ファクタリング七福神の訴訟から見る給料ファクタリングの危険性

カテゴリー
ファクタリング

この記事の監修者

渡邉祐介先生

所属:ワールド法律会計事務所

 渡邉祐介

千葉県浦安市生まれ。
大学卒業後、システムエンジニアとしてIT企業に勤務。都市銀行、電力会社、自動車メーカー等を顧客とするシステム開発プロジェクトに関わる。

その後、弁護士に転身し、都内法律事務所での勤務を経て、2019年1月にワールド法律会計事務所を開設。
相続、不動産案件、中小企業顧問を中心に、一般民事まで幅広くリーガルサービスを展開。

2020年6月に通知税理士登録。

事務所HP:https://world-lao.com/qualified-persons/

新しい資金調達の方法として注目されるファクタリングですが、悪質な業者によってさまざまな事件に発展するケースも珍しくありません。 こ […]

監修者からのコメント

渡邉祐介

渡邉祐介先生

一般にファクタリングの仕組み自体は広く活用されている資金調達法ですが、「給与ファクタリング」については、これまで数多くの取立て被害などが問題視されてきていましたが、裁判所により、実質は「貸付け」でヤミ金であるという判断がされ、ついに逮捕者も出ました。利用は控えるようにしましょう。

引当金と貸倒繰入金(貸倒引当金繰入)の違いとは?仕訳例を紹介

カテゴリー
会計

この記事の監修者

山田新先生

所属:山田新公認会計士・税理士事務所

山田新

静岡県静岡市生まれ。
公認会計士試験合格後、2005年12月に中央青山監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)に入社。その後、株式会社ディー・エヌ・エー、都内の税理士法人を経て2014年3月に山田新公認会計士・税理士事務所を静岡市に設立、独立開業。
法人個人の申告、相続税申告から会計監査、会計コンサルティングまで幅広くサービスを展開。

事務所HP:https://www.yamadaarata.jp/about/

貸倒引当金は決算書類などでもよく目にする単語です。しかし日常では使わない負債なので、なじみがない方も多いかもしれません。もともと貸 […]

監修者からのコメント

山田新

山田新先生

記事の通り、貸倒引当金は適正な期間損益計算のために設定するものでして、これによって会社の経営成績を適切に把握することができます。貸倒引当金を設定するうえで注意しなければならない点として、貸倒引当金の設定金額には税務上制約があります。上限を超えて設定した場合には損金として認められませんのでご注意ください。

利息制限法とは?出資法との違い・ファクタリングとの関係を解説

カテゴリー
法律

この記事の監修者

中村優紀先生

所属:中村法律事務所・代表弁護士

中村優紀

日本、ニューヨーク州、シンガポール(国際商事裁判所)の資格を有する国際弁護士。

これまで、国際コンプライアンス案件を専門的に扱う矢吹法律事務所、米国大手法律事務所Gibson, Dunn & Crutcher LLPのサンフランシスコオフィスで執務。
2018年中村法律事務所開設後は、日系企業向けにアメリカ進出時の法的サポートを行うほか、国際相続分野を専門的に取り扱い、海外不動産を購入した日本人向けにアドバイスを提供。
アメリカや日本の相続制度やその対応策に関するセミナー講師、執筆を多数行っている。
一橋大学法科大学院、ノースウェスタン大学ロースクール(LL.M.)卒業。

事務所HP:https://nakalaw.jp/

ファクタリングは資金調達をする方法の一つですが、一般的な貸金業と混同されることも珍しくありません。今回はファクタリングと利息制限法 […]

監修者からのコメント

中村優紀

中村優紀先生

コロナ禍において、事業存続のための資金調達ニーズは高まっています。ただし、そのようなニーズにつけこんで、法規制を無視した貸付そして不当な回収行為を行う業者が後を絶ちません。貸し付けを受ける前に、ぜひその貸付条件が違法ではないか確認されることをお勧めします。