ファクタリング会社を乗り換えるメリットと注意点

カテゴリー
ファクタリング

インターネットの発達や社会の変化によって資金調達は多様化しています。

特にファクタリングは、財務内容の健全化、キャッシュフローの安定を目的に多くの企業で使われるようになりました。

ニーズの増加に伴って、ファクタリングサービスを提供する会社は増えています。

今回は、ファクタリング会社を乗り換えるメリットとその注意点をまとめました。

キャッシュフロー改善にはファクタリング会社の乗り換えが有効

ファクタリングの利用経験がある方も、乗り換えは検討したことがないというケースが多いのではないでしょうか。

資金調達の手段としてよく使われている銀行融資も、長年乗り換えをせずに、同じ銀行と付き合い続けるケースが多いです。

しかし、ファクタリングは銀行融資に比べて手数料が高く、業者によって幅も広いため、乗り換えによってキャッシュフローが大きく改善する可能性があります。

例えば以下の例で売掛債権を売買するケースを考えてみましょう。

ファクタリング会社の乗り換えによるコスト削減例

1ヶ月目に500万円、以降4ヶ月間は毎月100万円ずつ下げた金額のファクタリングでキャッシュフローの改善を図ろうとしています。

現状のファクタリング会社の手数料は10%ですので、5ヶ月間の手数料の合計は150万円となります。

2ヶ月目からの乗り換えによって手数料を7%に下げることで手数料合計は120万円となり、30万円のコストカットが可能になります。

たった30万円の違いだと感じてしまうかもしれません。しかし、これは利益が30万円上乗せされるのと同じことなので、非常に価値が高いと言えます。

仮に利益率が10%であれば、利益を30万円出すためには300万円の売上が必要です。

また、ファクタリングの手数料は、売掛債権に手数料率をかけてを算出するため、取引額が大きいほど、カットできるコストも大きくなります。

上記の通り、ファクタリング会社を乗り換えるだけでコストを大幅にカットでき、キャッシュフローを改善できる可能性があります。

なかなか収益が上がらない、資金繰りが悪くて手元にキャッシュが残らないという場合は、ファクタリング会社の乗り換えを検討してみましょう。

ファクタリングは他社利用中でも乗り換え可能

一般的にファクタリング契約には「会社の乗り換えNG」など、他社との契約を制限する決まりは設けられません。

したがって、主に取引しているファクタリング会社がある場合でも自由に乗り換えができます。

また、他のファクタリング会社を使ったから今までのファクタリング会社が使えなくなることもないので、もしも新しいファクタリング会社と合わないと感じれば、また元のファクタリング会社を利用することもできます。

併用がこれまで利用していたファクタリング会社に知られても契約を打ち切られることはありません。

ファクタリング会社の乗り換えは、自由におこなうことが可能で基本的にノーリスクです。

一方で乗り換えて成功した時の資金調達コスト削減は大きい、つまりハイリターンでノーリスクな方法といえるでしょう。

ファクタリングする予定の売掛債権があるなら、他社に依頼することも検討してみましょう。

ファクタリング会社を乗り換えるメリット

現在契約しているファクタリング会社の手数料が高い、対応している売掛債権の種類が少ないなど、ファクタリング会社の乗り換えを検討する理由はいろいろあります。

ファクタリング会社を乗り換えることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

手数料を抑えられる

最も大きなメリットは、手数料が抑えられることです。

ファクタリング会社の乗り換えにあたって、複数のファクタリング会社の手数料を比較することで、よりよい条件の会社を選べます。

手数料や条件をよりよくするための借り換えは、銀行融資でもよく採られる手法です。

比較検討や手続き、必要書類の再提出といった多少の手間はかかりますが、一時的に労力がかかっても長期的な目線でのメリットは大きいでしょう。

特に利用額が大きい場合には、手数料を削減するメリットは大きくなります。

ファクタリングを使うときに注意しなければならないのが、利用しすぎて資金難になってしまうような状況です。

ファクタリングは手数料を支払うことで、売上に対する代金を早期に受け取れるというサービスのため、一時的に資金難を脱却できても、実際には手数料を支払うので利益が目減りしてしまいます。

