金額で申し込むか、少額の場合は、小口を専門にしたファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

小口ファクタリングで少額の資金調達を実施する方法

継続利用したい旨を伝える

ファクタリング会社にとって安定して取引してくれる会社は大切です。2回目以降のファクタリングは、実績があるためリスクも手続きも少なくて済みます。

申し込む側にとっても、何度か利用することで取引の実績を作っておくと、いざというときの資金調達にも安心できるでしょう。

補足:給料ファクタリングは利用しない

ファクタリングを利用しようとするときに、給料ファクタリングについて目にする機会もあるかもしれません。しかし、給料ファクタリングは利用しないでください。

 

給料ファクタリングは取引の形態上貸金業に該当するため、貸金業登録していない場合違法です。金融庁の見解でも給料ファクタリングは貸金業に該当し、過度な取立て・手数料の搾取を行っているという被害報告もあります。もしもすでに被害に遭ってしまった場合は、弁護士か司法書士に相談しましょう。

給料ファクタリングの仕組みについては以下をご覧ください。

アクセルファクターは厳正な審査を行った上で手数料も魅力

ファクタリングは近年急増し、どこに申し込めばいいのかわからない人も多いでしょう。

数あるファクタリング会社でもアクセルファクターはしっかりとした審査を行った上で通過率が高いファクタリング会社です。小口から大口まで扱っていて、手数料の低さも魅力。個人事業主でも利用できて入金スピードも早いので、資金調達をする際にはご検討ください。