ファクタリング契約の注意点は?安心して契約するためのリスク対策

カテゴリー
ファクタリング

ファクタリング契約前に損失を被るリスクや契約時の注意点を押さえておくと、トラブルに巻き込まれず済みます。ファクタリングの利用にあたって注意すべきポイントをまとめました。

資金繰りが厳しく、焦ってファクタリング契約を考えている人はぜひご一読ください。

ファクタリングを利用する前に知っておくべき注意点

ファクタリングは、自社だけで行うことはできません。

そのため、ファクタリングサービスを利用するにあたっては、自社のファクタリングに関わる相手を慎重に見極めることが大切です。

ファクタリングする売掛債権の債務者にあたる取引先や、実際に買い取ってもらう業者など、利用にあたっての注意点について紹介します。

取引先にファクタリングの利用がバレることがある

ファクタリングは、取引先の考え方によっては自社に悪い印象を与えることがあります。取引先にファクタリング利用を知られることで、資金繰りが危ないのではないかと信用性を失うかもしれません。

バレにくいと言われる2者間ファクタリングでも、限りなく可能性としてはゼロに近いですが、債権譲渡登記を行うことで登記情報を取引先に見られてバレるリスクがあります。

取引先が債権譲渡登記をわざわざチェックすることも少ないですが、誰でも確認できる以上、注意しておいたほうがよいでしょう。

買取型・保証型でサービス内容が全く異なる

ファクタリングは、買取型と保証型があり、それぞれにサービス内容も使う目的も全く違うため、自社の目的に合う業者、サービス内容を選べているか、注意して確認しましょう。
買取型は取引先の売掛債権を買い取ってもらい、より早く現金を手に入れられるサービスです。保証型は売掛債権の保険のような役割で、現金化はむしろ遅くなることもあります。保証型ファクタリングの詳しい内容が知りたい方は下記もご覧ください。

>>保証ファクタリングとは?

手数料率が業者によって異なる

 

ファクタリング手数料は、取引きの形態によって大きく異なりますが、業者によっても幅があるものです。そのため、ファクタリング手数料の相場を知らないと、必要以上に高い手数料を支払う恐れもあります。

また、手数料の相場を知らないと、悪徳業者の高額な提示にも疑問を持たずに契約を交わしてしまうこともあるので注意しましょう

手数料相場としては、3社間は1~5%程度、2社間は10~20%が目安となります。3社間ファクタリングの方が業者にとってリスクが低いため、手数料の割合も低めです。手数料について詳しくは以下の内容もご覧ください。

>>ファクタリングの手数料は?

ファクタリングで資金繰りが悪化する可能性がある

ファクタリングは、急な現金の必要や一時的な資金繰り対策などに使われますが、場合によってはファクタリングによってかえって資金繰りを悪化させることもあります。

粗利率の低い業種などでは、ファクタリング手数料が売上を圧迫しやすく、高額な手数料を支払う業者と契約すると余計に資金繰りを悪化させる可能性が高くなります。

ファクタリングで売上の現金化は速くなりますが、その分利益が減ることは注意しましょう。

ファクタリングを名乗るヤミ金業者がいる

残念ながらファクタリングという名前を使うヤミ金業者がいることも事実です。

企業を対象としたファクタリングですが、上記のように手数料が高額すぎたり契約審査が緩すぎたりすることもあります。資金繰りが悪化した会社様の弱みに付け込み、簡単にお金を貸し付ける業者には注意です。

なお、個人向けの給与ファクタリングを悪用し、ヤミ金が貸し付ける手法も横行しました。貸金業者の登録を行わずに業務を行うのは違法なので注意しましょう

>>ファクタリングを装うヤミ金業者の逮捕事例

ファクタリング契約時の注意点

ファクタリング契約時には、いくつか確認すべきポイントがあります。まずは、債権譲渡の契約書を交わす際に以下の項目を慎重にチェックしておきましょう。

  • 譲渡する対象債権
  • 債権譲渡通知
  • 債権譲渡登記の有無
  • 償還請求権の有無
  • ファクタリングの手数料
  • 報告義務の有無
  • 損害賠償、違約金
  • ファクタリング契約の解除
  • ファクタリングの契約期間と解約方法

契約時には、利用する売掛債権の確認や譲渡の条件、かかるコスト、譲渡で行われる手続きを確認します。また、不要な条件や足りない条件がないこともチェックしたい点です。

債権譲渡通知は、3社間では必須なので、業者と自社どちらが行うかを確認しましょう。2社間の場合には通知がないことを確認してください。さらに2社間の場合には、債権譲渡登記の有無も知る必要があります。

いずれのファクタリングでも、手数料の相場と比較し、提示された手数料が適正であることを確認し、契約解除の際の損害賠償や違約金の条件が正しいか判断することが必要です。

また、ファクタリングは融資ではないため、担保は必要ありません。担保設定のある契約は違法業者の恐れがあるので注意しましょう。

ファクタリング契約書について詳しくは『ファクタリング契約とは何か』のページで解説します。

ファクタリングを安全に使うチェックリスト

ファクタリングにはいくつかのリスクや注意点があり、安全に利用するには利用者が賢く立ち回ることが必要です。安全にファクタリングを行い、資金繰りを安定させるために必要な対策をチェックしておきましょう。

ファクタリング会社はきちんと比較検討する

ファクタリングを利用する際には、業者のうたい文句に飛びつかないようにすることが大切です。魅力的なうたい文句をすっかり鵜呑みにして、他の業者を見ずに選ぶと、悪質業者に騙される可能性が高くなります。

また、その業者が違法ではなかったとしても、手数料が他より割高で「手数料をもっと安くできたのに…」ということにもなりかねません。

もしファクタリング会社を探しているようでしたら以下のページをご覧いただくと、安全な業者の選び方がわかります。

>>ファクタリング会社の選び方は?

契約の流れを事前に把握しておく

 

ファクタリングの契約の流れを事前に知っておくと、実際の契約で違ったアクションがあった、もしくは正しいアクションがなかった時に、悪質業者を疑うきっかけにできます。

本来の流れと違うことを指示された場合には、前述の検索で悪質業者かどうか調べましょう。悪質な業者を見抜くための情報になるため、業者任せにせず、自社でもあらかじめ把握しておくことが大切です。

ファクタリング契約では、相談から申込み、審査を経て契約へと段階を踏んで進むのが一般的です。手順を飛ばし、契約を急がせる場合には注意しましょう。

契約書に書かれているべき内容を事前に把握しておく

契約書の内容も、事前に知っておけば本来書かれているべきことが書かれていない、不要なものが書かれている、という不審な点に気づくきっかけになります。

書かれているべきことがない場合には、契約が正しく果たされないリスクが生まれます。一方、不要なことが書かれている場合にはこちらに不利な条件が追加されているかもしれません。

また、報告義務や契約違反の条件など、自社に課せられる義務を理解しておくことも大切です。違反事項に抵触し、ペナルティが発生しないように注意しましょう。

悪質業者の一覧に名前がないか確認する

ファクタリング業者の中には、悪質業者も混ざっていることがあります。そのため、自社が検討している業者が悪質業者かどうか、調べておくことも大切です。

悪徳会社かどうか調べるならば、日本貸金業協会の貸金業相談・紛争解決センターに闇金業者を調べる検索機能があります。ぜひご活用ください。

>>貸金業相談・紛争解決センターについて