だからこそ、できる限り手数料が安いファクタリング会社を選ぶことが大切。手数料が高いほど経営状態が悪化する可能性も高くなります。

キャッシュフローを改善するためのファクタリングで経営が圧迫されては本末転倒です。

すでに資金難のループにはまってしまっている場合も、手数料が安いファクタリング会社に乗り換えることによって、経営状態やキャッシュフローを改善できる可能性があります。

より良い条件で取引できる

ファクタリング会社を乗り換えることで、手数料以外の条件も改善できる可能性があります。より自社にとって有利な条件で取引できます。

例えば、手続きから入金までが早いファクタリング会社なら、必要な時にスピーディーに資金調達が可能になります。

オンラインでのやり取りで契約ができるファクタリング会社であれば、利用するときに出向く手間もなくなります。

また小口の売掛債権も扱っていたり、個人事業主や医療向けのファクタリングを提供していたりする会社もあります。

相性が良いファクタリング会社は企業経営のコンサルタントとしても信頼できる存在です。

乗り換えをする場合は、真摯に対応してもらえるか、長く付き合いたいと感じるかも基準にしましょう。

審査に通りやすい

過去にファクタリングを利用したことがある経営者や個人事業主のほうが、審査に通りやすくなります。

これは過去の利用実績によって「安全な顧客」と認められやすいためです。

ファクタリング会社にとって心配なのは、売掛債権の二重譲渡や、二社間ファクタリングで返済せずに横領したりする事態です。

過去の取引実績があれば、ファクタリング会社にとっての安心材料になります。

ファクタリング会社によっては、他社からの乗り換えの場合に手数料を優遇しているケースもあります。過去の取引実績がある場合にはそれを伝えておきましょう。

利用限度額を上げられる

ファクタリング会社による条件の違いの一つが掛目です。これは売掛債権の全額に対して、どれだけの割合で買い取るかを示すもの。

掛目はその売掛債権の信用力によって変わります。信用力が高い売掛債権ほど、大きな資金を調達できる仕組みです。

掛目はファクタリング会社によっても違うため、乗り換えによってより大きな資金を調達できるようになるかもしれません。

ファクタリング会社乗り換えのデメリットと注意点

ファクタリング会社を乗り換えることには多くのメリットがあります。しかし、その一方で二重譲渡や業者選びには注意が必要です。

債権の二重譲渡に注意

ファクタリング会社を乗り換えるときに、絶対にしてはいけないのが売掛債権の二重譲渡です。二重譲渡とは、すでに売却した売掛債権を他のファクタリング会社に売る行為を指します。

売掛債権は目に見える資産の売買とは違って、権利関係がわかりにくいため、すでに権利を持っていない売掛債権でも取り引きされてしまうケースがあります。

売掛債権の二重譲渡は違法行為です。取引するときにはどの売掛債権が売却済みなのか混同しないように管理してください。

ファクタリング取引をした場合は、必ず記録を残しておくようにおすすめします。

信頼できる業者への乗り換えが必要

ファクタリング会社を乗り換える時には、信用できる業者かどうかを慎重に判断してください。

手数料について早い段階ではっきりと提示してくれる、財務コンサルタントとしてファクタリングの使い方についてアドバイスをくれるようなファクタリング会社は長く付き合いやすいと考えられます。

一方で業者によっては、広告と手数料が違う、説明されていない手数料を請求されるといったケースもあります。

中にはファクタリング会社を装ったヤミ金業者もいるので注意が必要です。

乗り換えをご検討中の方もお気軽にご相談ください

ファクタリング会社の乗り換えは、手数料や契約条件などを比較して実施しましょう。

売掛債権を買い取るということは、自社の財務に関わるということでもあるので、長く信頼できる関係を築けるファクタリング会社が理想です。

アクセルファクターはリーズナブルな手数料でファクタリングを提供しています。

即日融資も可能で財務の相談も承っているので、乗り換えの相談もアクセルファクターまでご相談ください。