未払金とは?未払費用や買掛金との違いと仕訳例

カテゴリー
会計

未払金は経理処理をしていても頻繁に目にする用語です。文字通り、未払いのお金は全て未払金で処理すると理解している人もいるかもしれません。しかし、未払金は似た言葉も多く、混同すれば経理処理にも障ります。未払金の性質やほかの勘定科目との違いについて紹介します。

未払金とは?

経理処理で未払金が計上されている場合、どのような取引から生じた未払金なのか確認しておく必要があります。ここでは未払金がどのような時に使われる勘定科目なのか、経理処理の扱いについて紹介します。

 

決算月、商品を後払いで購入した際に使う勘定科目

未払金は商品を購入して後から支払うときに使う勘定科目です。商品やサービスはすでに利用していて支払いは確定しているものの、代金の支払いが完了していないものを未払金で処理します。

 

貸借対照表では負債として貸方に記入

未払金は後からお金を支払わなければならない義務を意味するため、負債の勘定科目に属しています。未払金が計上されているということは、後から返済する義務があると考えてください。財務諸表から会社の経営状況を把握するときにも負債の内容は必ずチェックします。

 

未払金は流動負債

負債の中でも1年以内に支払期限が来るものは流動負債に分類され、支払い期限が1年以上になると固定負債として扱われます。未払金は通常支払い期限が1年以内のものを指すため流動負債です。支払期限が1年以上だと長期未払金と呼びます。

 

流動負債は企業の経営状況を分析するためにも使われます。流動負債には仕入債務である買掛金や支払手形のほか、その他流動負債として未払金、未払い費用、前受金、短期借受金、預かり金などがあります。さらに流動負債と逆に1年以内に現金化されるお金が流動資産です。

 

企業の経営分析で使われる流動比率は流動資産を流動負債で割って計算します。

 

『流動比率(%)=流動資産 ÷ 流動負債』の式で計算され、流動比率が100%以上、つまり流動資産のほうが多い状態では短期的に支払い能力に余裕があることがわかります。逆に100%未満だと短期的な支払いに余裕がありません。

 

流動資産、流動負債は銀行が経営状況を判断するときにも使う指標です。適切に経営状況を把握するためにも、毎回の取引で正しく会計処理するようにしてください。

 

支払期限が1年を超える場合は「長期未払金」

高額の備品や機械などを購入すると支払いが長期にわたるケースもあります。支払いが長期になるときに使う勘定科目が長期未払金です。

 

長期未払金は支払い期限が決算日の翌日から起算して1年を超えるもの、もしくは1年以上支払いが滞っている債務に使われます。長期未払金は通常の未払金と、会計上扱いが違うので間違わないように仕訳してください。

 

未払金の仕訳例

未払金は発生した時に計上して、入金時に消し込みます。実際にはどのような仕訳になるのか、未払金に関わる仕訳例を紹介します。

未払金発生時の仕訳

未払金が発生した時には、未払金で費用を計上します。

 

・購入時

【借方】         【貸方】

備品  100,000円     未払金   100,000円

        

未払金を支払った

未払金を支払った時には、負債である未払金を消し込みます。未払金を借方にして、支払い方法の現金や預金を貸方に記入してください。

 

・支払い時

【借方】         【貸方】

未払金  100,000円   当座預金   100,000円

             

年度またぎの未払金の仕訳

経費は発生した時に計上するため、購入時に仕訳することになります。また決算月が3月で3月20日に購入した商品の支払いが翌月4月になる場合は、経費をどちらの期のものとして計上するかが問題になります。

 

その際にお金の支払いをする4月に経費を計上してしまうと、翌期の経費になってしまうので発生した時とずれてしまうのです。そこで以下のような仕訳を行います。

・消耗品購入時

【借方】         【貸方】

消耗品費  1,000円     未払金   1,000円

             

・代金支払い時

【借方】         【貸方】

未払金  1,000円     当座預金   1,000円

             

上記のように仕訳することで経費を発生した会計期間に処理することができ、お金の流れも実際の流れに合うようになります。また未払金は同じ取引先から何度も購入して締め日にまとめてから支払うような場合にも使うことができます。

未払金と未払費用・未収金・買掛金の違い

勘定科目には未払金に似た用語として、未払費用や未収金、買掛金もあります。似た用語ではあってもそれぞれ会計上の扱いが違うため区別して処理しなければいけません。それぞれの違いをまとめました。

 

未払金と未払費用の違い

未払費用は継続的なサービスを受けるときに代金が後払いの場合に使われる勘定科目です。

未払金との違いは、まだ提供が継続されているものに対する負債である点です。

 

