引当金と貸倒繰入金(貸倒引当金繰入)の違いとは?仕訳例を紹介

カテゴリー
会計

この記事の監修者

山田新先生

所属:山田新公認会計士・税理士事務所

山田新

静岡県静岡市生まれ。
公認会計士試験合格後、2005年12月に中央青山監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)に入社。その後、株式会社ディー・エヌ・エー、都内の税理士法人を経て2014年3月に山田新公認会計士・税理士事務所を静岡市に設立、独立開業。
法人個人の申告、相続税申告から会計監査、会計コンサルティングまで幅広くサービスを展開。

事務所HP:https://www.yamadaarata.jp/about/

貸倒引当金は決算書類などでもよく目にする単語です。しかし日常では使わない負債なので、なじみがない方も多いかもしれません。もともと貸倒引当金と貸倒引当金繰入の概念は、会計上の利益の考え方から生まれました。

ここでは貸倒引当金と貸倒引当金繰入にどのような違いがあるのか、実務上どのように仕訳をするのか紹介します。

貸倒引当金と貸倒引当金繰入の違い

貸借対照表や損益計算書には、日常生活で耳にしないような言葉も数多く出てきます。特に混同しがちなのが貸倒引当金と貸倒引当金繰入、つまり貸倒引当金繰入の違いです。貸倒引当金と貸倒引当金繰入の違いについては以下の表にわかりやすくまとめました。

貸倒引当金とは

貸借対照表や損益計算書を作成する目的の一つが正確な期間損益を計算することです。その際に期間損益を計算するために必要となる概念が貸倒引当金となります。貸倒引当金があることで、起こりうるリスクを期間ごとに合理的に配分することが可能です。ここでは貸倒引当金を計上する目的から、実務上の処理までを紹介します

貸倒引当金の目的

貸し倒れとは、計上していた売掛金や受取手形が回収できなくなるケースを指します。つまり、取引先の倒産などの原因で、お金の回収ができない状態です。

金銭債権の貸し倒れを、回収不能になった時にだけ処理することも可能でしょう。しかし、回収不能になった時点で計上すると、その債権が回収不能になった年にだけ大きく損失が出てしまうことになります。

これは適正な期間損益計上の観点から見て好ましくありません。

引当金とは将来の損失に備えるためのものです。将来貸し倒れる可能性がどの程度あるかを見積もって、引当金を計上することで、将来の損失を配分することができます。

貸倒引当金の繰り入れ方法

貸倒引当金を計上する方法には、「洗替法」と「差額補充法」の二つがあります。

税法上は「洗替法」が原則ですが、条件を満たせば「差額補充法」で計上することもできます。「洗替法」と「差額補充法」のどちらで計算しても、当期純利益に与える影響は変わりません。貸借対照表上の貸倒引当金残高も同じになります。

・洗替法 洗替法は前の期末に設定した貸倒引当金を全額、収益として一度戻し入れる方法です。そして、当期末にあらためて貸倒引当金を繰り入れる処理を行います。

・差額補充法 差額補充法は、当期末に計上する貸倒引当金を計算して、前期末に計上した貸倒引当金との差額分を費用、もしくは収益として計上する方法です。

貸倒引当金の勘定科目

貸倒引当金の勘定科目は『貸倒引当金』として、貸借対照表に計上します。特殊な勘定科目で、負債と同じ貸方に計上することで資産のマイナスとして扱います。

貸倒引当金繰入とは

貸倒引当金は通常、事業年度末に保有している金銭債権の額に応じて計上されます。そのときに発生するのが貸倒引当金繰入です。繰り入れとは貸倒引当金を増やすことを言います。ここでは貸倒引当金繰入の目的について紹介します。

貸倒引当金繰入の目的

貸倒引当金繰入は、決算整理で貸倒引当金を計上して繰り入れるための見積もり費用を言います。貸倒損失の場合は実際に貸し倒れした金額ですが、貸倒引当金繰入の場合はあくまでも見積もりです。見積もりである貸倒引当金を計上するために、繰り入れる繰入金が貸倒引当金繰入です。

