売掛債権とは?売掛金との違いや回収・管理方法を詳しく解説!

売掛債権とは?売掛金との違いや回収・管理方法を詳しく解説!

カテゴリー
資金繰り

売掛金と似たような意味で使われる言葉に「売掛債権」があります。ただ実際には、売掛金と売掛債権は異なる概念です。

今回は、売掛債権と売掛金の違いと、売掛債権の回収・管理の方法について解説します。

売掛債権とは?

売掛債権とは、信用取引によって生じた、将来お金を受け取れる権利を意味しており、売上債権とも呼ばれます。似た言葉である「売掛金」は売掛債権の一種です。
下記で詳しく解説します。

売掛債権と売掛金の違い

売掛債権と売掛金の違い

売掛債権と売掛金は名称も似ているため混同しがちです。売掛債権は、売上にかかる債権全般を表す言葉です。

一方、売掛金は売掛債権の一部で、販売時に受取手形や現金の受け取りがない時には売掛金が使われます。

売掛金だけでなく受取手形も売掛債権に含まれます。信用取引での売上のうち、手形を発行する場合受取手形を、手形を発行しない場合売掛金をそれぞれ計上します。

売掛債権と売上債権の違い

売掛債権と似た言葉に「売上債権」があります。この2つは呼び方が違うだけで意味は同じです。どちらも売上に関わる権利を表す言葉なので、売掛債権と売上債権のどちらを使っても間違いではありません。

売掛債権の種類

売掛債権に含まれるのは、売掛金と受取手形の2つです。それぞれについて詳しく解説します。

売掛金

売掛金とは、掛け(ツケ)による売上で発生する後日お金を受け取れる権利を意味します。売上時点では現金は手元に入りませんが、いずれ回収して現金(普通預金等)となるため、資産として扱います。

売掛金について詳しくは下記ページも参考にしてください。

受取手形

受取手形も売掛金と同様に、売上の対価として将来代金を受け取る権利を表す言葉です。約束手形という相手が発行した証書があるかどうかが売掛金との違いです。取引先から受け取る約束手形や為替手形は、受取手形という勘定科目で処理します。

受取手形には支払日が設定されており、定められた支払い期日に手形の額面を金融機関で受け取る仕組みです。

売掛金はいわば口約束のようなものですが、受取手形は証書を通して法的な強い拘束力が生じます。手数料を支払えば、期日前に受取手形を現金化することも可能で、これを手形割引と呼びます。

補足:未収入金は売掛債権ではない

将来的にお金を受け取ることができる権利、未回収の代金として未収入金という勘定科目が使われることもあります。売掛債権と未収入金は全くの別物です。

売掛債権は、事業として提供している商品やサービスの販売によって発生したものを指します。一方未収入金は事業以外で生じた債権を指します。具体的には有価証券や固定資産、備品の売却等で得られた代金を後から受け取るといった場合に未収入金が使われます。

売掛金と未収入金との違いについては、下記ページも参考にしてください。

売掛債権の仕訳

売掛債権が登場する仕訳にどのようなものがあるか一部ご紹介します。

売掛金

売掛金は、売上のタイミングで計上して、入金のタイミングで消し込む処理をおこないます。

【事例1】

商品50,000円を売り上げた。売上の支払いは掛けとする。

借方 貸方
売掛金 50,000 売上 50,000

上記の仕訳で資産の部に売掛金が計上されます。
次に代金回収後の仕訳を見てみましょう。

借方 貸方
現金 50,000 売掛金 50,000

売掛金に対して支払いがあった場合、会社の資産状況としては、現金が増えて売掛金が減ったことになります。そのため、借方に現金を、貸方に売掛金を計上して消込みます。

受取手形

受取手形で売上げた場合も、売掛金と同じように売上のタイミングで計上して、入金後に消し込む処理を行います。

【事例2】

商品50,000円を売り上げた。代金として、約束手形50,000円を受け取った。

借方 貸方
受取手形 50,000 売上 50,000

上記の仕訳で資産の部に受取手形が計上されます。
次に代金回収後の仕訳を見てみましょう。

借方 貸方
現金 50,000 受取手形 50,000

受取手形を現金化したら、現金を借方に計上して受取手形を消込む処理を行います。
売掛債権を計上して消し込む流れは、売掛金も受取手形も変わりません。

売掛債権の回収・管理方法

売掛債権は資産として分類される勘定科目です。資産として計上されるのであれば、たくさんあっても良いと考えてしまうのは大きな間違いです。

売掛債権が多いのは、売上を現金化できていないことを意味しています。せっかく売上があっても、現金化できなければ次の仕入や人件費といった事業に必要な費用を捻出できません。

売掛債権は計上するだけでなく、管理と回収が必須です。どのような方法があるのか紹介します。

売掛債権の回収方法

掛取引をスタートする際に、必ず決めておきたいのが回収方法です。売掛金は、銀行振り込みによる回収が一般的です。

また、取引先と会って直接現金で回収する場合もあります。振り込みの場合は、いつ振り込みしてもらうかあらかじめ確認しておきましょう。振り込みのタイミングで連絡してもらうか、ネットバンキングを使って入金を確認すると安心です。

