赤字で資金調達が困難!?融資ができないときの対処法

カテゴリー
資金繰り

赤字決算になると気になるのは資金調達の難しさです。融資を受ける際などに、必ず決算書を求められるため、資金調達もやりにくくなることを心配する経営者の方も多いことでしょう。

しかし、赤字だからといって資金調達を諦めることはありません。どんな方法があるか、突破口を探ってみましょう。

赤字決算での銀行融資は難しい?

赤字決算は、ネガティブな印象が強く、銀行融資が受けにくいと思われています。ところが、赤字決算にもいろいろな事情や理由があり、一概に銀行融資の見込みがないとは言えないようです。赤字決算でも融資を受けたい場合に考えておくべきポイントを紹介します。

赤字決算にも理由は様々

赤字決算は経営の悪化をイメージすることが多く、一般的にはあまり良い印象を与えることがありません。しかし、赤字決算といっても一概に「経営が悪化している」というわけではなく、倒産の危機とは関係のないケースもあります。

確かに現状が赤字であり、利益が出ていない、経費がかさみすぎている事実は変わりません。しかし、以下のようなケースも考えられます。

  • 開業したばかりで利益が出るのがもう少し先になる見込み
  • 退職者が増えて退職金が増えたために赤字になった

こうしたケースは、黒字転換も予測できる赤字、一時的であり経営状況に関係のない赤字です。

融資担当者は赤字の理由もしっかりと見極めます。赤字だからといってネガティブに考える必要はありません。赤字の事実だけに目を向けるのではなく、赤字の理由をきちんと説明することが大切です。

理由によっては融資可能なケースもある

赤字決算でも、経営不振によるものではなく、一時的な場合やきちんとした理由がある場合があります。そのため、赤字だからといって、金融機関は画一的に融資をしたがらなくなるわけではありません。

ただし、一方では赤字が経営不振によって起こり、さらに長期化している場合など、融資が受けられないこともあります。事業計画が適切でなくて、金融機関の融資担当者を納得させられない場合も、難しくなるでしょう。

赤字の理由や状況を第三者が見て納得できないと厳しいことに変わりはありません。

金融機関によっても融資の受けやすさが異なる

融資を受ける時には必ず、決算書を提出するため、赤字決算はすぐに金融機関に分かってしまい、隠すことはできません。

また、経営不振による赤字の場合には、なかなか融資を受けるのは難しくなります。しかし、すべての金融機関で赤字イコール融資NGとは考えているわけではないため、どうしても融資が必要な場合には金融機関を選ぶことで解決の道を探ってみましょう。

赤字でも借り入れの可能性が高いのは、地域密着の地方銀行や信用金庫、信用組合です。これらの金融機関はメガバンクよりも中小企業に優しく、赤字企業にも親身に向き合ってくれます。

地域の活性化につながる事業に対しての融資にも前向きです。それ以外にも政府系である日本政策金融公庫も、中小企業支援が手厚く、赤字決算でも融資を受けやすくなっています。

赤字でも融資を受けたい場合には、金融機関のタイプも見て申し込む先を選ぶことが大切です。大きな銀行よりも小さな地方銀行、銀行よりも信用金庫、信用組合と、可能性の高さで金融機関を選びましょう。

ファクタリングなら赤字決算でも資金調達が可能

 

金融機関での融資が受けられない、審査に落ちてしまった場合でも、資金調達のあてはあります。赤字決算でも黒字決算でも関係なく資金調達できるのがファクタリングです

ファクタリングが赤字でも使える理由とファクタリングのメリットをチェックしてみましょう。

ファクタリングが赤字決算でも資金調達できるのはなぜ?

