資金繰りが悪化する原因と改善方法

資金繰りが悪化する原因と改善方法

カテゴリー
資金繰り

資金繰りの悪化は赤字経営が原因というイメージがあるかもしれませんが、現実には利益が安定して出ているのに資金繰りが悪化している企業もたくさんあります。

今回は資金繰りが悪化する原因と、その改善方法について詳しく解説します。

資金繰りが悪化する主な原因と対策

資金繰りが悪化する主な原因と対策

資金繰りの悪化は様々な要因によって引き起こされます。原因に合わせた対策を選ぶようにしましょう。資金繰りが悪化する原因と、原因別の対策は以下の通りです。

赤字経営

赤字経営は、資金繰り悪化の主な原因です。継続して赤字になると資金が流出し続けることになります。

赤字だからと言ってすぐに資金不足になるわけではありませんが、借入等の資金調達を繰り返すことで負債が積み重なり、最終的に資金繰りがショートするケースも多くあります。

赤字経営に対処するには、負債の増加を抑えながら、売上アップ、もしくはコストダウンをする必要があります。すぐに対策できるのはコストダウンです。

余計なコストを抑えて事業を安定させ、その後売上の増加を目指します。

貸倒れ・回収遅延の発生

売上が上がっていたとしても、売掛債権を回収できなければ、現金が手元に入らず、資金繰りは悪化します。

売掛債権の支払いの遅延は生じやすいトラブルの一つです。また取引先が倒産してしまえば売掛債権は貸倒れとなり、回収できなくなります。

このケースは、売上だけを見ていれば業績好調に見える点が厄介です。突発的な貸倒れの発生で黒字倒産になってしまう可能性もあります。

売掛債権の支払い遅延や貸倒れへのリスク対策として、あらかじめ取引先の信用度合いに応じて取引額を調整しておくとよいでしょう。

また連帯保証や抵当権を設定したり、保証会社を利用するのも一つの手です。

売上の減少

社会情勢の変化や、大口の取引先がなくなるなどで、急激に売上が減少するケースがあります。

人件費や家賃・水道光熱費等の固定費は、売上が減少してもかかり続けるため、固定費負担が相対的に重くなり資金繰りが悪化してしまうのです。

急激な売上の減少があった場合、それが通常の波の範囲なのか、それとも今後も続くものなのかを見極め、後者の場合は早急にコスト削減や事業縮小の方向に舵を切る必要があります。

