資金繰りで倒産を回避!会社が黒字倒産してしまう原因とは?

資金繰りで倒産を回避!会社が黒字倒産してしまう原因とは?

カテゴリー
資金繰り

「倒産」と聞くと、利益が出ておらずビジネスが継続できなくなるケースをイメージすると思いますが、「黒字倒産」という利益が出ているのに倒産するケースもあります。

黒字倒産は、利益が出ていてるのに運転資金が底をつくことで起こります。どうして黒字倒産が起きる原因と、資金繰りの改善方法を解説します。

資金繰りが悪化すると黒字でも倒産してしまう

資金繰りが悪化すると黒字でも倒産してしまう

「倒産」とは、明確に法律で定められているわけではありません。企業が債務を支払えなくなったり、経営活動を続けられなくなったりする状態を指して倒産と呼ばれます。

資金繰りの悪化で人件費や仕入代金を支払えなくなれば、取引が継続できなくなります。このように支払いが期日通りにできない場合に倒産が起こります。

そして、利益は出ているものの資金がない状態が続き、支払いができなくなり起こるのが黒字倒産です。帳簿上で黒字になっていても、資金繰りが上手くいかなければ支払い期日までに債務の支払いが不能になります。

たとえば、売上の大半が入金サイトの長い売掛金だった場合、手元にキャッシュが入るまでに時間がかかり、運転資金が底をつく可能性があります。その結果、支払い不能になり黒字倒産してしまうのです。

黒字倒産を防ぐための資金繰りのポイント

黒字倒産を防ぐためには、資金がショートしないよう管理することが重要です。早期にできるの資金繰りのポイントをまとめました。

入出金状況を常に把握する

黒字倒産を防ぐための基本となるのが、入出金状況の把握です。

「お金の管理はして当然」と感じるかもしれませんが、売上の代金がいつまでにいくら支払われるのか、商品の仕入れがいつまででいくらなのか、どの時点でどれだけのお金が手元にあるのかまで全て把握しているでしょうか。売掛金の回収遅延・回収不能や臨時の出費が発生した場合に、対応できる程度の余裕も必要です。

入出金状況を正確に把握するためには資金繰り表の作成が有効です。どのタイミングで資金が必要なのかがわかれば対策を立てやすくなります。

過剰在庫を避ける

製造業(メーカー)、卸売業に起こりがちなのが、過剰在庫が原因の資金繰り悪化です。製造業や卸売業は、事業の性質上、一定の在庫保有は避けれらません。市場環境の変化、需要の増減によって在庫が増加してしまうことも多いでしょう。

しかし、在庫は販売して現金化できるまでに時間がかかり、売れ残るリスクもあります。

在庫は資産だからと、過剰在庫を問題視しない経営者も多いものの、売れなければ資金が固定化されてしまうため、資金繰りにはマイナスです。売れ残った場合の処分に費用がかかることもあるため、販売見込みがない過剰在庫は早めに見直してください。

具体的には抱えている在庫の処分と在庫管理の適正化を行います。商品に対して適正な在庫量を定めて、その範囲内で管理するようにしましょう。

販売先企業の信用調査を実施する

資金繰りを大幅に悪化させる原因が、取引先の倒産です。自社で保有している売掛金の貸倒れを原因として、連鎖倒産してしまうケースもあります。特に特定企業の売上割合が高い場合には注意が必要です。

不測の事態を避けるためにも取引先の信用調査を行いましょう。

信用調査は帝国データバンクなどの調査会社を使って実施できます。主要取引先のキャッシュフローの状態を把握しておくと、資金繰りの方向性も判断しやすくなるでしょう。

また、取引先はある程度分散させることでリスクヘッジにもなります。

信用調査については下記の記事もご確認ください。

参考:信用調査とは|株式会社帝国データバンク

自己資本比率を高める経営を心がける

黒字倒産しやすいかどうか、財政状態が健全かどうかは貸借対照表でも把握できます。一般的な企業は自己資金だけでは事業資金を賄えないため、銀行等の金融機関から借り入れして資金を調達しています。

しかし、経営の安定性からみると、借入が多い企業は返済できなくなった場合に倒産になってしまうリスクが高くなります。現状資金調達できても、将来的に返済が利益を圧迫することも問題です。

そこで、自己資本比率に着目して経営を改善してみましょう。自己資本比率は資本全体のうち、返済不要の自己資本の割合がどの程度かを示す指標です。

自己資本比率は、純資産÷(純資産+負債)で求められます。上場企業の自己資本比率の平均は約40~50%。50%以上であれば良好と言えます。少なくとも30%は確保しておきたいところです。

自己資本比率の目安は業種によっても異なります。製造業のように固定資産が多い業種や、卸売業のように在庫が多くなる業種は自己資本比率が低くなります。

継続的に自己資本比率を観測して、少しずつでも高められるようにしてください。

銀行と密な関係を築く

普段から付き合いがある銀行等の金融機関とは、良好な関係を作っておきましょう。こうしておくことで、いざというときに手を貸してもらえるかもしれません。

銀行から融資を受ける際には必要な書類を提出して審査を受けますが、今までの融資の実績や付き合いも審査のポイントになります。黒字倒産に直面したときに、いきなり融資を申し込んでも断られてしまう可能性が高いでしょう。急な融資に応じてくれる関係性を日ごろから作っておいてください。

資金繰り悪化による黒字倒産を回避する資金調達方法

日ごろから資金繰りに気をつかっていても、不測の事態は起こるものです。そういった場合は早急に資金調達をする必要があります。黒字倒産を回避するための資金調達方法についてまとめました。

金融機関から借入を受ける

資金繰りの悪化を防ぐ手段としてまず選択肢に上がるのが、金融機関からの借入です。人によっては、金融機関に資金繰り悪化を知られたくない、資金が足りないと聞いたら付き合いを避けられるかもしれないと相談を避けてしまうかもしれません。

しかし、取引のある金融機関は貸したお金が未回収にならないように、企業を倒産させたくないと考えます。そのため、隠すよりも状況を説明してサポートしてもらった方が良い方向に働きやすいでしょう。

ファクタリング

ファクタリングは売掛金を現金化する資金調達手段です。申込をして最短であれば即日~1週間程度で資金調達が可能です。

銀行融資の場合、決算書類等のさまざまな必要書類を提出して審査を受けるため、実際の融資までに時間がかかります。一方ファクタリングは、売掛金の「売却」なので、担保や保証人がいらずスピーディーに現金化できます。

審査されるのは売掛先の信用度となるため、金融機関に融資を断られたといった場合にもおすすめの手段です。売掛先の企業が倒産して貸倒れになっても弁済の必要がないため、リスクヘッジの手段としても活用できます。

ファクタリングについて詳しくは下記ページもご確認ください。

資金繰りの見直しで突然の倒産を未然に防ぐ

資金繰りの悪化は、経営者も気が付かないうちに進行している場合があります。早い段階で資金の状態を把握して対処するようにしてください。

自己資本比率を上げたり、在庫管理を見直したりと、できるところからスタートして黒字倒産を未然に防ぎましょう。銀行融資やファクタリングのように急な資金繰り悪化に対応する手段を持つことも大切です。