赤字決算でもファクタリングは利用できる?経営状態とファクタリング審査の関係

カテゴリー
ファクタリング

資金繰りに悩む企業は少なくありません。以前は手形の割引なども頻繁に利用されてきましたが、現在はファクタリングに注目が集まっています。ここでは赤字決算など経営状態に不安がある場合でもファクタリングが利用できるのか紹介します。

赤字決算でもファクタリングは利用可能

銀行融資やビジネスローンなどでは必ず与信審査を行います。赤字決算の場合は、特に審査は厳しくなりやすいです。赤字決算とは、利益が出ていないことを意味します。銀行や信用金庫は、借りたお金を返済できる能力があるかどうかを基準に審査するため、利益が出てないということは返済能力がないと判断されてしまうことが多いでしょう。

特別損失など一時的な要因で赤字決算になった場合を除いて、銀行融資やビジネスローンを赤字決算の企業が借りるのは困難です。しかしファクタリングの場合は違います。

ファクタリングはお金を融資するのではなく、売掛債権を買い取るサービスです。そのため、ファクタリングで重要になるのは売掛先の信用力です。赤字決算を出してしまって、銀行融資やビジネスローンが難しいという企業でも、ファクタリングを利用することで審査を通過する可能性があります。

赤字決算だから融資は受けられないと諦めるのではなく、ファクタリングによる資金調達を検討してみましょう。

ファクタリング審査でチェックされるポイント

ファクタリングでは、銀行融資やビジネスローンの審査とは違う観点で審査を受けることになります。ファクタリング審査でチェックされるポイントを紹介します

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングとは、ファクタリングを利用する会社とファクタリング業者の2社間で契約に基づいて資金調達を利用するファクタリングサービスです。2社間ファクタリングは債務者からの入金に応じてファクタリング業者に支払いすることになります。そのため、審査では取引先の信用性と利用者が支払いできるかどうかという信用性が重要視されるでしょう。

3社間ファクタリングの場合

ファクタリングサービスとして利用されることが多い、3社間ファクタリングではファクタリングを利用する納入企業と、ファクタリング業者、そして売掛先の3社間の契約になります。

3社間ファクタリングでは債権をファクタリング業者に譲渡するため、支払いの見込みや取引の安全性が重要になります。そのため、今までの取引してきた期間や回数が重要視されることもあるでしょう。審査の際には取引先との関係性なども聞かれることがあります。

黒字でもファクタリングが利用できないケースがある

ファクタリングでは一般的な融資とは審査基準が違うため、赤字決算でも審査を通過しやすいケースがあります。一方、黒字決算で会ったとしてもファクタリングが利用できません。どのようなケースなのか確認してみましょう。

取引先の経営状態(信用力)が悪い場合

ファクタリングでは売掛先の信用力が重視されます。そのため、売掛先の経営状態が悪ければ、回収が難しいと判断されて審査を通過しないことがあります。またМ&Aや破産、資産の差し押さえなどで信用力が劣ると判断されるとファクタリングは難しくなります。

書類が用意できない場合

ファクタリングの審査には各種の書類が必要です。決算報告書や登記簿謄本、印鑑証明などが必要になりますが、開業間もない会社や、まだ確定申告をしていない会社の場合は書類が用意できないことがあります。

ファクタリング業者によっては債権の信用性に応じて代用できる場合もあるため、一社のファクタリング業者で断られた場合でも他の業者の審査は通過する可能性もあります。審査に不利益に思われる情報であっても隠すことなく、あらかじめ伝えておくようにしましょう。後になってから不都合な事実が明らかになると不利に働くこともあるため注意してください。

ファクタリングで決算書・経営状態の改善が可能

ファクタリングのメリットとして、銀行と審査の基準が違う点が挙げられますが、それだけではありません。ファクタリングをすることによって、バランスシートにも変化があらわれます。ファクタリングを活用して決算書や経営状態を改善する方法を紹介します。

ファクタリングはオフバランス化に最適

貸借対照表と損益計算書はバランスシートシートという言葉からもわかるように、資産や負債のバランスで成り立っています。より健全な経営を目指すのであれば、資産や負債は少なく(オフバランス)することが望まれます。

例えば資産である土地や売掛金や価値の下落などのリスクがあります。また負債もいずれ解消が望まれるでしょう。

ファクタリングを活用すると売掛金などの総資産額は減少します。一方で得られる利益は変わりがないため、より少ない資産から多くの利益を出している、つまり純資産倍率(ROA)の向上が期待できるのです。

より少ない資産で多くの利益を出すということは、経営が優れていると株主や利害関係者にも判断されやすくなります。企業としての信用力を高めるために効果的な手法です。

ファクタリングによる決算書の改善方法は『ファクタリングによる決算書の改善』のページをご覧ください。

ファクタリングはキャッシュフローの改善につながる

ファクタリングは銀行からの融資と比較して、その仕組みもバランスシートに及ぼす効果も全く違います。銀行から融資を受けた場合は借入金となるため、負債として扱われることになります。しかし、ファクタリングは借入金にはなりません。債権の売買することで、現金化をスピーディーに行うことが可能になります。

借入金は担保や信用力を活用して現金を借りる資金調達ですが、ファクタリングの場合はすでにある権利、売掛金であれば数か月後にお金を受け取れる権利を売買することで現金化します。そのため仕組みが全く違います。

多くの企業が資金繰りに悩む原因として売掛債権が現金化するまでに時間がかかってしまう点が挙げられます。例えば商品を売り上げた場合で考えてみましょう。商品を用意するための仕入れ代金や製造費用は売上よりも先にお金が出ていきます。

また売上を出すために人件費や固定費などの費用も必要でしょう。しかし費用が先にかかっていたとしても、売上が現金化するのは売掛金の支払期日になります。そのため、運営のなかばで手元の現金が不足してしまうことが多いでしょう。

現金が不足すれば商品の仕入れや製造ができなくなり、売上にも影響します。このように売り上げがある(売掛金が多い)会社なのに倒産してしまうケースも珍しくありません。

また赤字が出たからといって会社がすぐに倒産することはありませんが、利益が出ているのに会社に現金が残らず、仕入れや買掛金の支払いができなくなることで会社の経営が揺らいでしまいます。

売上がアップすれば現金も増えると思われますが、現実的には違います。売掛金が増えて現金が不足しているにも関わらず、売上規模が大きくなればキャッシュフローが悪化するからです。

ファクタリングは短期間で現金が必要な場合でも活用しやすい金融サービスです。経営状態が悪化して、黒字倒産や破産という事態に陥る前にファクタリングを活用することで、キャッシュフローの改善を図ることができます。