銀行系ファクタリングとは?特徴や利点を徹底解説!

カテゴリー
ファクタリング

ファクタリング会社は、属しているグループにより「独立系ファクタリング会社」「ノンバンク系ファクタリング会社」「銀行系ファクタリング会社」の3種類に大別されます。今回は、そのなかでも銀行系ファクタリング会社に焦点を当て、特徴や利用するメリット・デメリットを詳しく解説します。

ファクタリング会社の種類

銀行系ファクタリングを説明するにあたり、まずはファクタリング会社の種類についてご説明します。ファクタリング会社は、大きく3つのタイプに分けられます。

・独立系ファクタリング会社
・ノンバンク系ファクタリング会社
・銀行系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社

銀行やノンバンクなどのグループに属さないファクタリング会社です。一般的に「ファクタリング会社」というと独立系ファクタリング会社のことを指します。事業規模が小さく、小口のファクタリングに対応しているところが多い点がポイントです。また、2社間ファクタリングを提供していることも多いです。

ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンクとは、預金を提供していない銀行以外の金融機関を指します。いわゆる消費者金融もノンバンクに分類され、ノンバンクのグループに属するファクタリング会社のことをノンバンク系ファクタリング会社と呼びます。独立系ファクタリング会社よりも手数料率が低く、銀行系よりも審査が緩いという、両者のちょうど中間的な立ち位置です。NTTなどもの大手企業も参入しています。

銀行系ファクタリング会社

銀行のグループに属するファクタリング会社です。また銀行そのものがファクタリングサービスを提供していることもあります。3種類の中で最も手数料率が低く、審査が厳しいのが特徴です。

銀行系ファクタリング会社が提供するファクタリングサービス

銀行系ファクタリング会社では、以下のようなファクタリングサービスが提供されています。

買取ファクタリング

一般的なファクタリングです。売掛金をファクタリング会社が買い取り、手数料が引かれた金額を受け取ることができます。キャッシュフローの改善・資産のオフバランス化に便利なサービスです。

一般的なファクタリング会社の手数料は5~30%程度となりますが、銀行系ファクタリングの場合ほとんどが5%未満となります。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛金を確実に受け取れるよう保証してくれるサービスです。一般的なファクタリングでは、売掛金を即時現金化しますが、保証ファクタリングは売掛金の現金化はしません。

保証ファクタリングの契約をしていると、万が一取引先が倒産した場合にも売掛金の相当額を支払ってもらえるという、いわば保険のようなサービスです。取引が1社に集中している企業のリスクヘッジなどに利用されます。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、海外企業との取引で代金を確実に回収するためのサービスです。海外企業との取引は、遠隔地であることがネックになり、商品を発送しても代金の支払いが行われないリスクがあります。従来は信用状(L/C)によってこのリスクを回避していましたが、近年はその代わりとなるサービスとして国際ファクタリングが注目されています。

一括ファクタリング

通常のファクタリング(買取ファクタリング)は、売掛債権を持つ企業が資金調達に使うサービスですが、一括ファクタリングは支払い側の企業が手形の代わりに使用するという側面が強いサービスです。

売掛金をファクタリング会社(銀行)が買い取るという仕組み自体は同じですが、一括ファクタリングはファクタリング会社が提供する一括ファクタリングシステムに、支払い側の企業が登録している必要があります。

手形取引に比べ、手形を発行する手間や印紙税などのコストが軽減されるのがメリットです。現在では、多くの銀行が固有のシステムではなく電子記録債権(でんさい)を使用しています。

ファクタリングとでんさいの違い【比較表付き】

ファクタリングを提供する銀行・銀行系ファクタリング会社

会社名

基本情報

提供するファクタリングサービス

三菱UFJファクター

三菱UFJグループのファクタリング会社

保証ファクタリング
買取ファクタリング
国際ファクタリング

みずほファクター

みずほグループのファクタリング会社

買取ファクタリング
保証ファクタリング
国際ファクタリング
一括ファクタリング

SMBCファイナンスサービス(三井住友銀行)

三井住友グループのファクタリング会社

保証ファクタリング
国際ファクタリング

浜銀ファイナンス

横浜銀行グループのファイナンス系企業

一括ファクタリング

北洋銀行

札幌に本店を置く地方銀行

一括ファクタリング

百十四銀行

香川県高松市に本店を置く地方銀行

一括ファクタリング

山口銀行

山口県に本店を置く地方銀行

一括ファクタリング

足利銀行

宇都宮市に本店を置く地方銀行

一括ファクタリング

銀行系ファクタリングのメリット

悪質な企業がない

ファクタリングは新しい資金調達の方法ということもあり、法整備が他の金融商品に比べて緩いという特徴があります。そのため、一般的なファクタリング会社の中には、少なからず悪質な企業も紛れています。特に個人向けに提供されるファクタリングは、闇金業者なども関与しているほどで、ファクタリング会社選びには注意が必要です。その点銀行系ファクタリングは、提供している企業が銀行なのでクリーンな点がメリット。信頼感は非常に高いといえるでしょう。

手数料が安い

上記でも触れた通り、一般的なファクタリング企業に比べて銀行系ファクタリングは手数料率が低いのが特徴です。ほとんどの銀行系ファクタリングの手数料率は5%以内に収まります。

取り扱うファクタリングの種類が多い

一般的なファクタリング会社は、買取ファクタリングをメインに扱っています。一方銀行系ファクタリング会社は、買取ファクタリングだけでなく「保証ファクタリング」「国際ファクタリング」「一括ファクタリング」と様々な形態のファクタリングを扱っています。自社の状態、業種などを鑑みて、最適なサービスを選択できます。

銀行系ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングのみに限定される

銀行系ファクタリングは、基本的に3社間ファクタリングとなります。3社間ファクタリングは、手数料率は低いものの、その分現金化までに時間が掛かる点がデメリットです。また2社間ファクタリングと違い、ファクタリングを利用した事実は確実に相手企業に伝わってしまいます。

審査に時間が掛かる

上記の通り銀行系ファクタリングは3社間ファクタリングが基本となります。それに加えて、一般的なファクタリング会社が提供するファクタリングサービスよりも、審査が厳しいのが特徴。そのため審査に時間が掛かります。突然の大きな支出に伴う資金調達で、1日も早くキャッシュが欲しい場合などには不向きです。現金化までのスピード感を重視するのであれば、独立系ファクタリング会社の2社間ファクタリングがおすすめです。

その後の融資を受ける際にマイナスになる可能性がある

銀行系ファクタリングを提供するのは、銀行の子会社・もしくは銀行そのものです。そのため、ファクタリングの利用歴が銀行に知られることになります。

単発のファクタリングであればほとんど問題ありませんが、継続的にファクタリングをしているとなると「資金繰りが厳しい企業」という印象を持たれ、銀行からその後の融資を受けることが難しくなる可能性があります。

早期の現金化をご希望であればアクセルファクターへ

「早く現金化したい」「手数料が安いところがいい」とご希望であれば、ぜひアクセルファクターにお任せください。アクセルファクターは独立系ファクタリング会社で、入金までのスピードが強みです。これまでのご契約では、半数以上のお客様に即日で入金させていただいております。

また、債権額が100万円以上の場合は5%~、500万円以上の場合は2%~と、リーズナブルな手数料率も多くのお客様にご満足いただいています。

銀行系ファクタリングで審査が下りなかった、取引際にファクタリングしたことを知られたくない、といったご要望の企業様もぜひお気軽にご相談ください。