未払費用の具体例は借入金の利息や従業員への給与、家賃などが挙げられます。これらの費用は時間の経過に伴って発生する費用です。

 

決算日のように一定の時期でまとめてから期間分を計上します。未払費用はその性質、内容で未払金と区別するため、取引ごとにどちらか判断することになります。

 

未払費用には未払家賃や未払保険料、未払水道光熱費、未払利息のように個別の勘定科目で処理することもできます。

 

貸借対照表上の表示科目としては未払費用で表示する勘定科目ですが、内部で管理しやすいように個別に区分します。企業によって処理方法が違うため、今までどのように処理してきたのかを確認してください。

 

未払金と未払費用の違いについて詳しくはこちら

 

未払費用は給与の締め日と支給日が異なる場合にも使う

未払が発生するのは経費で商品を購入した場合だけではありません。毎月発生する給与も未払費用として処理する場合があります。

 

給与は基本的には給与手当の勘定科目で処理します。しかし、多くの企業では給与の締め日と支給日が異なる場合がほとんどです。例えば毎月末締め、翌月10日支払いの給与だと締め日と支払日で月をまたいでしまいます。

 

経費は発生主義で計上するため、給与の支払いが確定している締め日で経費を計上しなくてはいけません。そのため給与の締め日と支給日で2回の仕訳を行います。

 

・締め日

【借方】         【貸方】

給与手当  50000円    未払給与   50000円

 

・給与支給日

【借方】         【貸方】

未払給与  50000円     当座預金   50000円

未払給与はまだ支払っていない給与という意味です。通常の経費の未払金と区別するために未払給与で処理します。上記の仕訳によってその月の給与が当月の経費として計上され、月次損益が正しく計算できるのです。

 

未払金と未収金の違い

未収金は代金を受け取る権利を意味しています。勘定科目としては売掛金同様に資産に分類されます。例えば備品として使っていたパソコンを売却した場合、その売却代金は事業と関係がありません。そのため売掛金には該当せず、未収金で処理します。

 

売掛金と未収金は同じ後からお金を受け取れる権利ですが、事業との関わりによって使いが違います。企業の事業内容や取引の性質に照らしてどちらで処理するか判断してください。

 

・備品を50,000円で売却し、代金は月末に振り込まれる。

【借方】         【貸方】

未収金  50,000円    備品  50,000円

 

・月末になり、代金が振り込まれた

当座預金   50,000円  未収金 50,000円

未収金と売掛金は同じ資産であっても生じた流れ、営業活動なのかどうかという取引の性質で勘定科目を判断します。

 

未払金と買掛金の違い

後払いの費用と聞いて、未払金よりも買掛金を思い浮かべる人もいるでしょう。後で支払うという意味では未払金と買掛金に違いはありません。しかし、この二つの勘定科目は全く別物です。

 

買掛金は営業活動で発生した支払い義務を意味しています。一方で未払金は営業外の活動で生じた支払い義務です。

 

具体的には商品や材料の仕入れのように自社の営業に直接関わる負債です。未払金は固定資産や経費での購入のように自社の営業に直接は関わらない取引で発生する債務を言います。

 

例えば、パソコンを購入した場合、自社で販売する商品としてパソコンや周辺機器を購入すれば仕入れになり買掛金で処理します。

 

一方で自社で管理や事務処理に使うために買った場合には、備品や消耗品費として会計処理、未払金勘定を使います。買掛金と未払金は同じ後払いを意味する勘定科目ですが、まとめることはできません。

 

商品原価を把握したいときに、営業外の取引である未払金が入ると正確に商品原価が把握できなくなります。営業活動で発生したものか、営業活動以外なのかを把握しておかなければ商品原価を把握できません

 

企業によって発生しやすい未払金が違うので、今までどのような未払金が発生してきたのか気になる方は、一度調べてみてください。

 

また財務関して銀行などから負債が多いと指摘された場合にもそれが営業活動のものか、そうでないかによって必要な対策が違います。負債の状況を把握しやすくする面でも買掛金と未払金を区別します。

 

売上に対する経費であるのかどうかは会計上重要です。混同することがないように注意してください。

未払金の基礎知識・仕訳まとめ

未払金は営業活動に関連しているかどうか、その取引が続くかどうかで違う勘定科目を使い分けます。また期間によっても分けられるため、処理するときにはどの勘定科目に属するのかどうかを取引ごとに判断しなくてはいけません。

 

未払金や未払費用、買掛金、未収金を勘違いして仕訳してしまうと、後からトラブルになることもあるので、あらかじめ違いをきちんと理解しておきましょう。