買掛金とは?売掛金との違いや仕訳の具体例を徹底解説

カテゴリー
会計

勘定科目としても出てくる機会が多い買掛金。なんとなく聞いたことがある単語として買掛金を理解している人もいるかもしれません。そもそも買掛金が何なのか、買掛金の定義から仕訳までまとめました。

買掛金とは?

買掛金とは、商品・サービスの購入代金を後日支払う掛け取引の費用・勘定科目のことです

掛取引に使われる勘定科目で、経理書類でも頻繁に目にすることがあるでしょう。買掛金の定義や他の勘定科目との違いをまとめました。

買掛金の定義

買掛金は、取引先との取引によって発生した買入代金のうち、支払われていないものを言います。例えば商品の仕入れ代金や原材料、外注加工の依頼料などが含まれます。

買掛金と混同されやすい勘定科目として、未払金と未払費用もあります。

未払い金は通常の営業活動で生じた買掛金以外の未払金や、営業活動以外の取引で発生した未払いの費用です。例えば建物など固定資産の代金未払いや、水道光熱費の未払い、交際費、広告費の未払いが挙げられます。

また未払い費用は一定の契約によって継続しているサービスの提供を受けている際にサービスに対してまだ支払っていない費用を言います。例えば社会保険料や家賃、地代やリース料が該当します。

買掛金の仕組み

買掛金の仕組みは、商品の引き渡しよりお金の支払いが後になるというものです。

取引は売り手と買い手の双方向の営業活動です。

企業同士の取引では商品やサービスの提供と同時に代金の支払いになることはあまりありません。多くの場合は商品やサービスの提供が先になる掛取引です。

自社が取引先から商品を購入して、支払いを先延ばしすることで買掛金が発生します。この売り買いの立場が逆になる、つまり自社が売上て、その支払いを遅らせた時に発生するのが売掛金です。

買掛金と売掛金の違い

商品やサービスを受け渡しした側が回収していない代金のことを売掛金と呼び、逆に商品を仕入れた側がまだ支払っていない代金を買掛金と言います

売掛金が代金を受け取ることができる権利である反対に、買掛金は代金を後で支払わなければいけない義務を意味しています。

売掛金と買掛金はどちらも貸借対照表の勘定科目です。売掛金と買掛金の勘定科目はある時点でそれぞれの残高がどれくらい残っているのかを示しています。

売掛金は後からお金を受け取ることができる権利なので、資産の項目に分類されます。一方で買掛金は後でお金を支払う義務なので、負債の項目に計上されます。

買掛金の仕訳

買掛金は経理処理でも頻繁に出てくる勘定科目です。買掛金はどのように仕訳すれば良いのでしょうか。買掛金の仕訳を紹介します。

買掛金の勘定科目

買掛金は商品やサービスの引き渡しを受けて、代金を支払っていない時に、支払いの義務を表す勘定科目で負債に分類されます。

買掛金は負債なので、増えた時には貸方に記載します。また買掛金の支払いをした時には借方に記載して減らします。

買掛金の仕訳例

(仕訳例1)A社は取引先B社から商品100万円の仕入れ取引をおこなった。代金は掛払いである。

借方

貸方

仕入100万円

買掛金100万円

・B社の取引

借方

貸方

売掛金100万円

売上100万円

A社は代金の未払いがあり、負債科目の買掛金が増えるため貸方に記載します。B社はA者に対して商品を売り上げたたため、商品の代金を受け取る権利である売掛金を計上します。

(仕訳例2)A社はB社との間の買掛金のうち10万円を支払った。

・A社の取引

借方

貸方

買掛金10万円

現金10万円

・B社の取引

借方

貸方

売掛金10万円

売上10万円

A社は買掛金の代金を支払うことで、現金が減少し、買掛金も減少します。B社は売掛代金を現金で受け取って、売掛金がなくなります。

買掛金の基礎知識

買掛金は日常的に使う勘定科目です。適切に会計処理を行うためには、日々買掛金の残高を合わせるように記帳しましょう。

買掛金を処理するときの基礎知識をまとめました。

買掛金元帳

買掛金元帳とは、得意先ごとに買掛金を管理するために設けられた補助簿のことです。仕入先元帳と呼ばれることもあります。

売掛金元帳と買掛金元帳は、掛取引が発生して経理処理する都度入力します。

取引があった場合は必ず取引を仕訳して経理処理をおこないます。しかし、仕訳には取引先名などを記載することはありません。そのため、各取引先ごとに売掛金、買掛金の状況を知るために、取引先によって元帳を作成します。