貸倒引当金繰入の勘定科目

貸倒引当金繰入を行った時は勘定科目の『貸倒引当金繰入(費用)』として処理します。逆に貸倒引当金を減らす場合のことを貸倒引当金戻入と呼び、勘定科目の『貸倒引当金戻入(収益)』として処理します。

その他貸し倒れに関する勘定科目

貸し倒れは、貸し倒れとなったタイミングや回収できた場合などさまざまな処理のケースがあります。ここでは貸し倒れに関係する勘定科目について紹介します。

貸倒引当金戻入

貸倒引当金は通常事業年度末の金銭債権の金額に応じて計算されるため、当期末で計上すべき貸倒引当金を計算します。その際に計上した貸倒引当金を戻すことを貸倒引当金戻入と呼びます。

洗替法の場合は、前期末の貸倒引当金のうち全額を貸倒引当金戻入で消し込み、再度当期末の貸倒引当金を計算して貸倒引当金繰入で処理します。

差額補充法を採用した場合は、前期末に計上した貸倒引当金を減らす際に、貸倒引当金戻入を使います。

貸倒損失

貸倒損失とは、金銭債権を回収できなくなったときに損失を処理するために使う勘定科目です。例えば取引先の倒産で売掛金が回収できなくなった場合や関連会社への貸付金が回収できない場合などは、貸倒損失として費用処理します。

償却債権取立益

貸倒損失として処理した債権が回収できた場合、その回収できた金額は償却債権取立益として計上します。過去の年度で計上した貸倒損失は後から取り消すことができません。その代わりに、回収できた債権の額はその債権を回収した期の収益として計上することができます。

貸倒引当金に関する仕訳・会計処理

会計処理する場合は貸倒引当金の繰り入れから取り崩し、仕訳をする必要があります。貸倒引当金に関わる仕訳や会計処理をまとめました。

貸倒引当金繰入の仕訳

 (借方)貸倒引当金繰入 20,000     (貸方)貸倒引当金 20,000

例)売掛金と受取手形の残高が1,000,000円であるとき、3%の貸倒引当金を計上する。

なお前期までの貸倒引当金の残高は10,000円である。 貸倒引当金繰入は差額補充法と洗替法どちらを採用するかによって仕訳が違います。ここでは、差額補充法を採用した場合の貸倒引当金繰入の仕訳を紹介します。

金銭債権1,000,000円に対して3%の見積もりで、30,000円が貸倒引当金となります。前期の貸倒引当金が10,000円あるため、差額である20,000円を貸倒引当金繰入として計上します。

貸倒引当金戻入の仕訳

(借方)貸倒引当金 10,000     (貸方)貸倒引当金戻入 10,000

例) 売掛金と受取手形の残高が1,000,000円であるとき、3%の貸倒引当金を計上する。 なお前期までの貸倒引当金の残高は40,000円である。 前期の貸倒引当金が余分にある場合には、当期の決算で取り崩すことになります。

前期以前に貸し倒れとして処理したものが回収できた時の仕訳

(借方)現金 200,000     (貸方)償却債権取立益 200,000

例)前期に貸し倒れとして処理した、売掛金200,000円を現金で回収した。 前期以前に貸し倒れ処理した債権を回収した場合は、償却債権取立益として計上します。

貸倒損失が発生した際の仕訳

金銭債権が回収できなかった場合の仕訳は貸倒引当金を計上した場合と、そうでない場合があります。ケースごとに確認してみましょう。

(借方)貸倒損失 100,000     (貸方)売掛金 100,000

例)売掛金100,000円が取引先の倒産によって回収できなくなった。貸倒引当金は設定していない。

(借方)貸倒損失 50,000  貸倒引当金 50,000 (貸方)売掛金 100,000

例)売掛金100,000円が取引先の倒産によって回収できなくなった。貸倒引当金は50,000円設定している

監修者からのコメント

山田新

山田新先生

記事の通り、貸倒引当金は適正な期間損益計算のために設定するものでして、これによって会社の経営成績を適切に把握することができます。貸倒引当金を設定するうえで注意しなければならない点として、貸倒引当金の設定金額には税務上制約があります。上限を超えて設定した場合には損金として認められませんのでご注意ください。