ファクタリングが赤字決算でも資金調達できるのは、申し込み企業の経営状況に影響を受けない資金調達の方法だからです。

ファクタリングは、企業が保有している売掛債権を売却して現金化するサービスであり、資金を必要としている企業の信用力を必要としていません。そのため、赤字で金融機関からの融資が受けられない場合でも、ファクタリングであれば現金を手にすることができるのです。

ファクタリングで重要視されるのは、利用する企業ではなく売掛先の信用力です。買い取った売掛債権の回収見込みが高ければ、利用する企業が赤字であっても問題にはなりません。売上は上がっているのに支払いを受けるのは先、その間の資金繰りが苦しいというケースで有効に使える手段です。

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングは、金融機関などから融資を受けるのとは異なるメリットがあります。赤字経営でも資金調達できる点以外のメリットも確認しておきましょう。

まず、ファクタリングは融資ではないため、借入金を増やさずに資金調達できます。借入金も悪いことではありませんが、赤字経営している企業にとってはこれ以上増やすのは避けたいものです。しかし、ファクタリングであれば、売掛金の売買であって融資を受けるわけではありません。

また、借入を行うよりもスピーディーに行えることも多いのもファクタリングのメリットの一つです。融資を行う金融機関は決算資料などから将来的な資金計画、返済計画を精査します。そのため、審査は長引き、本当に必要なタイミングで資金を調達できない恐れもあります。

しかし、ファクタリングでは、その売掛債権の回収リスクだけを審査すればいいため、審査スピードは速く、現金を素早く手にすることが可能です。

その他赤字決算時に役立つ資金調達方法

赤字決算の企業でも、利用できる資金調達方法は他にもあります。いくつかの方法を検討して、自社に適したものを選びましょう。

今回は、『資金調達方法のメリット・デメリットを比較!19通りの資金調達法も紹介します』の記事から3つ抜粋しました。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、インターネット上に事業計画(プロジェクト)を公開して、資金を募る方法です。

その内容に共感し、支援したいと感じた不特定多数の人から資金を受け取ることができます。クラウドファンディングでは、返済方法にいくつかの種類があり、現金での返済の他、新商品や新サービスの提供で行うことも可能です。

ただし、クラウドファンディングでは不特定多数の人に呼び掛け、個々の関心や興味に頼る部分が多いため、確実に資金が集まるとは限りません。また、事業内容を部分的にせよ公開するため、内容を真似されるリスクもあります。

なお、クラウドファンディングは創業時の資金集めにも有効です。まだ金融機関の信用がないときは活用してみましょう。

ビジネスローン

ビジネスローンも申し込み時に決算書が必要なものもありますが、中には必要ない場合もあります。また、あらかじめ申し込みだけしておくと、利用限度額の範囲内で何度でも借入が可能です。

そのため、転ばぬ先の杖として、赤字になる前に申し込みだけ行っておくのも良いかもしれません。ただし、赤字になってからでは、審査通過は厳しくなります。ビジネスローンの審査は、決算数値を自動で判定するスコアリングシステムを採用することが多いため、赤字では通過しにくいのです。

セール・アンド・リースバック

セールアンドリースバックとは、資産を手元に置いたままリース会社などに売却する方法です。売却した資産は、リース契約を結ぶため、そのまま変わらずに使い続けられます。機械などの設備資産を対象とすることが多い方法です。

ただし、買取金額は比較的安くなり、リース費用がかさむため、利用には長期的、かつ慎重な判断が必要となります。

赤字決算の際はファクタリングの利用を検討しよう

赤字決算の場合でも、金融機関の融資が受けられないことばかりではありません。

状況次第ですが、赤字でも融資によって資金調達を果たすことはできます。赤字でも資金を必要としている場合には、融資担当者を納得させられる説明を準備し、適切な金融機関を選びましょう。

それでも融資を受けるのが難しい場合には、ファクタリングがおすすめです。ファクタリングであれば、赤字の理由に関係なく、売掛債権の信用力だけで審査を通過できます。また、融資ではないため、決算書の借入金額を増やすこともありません。

赤字決算だったからと言って、資金調達を諦める必要はありません。自社の利用できる方法を検討し、経営改善を積極的に目指しましょう。アクセルファクターでは、ファクタリングを通じて柔軟な資金調達を支援します。