売上の急激な増加・事業投資の急拡大

売上の減少だけでなく、急激な売上の増加も資金繰りを悪化させます。これは急激な売上の増加は、同時に仕入れや人件費の増加も招きます。

これらの支払いが売掛債権の入金前に起こることで資金繰りが悪化してしまうのです。

この場合は当面の運転資金を調達できれば解決するため、深刻な事態には陥りにくいです。

業績好調ということもあって融資や出資も受けやすいでしょう。資金調達の方法について詳しくは以下の記事で説明しているので参考にしてください。

不良在庫を抱えすぎている

売れ残りや過剰在庫のように不良在庫を抱えすぎている場合、キャッシュフローも悪化します。

在庫が過剰にあるのは、仕入れても売上になっていない、経費だけ支払って利益になっていない状態です。

在庫数量を決めるときには商品の需要や調達期間、回転率等を参考に適正な在庫量を見極めましょう。

過剰在庫になりやすい、つまり売れにくい商品がどのようなものかを分析して把握することも過剰在庫防止に役立ちます。

借入の増大によって返済が困難になっている

売上や利益の規模に対して無理がある融資を受けた場合も、後から返済が困難になってしまうことがあります。

融資を申し込む際には、返済計画を慎重に立ててください。将来の利益に費用を足した額以上の返済額になっていないか確認しておきましょう。

返済が困難な場合は、金融機関に対して返済条件を交渉します。返済額の減額や返済の繰り延べを打診してみましょう。

支払いサイトのバランス不良

買掛金の支払いサイトと売掛金の回収サイトのバランスが合わないと資金繰りは悪化していきます。

例えば、経費の支払いが1ヵ月後なのに、売掛金の回収が2ヵ月後である場合、回収期日より支払い期日が早く来るため、手元の資金が不足しやすいです。

原則的には、回収は早く、支払いは遅くした方が資金繰りは楽になります。

現状でバランス不良が起きている場合は、取引先に交渉するなど、早めに対応してください。

売掛金の回収サイトを早められない場合は、売掛債権を売却して現金化できるファクタリングの利用も資金繰り改善に役立ちます。

過剰な設備投資

事業の拡大をするために設備投資は必要です。しかし、過剰な設備投資はコストがかさんで、資金繰りの悪化を招きます。

特に新商品のための設備投資は、売上の予測がつきにくいため大きなリスクを伴います。

安易な設備投資は避けて、まずはテストマーケティング等で確実性を高めるようにしてください。

また、設備投資の資金として借入は利用せず、余剰資金を使うようにしましょう。

資金繰りが悪化した場合の改善方法

資金繰りの悪化してしまった場合、できる限り早く対処し改善を目指しましょう。

売上が減った、赤字になったという場合は、利益を増やすために利益率が高い商品の販売に注力するのが定石です。

売れる商品ではなく儲かる商品は異なり、それぞれ重要ではありますが、資金面では利益率の高い商品に集中することをおすすめします。

また、支出の管理を徹底することも重要です。

例えば、借入金の返済が負担になっている場合には、返済スケジュールの見直しや一本化を考えます。

税金の年間支払スケジュールの把握も大切です。前もって支払いが来ることがわかっていれば、そのためのお金を準備しておけます。

その他に、支払っている経費が売上や利益に貢献しているかどうかもチェックしましょう。昔は必要だった経費も時の流れによって、重要でなくなっている場合もあります。不要な支出は減らし、場合によっては外注やアウトソーシングも活用しましょう。

資金繰りの悪化を防ぐために資金繰り表を作成しよう

現金の動きを知るためにおすすめしたいのが、資金繰り表の作成です。あらかじめ予定されている支払いや入金日をまとめておくことによって、事前に資金不足になる時期を把握できます。

資金繰り表は、売上の発生タイミングでなく、現金入金のタイミングを記載していきます。

作成する際は、始めに売上を見積もり、現金回収の予測を立てておきます。まだはっきりとわからない場合には、過去のデータや事業計画を参考にしますが、できるだけ正確に予想するようにしてください。

また、取引先によって売掛金の回収までにかかる時間が異なるはずなので、必ず個別に予測していつ手元に現金が入るのかをはっきりさせましょう。

支出は、固定費と変動費を分けて考え、変動費は売上の見積もりに連動して算出してください。当然費用も仕入や経費発生時点ではなく、現金を拠出するタイミングで資金繰り表に記載します。

その他、資金調達や返済といった財務に関わる内容も記載してまとめておきましょう。

これらの記載が終わると、特定時点での現金残高、資金繰りが明らかになります。

現金残高が少なくなりそうな場面では、取り急ぎの資金調達や支払い時期の調整が必要になるでしょう。作成するだけでなく、随時更新して資金計画に役立ててください。

資金繰り表に決まったフォーマットはありません。市販のソフトもありますが、エクセルでも作成可能です。難しくはないので、すぐにでも作成してみましょう。

現状、資金繰りに困っていないとしても、お金の流れをわかりやすくしておくことは、経営の無駄の削減、効率化にも役立ちます。

資金繰り表の作成方法については、以下のページで詳しく紹介しています。

資金繰りの悪化原因と対策まとめ

資金繰りの悪化を防ぐためには、日ごろからお金の流れを把握して資金に余裕をもって置くことが大切です。資金調達の方法は様々ですが、事業内容や経営状況によって適した方法が異なります。自社の経営の問題点や資金繰りが悪化する原因を把握して、自社に適した改善方法を見つけてください。