受取手形の回収は、期日に銀行へ受取手形を持ち込むのが一般的です。また、期日前であっても手数料を支払って受取手形を現金化することも可能です。

その場合には、現金化にかかる手数料を手形売却損として計上します。

売掛金の回収方法について詳しくは、下記ページも参考にしてください。

売掛債権の回転期間の目安と計算方法

売掛債権の回収について、現状を把握したい場合には売掛債権の回転期間を算出してみてください。売掛債権が発生してから回収するまでの期間を売掛債権の回転期間といいます。

売掛債権の回転期間を計算するには、売掛債権の金額を年間売上高で割ります。日商で計算する場合には365日、月商の場合には12ヵ月で割ると回転期間を計算できます。

貸借対照表から売掛金と受取手形、損益計算書の年間売上高を調べて計算してみてください。

売掛債権の回転期間として適正とされている目安はおよそ30日以下です。これよりも日数が多い場合には資本効率が悪いと考えられるため、資金繰りにも行き詰るリスクを考えなればいけません。

売掛債権回転期間は、個人の消費者を相手にする場合には短く、法人相手の時には長くなる傾向があります。業態によっても適正な水準は異なるため、継続的に記録していくことで売掛債権の管理に役立てましょう。

売掛債権回転期間については下記ページでも紹介しているのでご確認ください。

売掛債権の時効に注意

売掛債権の回収に時間がかかかっている場合には、時効にも注意をしなければいけません。売掛債権は支払ってもらうことが前提ですが、取引先の支払い忘れや手違いで支払われないことがあります。

売掛金は債権の一種で、消滅時効があります。支払われないままに放っておくと、支払いを受ける権利が消滅してしまうのです。

民法により、取引の種類ごと時効までの期間が定められています。最も一般的な商品の売買であれば、2年で時効になります。宿泊費用や飲食費用であれば1年工事の設計・施工・医師の診療報酬であれば3年その他の取引で5年なので、あらかじめどの時効期間が適用されるのかチェックしておいてください。

売掛債権の管理を怠っていると、うっかり忘れていて時効になる可能性もあります。支払いに遅れが生じた場合は、必ず債務者にも連絡をして、支払予定日や売掛債権の額を確認してください。支払いの請求を忘れないためにも、売掛債権の管理が重要です。

売掛債権を利用した資金繰り改善方法

資金繰りが厳しくなった場合、売掛債権を売却する、または売掛債権を担保に融資を受けるなど、売掛債権を利用した資金調達が可能です。

売掛債権を利用した資金調達の方法をご紹介します。

ファクタリング

ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらって現金化する資金調達方法です。定められた支払日よりも早く売掛金を現金化できるため、資金繰りの改善に役立ちます。

ファクタリングの利用は、早期に現金が必要な会社銀行の融資審査が通らなかった会社におすすめです。ファクタリングは無担保、無保証人でも利用でき、現金化までが早いという特長があります。

創業したてで実績がない、担保や保証人が立てられず融資を受けられなかったという場合も、ファクタリングなら利用できる可能性があります。

ファクタリングについて詳しく知りたいという方は下記ページもご確認ください。

手形割引

手形割引は、割引手数料を支払って銀行や手形割引業者に手形を引き取ってもらい、早期に現金化する資金調達方法です。

一般的に手形の支払いは3~4ヵ月かかります。手形割引は支払い期日よりも前に現金化できるので、急いで資金を用意したい場合に便利です。

ただし、手形割引は手形を担保にしておこなう融資なので、利用するときには審査を受けます。一般的な融資よりは通りやすいですが、与信状況が悪い場合には手形割引を断られることがあります。

また、手形が不渡りになってしまった場合には買い戻さなければならない点にも注意が必要です。

ファクタリングト手形割引の違いについては下記ページで詳しく解説しています。

売掛債権担保融資(ABL融資)

売掛債権は買取してもらう以外に、担保にして金融機関から融資を受ける方法があります。売掛債権を担保にした融資が売掛債権担保融資(ABL)です。

売掛債権担保融資(ABL)は、売掛債権の評価や状況、企業の経営状況などを考慮して金利や融資額が決まります。無担保の融資と比較すれば、金利が低めで審査を通過しやすい点が大きなメリット。

しかし、融資までに時間がかかってしまうこともあるので、緊急での資金調達には向かないこともあります。

ABL融資について詳しくは下記ページを参照してください。

売掛金と売掛債権のまとめ

売掛金と売掛債権は似た言葉ではありますが、その言葉が指している意味は異なります。会計処理や実務でも扱いが変わるので、正確に使い分けるようにしてください。

売掛債権が受取手形なのか売掛金なのかによって、選べる資金調達も変わってきます。保有している売掛債権にあわせて、適した資金調達手段を選ぶようにしてください。