引当金と貸倒繰入金(貸倒引当金繰入)の違いとは?仕訳例を紹介

カテゴリー
会計

この記事の監修者

山田新先生

所属:山田新公認会計士・税理士事務所

山田新

静岡県静岡市生まれ。
公認会計士試験合格後、2005年12月に中央青山監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)に入社。その後、株式会社ディー・エヌ・エー、都内の税理士法人を経て2014年3月に山田新公認会計士・税理士事務所を静岡市に設立、独立開業。
法人個人の申告、相続税申告から会計監査、会計コンサルティングまで幅広くサービスを展開。

事務所HP:https://www.yamadaarata.jp/about/

貸倒引当金は決算書類などでもよく目にする単語です。しかし日常では使わない負債なので、なじみがない方も多いかもしれません。もともと貸 […]

監修者からのコメント

山田新

山田新先生

記事の通り、貸倒引当金は適正な期間損益計算のために設定するものでして、これによって会社の経営成績を適切に把握することができます。貸倒引当金を設定するうえで注意しなければならない点として、貸倒引当金の設定金額には税務上制約があります。上限を超えて設定した場合には損金として認められませんのでご注意ください。