売掛金と買掛金の違いとは?それぞれの管理方法や仕訳について

カテゴリー
会計

企業間の取引で使われる「売掛金」「買掛金」という言葉。取引時や決算書類などで初めて目にした人もいるかもしれません。

また聞いたことがあっても、実はよくわかっていないという人もいるのではないでしょうか?今回は、この2つの言葉の意味と違いを詳しく解説します。

売掛金と買掛金の違い

売掛金と買掛金の「掛」とは、掛取引を意味します。「掛け」とは簡単に説明すれば、ツケによる取引のこと。

契約の都度代金をやり取りするのではなく、期日を設定してまとめて支払い・受け取りをおこなう取引です。

売掛金と買掛金の意味について詳しく見ていきましょう。

売掛金とは「まだ受け取っていない代金」

売掛金は、取引先と掛け取引を行った際の「商品やサービスの提供は完了しているが、まだ代金を受け取っていない状態のお金」を指します。

売掛金は受取手形などと同様、貸借対照表では資産に計上します。ただし、受取手形のような証書は発行されないので、信用取引に区分されます。

売掛金について詳しくは「売掛金とは?」のページもご確認ください。

買掛金とは「まだ支払っていない代金」

売掛金に対して買掛金は、掛け取引で取引先から「商品やサービスの提供を受けた時に発生する、後々に支払わないといけない代金」を指します。

貸借対照表では負債に計上されます。また、一般的に支払い期間が短く流動負債に分類されます。

売掛金と買掛金を混同してしまう人のための覚え方

売掛金と買掛金は慣れてしまえば間違えることはありません。しかし、耳慣れない言葉だからついつい混同してしまう人もいるでしょう。

どうしても混同してしまうときには、「掛」を「ツケ」に置き換えてみてください。

  • ・売掛金は「売ったツケのお金」なので後でもらえるお金
  • ・買掛金は「買ったツケのお金」なので後で支払うお金

また、「掛」を「まだ」に置き換える方法もあります。

  • ・売掛金は売ったけど「まだ」もらえてないお金
  • ・買掛金は買ったけど「まだ」支払っていないお金

言葉に慣れるまでは、どちらか覚えやすいほうで理解しておきましょう。

補足1:売掛金と未収金・未収入金の違い

売掛金は、買掛金だけでなく「未収入金(未収金)」とも混同しやすいでしょう。

売掛金と未収入金の違いは、通常取引で発生したか否かです。売掛金は通常の取引に際して発生した未回収のお金で、未収入金は営業取引外で発生したものを指します。

例えば、小売店が商品を販売して得た未回収の代金は売掛金です。一方で、小売店が保有している不動産や備品の売却など、本業ではない所で発生した未回収の代金は未収入金になります。

売掛金と未収入金の違いについては以下のページもご確認ください。

補足2:買掛金と未払金・未払費用の違い

買掛金に似た勘定科目に「未払金」「未払費用」があります。売掛金・未収入金の違いと同じく、通常取引で発生したか否かが主な違いとなります。

例えば、小売店が仕入れとして購入した代金が未払いの場合は買掛金になりますが、仕入れ以外の目的で購入した場合の代金債務は未払金勘定で処理します。

なお、未払金と未払費用は異なる勘定科目です。未払金は支払いが確定した状態で未払いの金額、未払費用は継続契約で支払期日が来ていないため未払いとなっている金額を指します。

未払金は固定資産の購入費等に、未払費用は家賃や保険料・リース代金などに使われます。

売掛金と買掛金の仕訳

では、売掛金と買掛金が発生したとき、支払いが完了したときに、実際どのような仕訳が行われるのか見ていきましょう。

売掛金の仕訳

売掛金は、資産の部に計上する勘定科目です。そのため、売掛金が増えた場合には、資産の増加として借方に計上します。ここでは実際の仕訳を例にとって紹介します。

売掛金が発生した場合の仕訳

【例①】

商品100,000円を売上げて商品を引き渡した。商品代金は翌月に支払いを受ける。

【仕訳】

借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額 摘要
売掛金 100,000 売上 100,000 商品掛売上

売掛金が支払われた場合の仕訳

【例②】

売掛金100,000円が普通預金に入金された。

【仕訳】

借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額 摘要
普通預金 100,000 売掛金 100,000 売掛金回収

掛代金の支払いを受けた場合は、売掛金という資産が減少したことを意味します。売掛金を貸方に計上して売掛金を減らす仕訳をおこないます。

買掛金の仕訳

買掛金は負債の部に計上する勘定科目なので、増加した時には貸方に、減少した時には借方に計上します。

買掛金が発生した場合の仕訳

【例③】

商品100,000円を仕入れて商品の引き渡しを受けた。商品代金は翌月に支払うこととする。

【仕訳】

借方 貸方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
仕入 100,000 買掛金 100,000 商品掛仕入