買掛金元帳はそもそも買掛金を記入するものなので、買掛金勘定を使わずに得意先名を使用することもあります。

買掛金元帳の記帳方法

買掛金元帳は取引ごとに必要な情報を記載します。以下に買掛金元帳の記載例を紹介します。

買掛金元帳

B社

令和3年

適用

借方

貸方

借/貸

残高

4月1日

前月繰越

 

100,000

100,000

10日

仕入

 

500,000

600,000

20日

支払

100,000

 

500,000

31日

次月繰越

500,000

     
   

600,000

600,000

   

5月1日

前月繰越

 

500,000

 
           

元帳の書き方の基本的なルールは売掛金元帳でも買掛金元帳でも同じです。各得意先ごとに分けて日付ごとに取引と残高を記録します。摘要欄に取引の内容を記載し、「借/貸」はその残高が借方残なのか、貸方残なのかを表しています。

回転期間と回転率

買掛金の状況は財務指標や会社の評価にも影響を与えます。買掛金がかかわっている仕入債務回転期間と仕入債務回転率について紹介します。

仕入債務回転期間とは

仕入債務回転期間とは、商品を仕入れてから、買掛金や支払い手形が決済されるまでの期間です

買掛金の回収は資金繰りを評価するときの指標にもなります。

買掛金や支払手形はいずれ支払いが発生する負債債務です。代金を支払うことで仕入債務は解消されます。仕入債務回転期間が長いということは、会社の債務支払いが遅れているということ。つまり売上やキャッシュフローが上手くいかずに、資金繰りの困っていることがわかります。

仕入債務回転期間が以前よりも長くなっている場合は、資金繰りが厳しくなっているのかもしれません。自社が商品を販売している取引先の仕入回転期間が伸びている場合は、未回収になってしまうリスクの高まりを意味しています。

未回収リスクを減らすためには取引先の仕入債務回転期間を確認しておきましょう。また自社の仕入債務回転期間が伸びている場合は、資金繰りに余裕がないため改善が求められます。

仕入債務回転期間とそ仕入債務回転率の計算方法

仕入債務回転期間は以下のように計算します。

 

仕入債務回転期間=仕入債務÷1ヵ月当たり仕入高

 

仕入債務回転期間は月単位でも日数単位でも計算可能です。日数単位で計算する場合は「仕入債務回転期間=仕入債務÷1日あたりの仕入高」で計算します。仕入債務については期首と期末の残高の平均が使われることが多いです。

 

仕入債務回転期間の目安は一般的に40日以下といわれていますが、業種や業態によっても違うため、何日以上であれば長いとはっきり決まっているわけではありません。継続して記録して変化を参考にして資金繰りをチェックために良く使われています。

さらに仕入債務回転率は以下の式で計算できます。

 

仕入債務回転率(%)= (売上原価÷仕入債務)× 100

 

仕入債務回転率の目安は1,200%以上とされていますが、これも業種や業態で違います。仕入債務回転期間も仕入債務回転率も与信管理の一指標です。

過去の取引から変化を見て事業規模の変化や財務諸表の変化との相関性がないかを確認してください。

まとめ

買掛金は得意先にとっては売掛金で大切な売上です。うっかりでも買掛金を支払い忘れてしまえば、得意先との信用問題に発展してしまう可能性もあります。

買掛金の支払い忘れを防ぐためには、買掛金元帳を使って不備なく買掛金を管理するとともに、買掛金の経理処理を正確に行いましょう。また自社の信用情報、未回収リスクを管理するためにも買掛金の情報は重要です。

なお、買掛金を用いたファクタリングも存在します。詳しくはリバースファクタリングのページをご覧ください。