買掛金を支払った場合の仕訳

【例④】

買掛金100,000円を現金で支払った。

【仕訳】

借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額 摘要
買掛金 100,000 現金 100,000 買掛金支払い

負債の部の勘定科目である買掛金は、増加した場合には貸方、減少した場合には借方に計上します。

売掛金と買掛金の管理方法

売掛金と買掛金の管理は、企業の運営に大きく影響します。せっかく売上があっても、代金を回収できなければ企業の手元にお金が残りません。

また買掛金の支払い日を把握していないと、支払いができなくなってしまう可能性もあります。

特に営業部門では、売掛金と買掛金の状態を正しく把握できるよう管理しておくようにしましょう。

売掛金と買掛金管理に便利なのが売掛金管理表、買掛金管理表です。WEB上に無料のテンプレートもあるので、自由にカスタマイズして使うこともできます。

また、自社に使いやすいものを一から作っても良いでしょう。必要な項目は以下の通りです。

取引先名(取引先コード)

取引先名は管理のために必ず記載します。取引先ごとに売掛金の残高を管理したいときにも便利です。

またコードナンバーをあらかじめ用意しておくと、他部門でも管理しやすくなるでしょう。

入金金額

入金予定金額も記載します。値引きや振込手数料等の取り決めがあればそちらも記載しておきます。

入金方法

入金方法を振込入金・現金・手形などから選べるようにします。複数口座がある場合は、どの口座に入金されるかわかるようにしておきましょう。

入金予定日

いつ入金されるのかを記載します。商品納入日や請求書の日付も必要に応じて欄を作っておくと確認しやすくなります。

売掛金管理表と買掛金管理表のほかに、未払金管理表も必要に応じて作成しておきましょう。

これらの管理表を使う目的はお金の流れを予測することです。キャッシュフローを把握して、資金を有効活用するためにも管理表を使うことをおすすめします。

実際に使ってみてから、業務に合わせて管理表をアレンジしてみましょう。

売掛金と買掛金の適正なバランスとは

売掛金は資産に計上されるため「多ければ多いほどいい」と思われがちです。同じく買掛金は「少なければ少ないほどいい」と考える人もいるでしょう。

しかし実際は両者のバランスが重要になります。売掛金と買掛金の適正なバランスについてみていきましょう。

売掛金の方が多い状態が正常

まず、健全な経営がされている場合、一般的には買掛金よりも売掛金が多くなります。商売の基本は仕入れよりも高く売って、差額を利益にすることです。

単純に仕入れたものを全て販売していれば、買掛金よりも売掛金が大きくなります。逆に買掛金のほうが多いということは、仕入れたものが売れ残っていることを示唆します。

ただし、大きな売り上げを目指して大量に仕入れた場合、一時的に買掛金が増えることもあるので、「買掛金の方が多い=悪」ではないということは理解しておきましょう。

売掛金が多い状態はリスクも大きい

売掛金は資産なので多い方がいいと考える人も多いでしょう。しかし、売掛金は商品が売れたのにお金が入ってこないことを意味します。

特に回収サイトが長い売掛金が多いとキャッシュフローが悪化しやすく、経営に影響します。また、売掛金が多くなれば、取引先の倒産など貸し倒れリスクも高まります。

一方で買掛金が多ければ、支払いに猶予が生まれるため資金を新しい投資や事業に使うことが可能です。

売掛金は確かに資産ですが、多い状態はメリットばかりではないと覚えておきましょう。掛取引メインの場合は、与信管理の徹底が必要です。

売掛金の回収サイトが長い場合には、短くできないか交渉をすることをおすすめします。

ファクタリングで売掛金の入金を早めることが可能

回収サイトが長い売掛金が多い場合、キャッシュフローの悪化が懸念されます。最悪の場合黒字倒産の可能性もあるので注意が必要です。

回収サイトが長い売掛金はファクタリングで現金化することも検討しましょう。ファクタリングは売掛債権を売却する資金調達方法です。

売掛債権を早期に現金化でき、貸倒リスクも回避できます。企業のキャッシュフロー改善に有効な手段です。

売掛金と買掛金の違いまとめ

売掛金と買掛金は、掛取引で生じる債権と債務です。企業の取引で頻出する言葉なので、しっかりと理解しておきたいですね。

売掛金と買掛金はバランスが重要です。売掛金過多の状態であればファクタリングも検討してみてください。

企業運営にキャッシュは欠かすことができません。売掛金の滞留を防いで資金を事業に活用しましょう。